MENU
 TOP  >  宅配クリーニング活用術  >  宅配クリーニングの詰め放題は安い?口コミ通りか検証してみた(写真付き)
(注目記事)リナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

宅配クリーニングの詰め放題は安い?口コミ通りか検証してみた(写真付き)

詰め放題のバックに洋服を押し込む
ネットで簡単に申し込みができる宅配クリーニングの中でも、「宅配クリーニングの詰め放題」は大変人気があります。そこで、宅配クリーニングの詰め放題が本当にお得なのか、徹底検証してみます。

【宅配クリーニング比較】口コミどおり詰め放題は格安?

宅配クリーニングの詰め放題は、専用の集荷バックに衣類を詰め込んでクリーニング会社に集配をしてもらうサービスです。クリーニングの詰め放題は、バックのサイズごとに料金が設定されています。

衣類一枚一枚のクリーニング料金を気にせずに、専用バックのファスナーが閉まるまで何枚でも詰められるのが口コミでも評判のようですね。

しかしよくよく調べてみると「詰め放題」とうたいながら「詰め放題10点パック」などと、洋服の枚数が決まっているものもあります。点数制限がある詰め放題は、本当の意味での「詰め放題」ではありませんね。また点数制限のない詰め放題には、実際どのくらい洋服が入るのかも気になるところです。

現在、宅配クリーニング会社の大手の料金体系は、単品料金・パック料金・詰め放題と大きく3つに分けられています。どのような料金体系がお得なのか、また、一番お得感のある点数無制限の「詰め放題」は本当に安いのか、写真付きで検証してみました。

商品リナビス
「お試し5点」
せんたく便
「10パック」
ママクリーニング
「詰め込み三昧」
料金体系パック料金パック料金
詰め放題
枚数制限ありあり無制限(一部)
料金5点パック4,900円10点パック5092円Mサイズ5,537円
単価980円509円---------
規定サイズ90リットル
50×45×高さ40
42リットル
48×40×高さ22
27リットル
34.5×57.5×マチ14
保管6ヵ月無料保管なしなし
送料無料(一部離島除く)無料(沖縄・離島除く)有料(関東・東北無料)

楽天市場の「クリーニング詰め放題」ジャンルで上位にランキングされている、ママクリーニング小野寺の詰め放題パック(M)は5,537円(税抜)です。ホームページを見ているだけでは、Мサイズのバックが大きいのか小さいのかピンときません。宅配クリーニング「リナビス」や「せんたく便」と公平に比較するために、バックの大きさを容量(リットル)に置き換えてみました。

上記の表で確認していただけると一目瞭然ですが、専用バックはリナビスの90リットルに対し、ママクリーニング小野寺は27リットルです。リナビスの1/3以下の容量です。厚手のコートは何枚入るでしょうか。

冬物コートをお得にクリーニング。リナビスのレビューはこちら

【枚数無制限・クリーニング詰め放題】27Lバックにコートを詰めてみた

27リットルのバックと言われても、実際に手にしないとイメージがわきませんね。そこで、我が家にある27リットルバックに洋服を詰めてみることにしました。

27リットルバック丁度よいバックがないかと自宅を探していたら、息子のアディダスのバックが偶然にも27リトルサイズでした。上記画像の左が息子のバックのタグで、右側がバックを販売している通販サイトの画像です。

1886-1コートやジャケットといっても、サイズや丈によって、詰められる容量が違ってきますね。そこで管理人自らがモデルとなって衣類を着用してみました。

管理人の身長は154㎝です。メンズМサイズコートは中学生の息子が着用しているもので、丈はお尻が隠れる程度です。メンズМサイズ・キルティングジャケットの着丈は腰あたりで、かなりコンパクトなジャケットです。

レディースSサイズのダウンコートは、ウエストがシェイプされた細身のデザインです。我が家は全員小柄なので、コートが2枚あってもボリュームは少な目と言えるでしょう。

クリーニングするアウターまず手始めに、27リットルのカバンに3点のコートやジャケットを詰めてみます。

1886-43着詰めました。バックの容量は9割と言ったところでしょうか。もう少し入りますね。

1886-5次は薄手のレディースセーターを詰めてみましょう。

1886-6チャックは閉まりますが、かなりきつくなってきました。

1886-7でもせっかくの詰め放題、もう1枚シャツを詰めてみましょう。

1886-8ものすごく強引に詰めればワイシャツ程度ならもう1枚入るかもしれませんが、チャックが壊れそうなのでやめておきます。大事な洋服がチャックにくい込んでも困りますしね。バックはパンパンになりました。

1886-9結局27リットルバックに入った洋服は上記の5点です。もちろん洋服の厚みやサイズによって、入る点数は変わってきます。上記のメンズМサイズコートはかなり短めの着丈でしたが、ベンチコートのような着丈が長いアウターなら、点数を減らさないとチャックが閉まらなかったことでしょう。

「点数無制限の詰め放題」とは言え、バックの容量には限界があります。単価の安いシャツよりも、クリーニング料金が高いダウンコートなどの冬物アウターを多めに入れたいのが本音です。

しかし今回の実験では、ジャケット1点、コート2点を入れた時点で、残りのスペースはあとわずかでした。ロングコートだったら3点が限界でしょう。思ったほど、洋服は入りませんでした。

冬物コートをお得にクリーニング。リナビスのレビューはこちら

宅配クリーニングのリナビス専用バックのサイズを測ってみた

宅配クリーニングリナビスの専用バックは「縦45㎝横50㎝高さ40㎝」との表記があり、容量を計算すると90リットルになります。他社とサイズが違い過ぎて「本当に90リットルあるの?」と疑問を抱く方もいるでしょう。そこで管理人がリナビスのバックを計測してみました。

1886-10リナビスの専用バックは不織布でできているため若干のゆがみがありますが、45×50×40㎝サイズでした。

リナビスのクリーニングコースには、5点、10点、20点と3つのコースがあるのですが、実は集荷バックは90リットルサイズのみ。初回限定5点コース(4,900円)でも、90リットルのバックが使用できます。

点数が5点と決まっていますが、90リットルサイズなら5点すべてをロングダウンコートにしても、余裕で入る大きさです。街のクリーニング店で、ロングダウンコートを出すと2000~3000円はするので、リナビス初回限定5点コース(4,900円)はかなりお得です。

【宅配クリーニングの詰め放題】バックのサイズと除外品の規約に注意

口コミで人気を集めている宅配クリーニングの詰め放題。「点数無制限」と聞くと、めちゃくちゃ入るような気がしてお得感がありましたが、検証してみると専用バッグにはあまり衣類が詰められませんでした。詰め放題を申し込む際には、バックのサイズはかならず確認しましょう。

また、詰め放題を扱っているクリーニング店では、シルク・カシミヤ・アンゴラ製品やドレス・ブランドコートはクリーニング除外品に指定されている事が多いので注意が必要です。「ダウンは3点まで」など、点数制限をしている会社もあります。

宅配クリーニングの詰め放題は、どんなアイテムでも枚数の制限がなく詰め放題できるのかと思っていましたが、規約を見ると細かく制限されていたんですね。口コミや料金の安さに惑わされず、サイトの注意事項をよく確認しましょう。

その点、宅配クリーニングのリナビスは、初回限定に限りますが5点で4,900円で利用できます。他社と比較すると、クリーニング取扱いアイテムも豊富です。自然乾燥や手作業をモットーとするリナビスでは、モンクレール・デュベティカなどの高級ダウンなども取扱い可能です。

モンクレールのダウンむしろ、モンクレール・デュベティカのクリーニング先としてリナビスを指名するお客様も多いのだとか。高級品も安心してクリーニングに出せますね。

宅配クリーニング詰め放題のまとめ

・詰め放題の多くは、「10点まで詰め放題」と点数制限があるものがほとんど
・点数無制限の詰め放題にも、ダウンやネクタイなど一部点数を制限しているケースがある
・詰め放題にはクリーニング除外品が多いので要注意
・そもそも詰め放題のバックは小さめが多く、イメージ写真ほどには洋服が入らない
・送料や保管サービス、しみ抜きなど、サービス内容も要チェック

クリーニングの詰め放題を利用する際は、バックのサイズ確認とともに、規約をよく読まないといけませんね。「安い!」と思って申し込んだものの、バックんが小さく洋服があまり入らない、追加料金が発生しかえって割高になった、と言うことになりかねません。

ネットで申し込む宅配型のクリーニングだからこそ、安さよりも信頼がおけるクリーニング会社に洋服を出したいものです。高品質で定評のリナビスを利用した際の写真や動画がありますので、興味がある方は参考にしてみてください。

【冬物コートをお得にクリーニング】「リナビス」の初回限定サービスを利用してみた

IMG_3332

クリーニングランキング

通年企画・布団クリーニング徹底比較

(注目記事)リナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

同じカテゴリー「宅配クリーニング活用術」の一覧

宅配クリーニング【リネット】本社に取材に行ってきました

こんにちは。クリテク管理人・お洗濯大好き主婦のまゆみです。今日は宅配クリーニングリネットを運営されている「株式 […]

記事の続きを読む

大手宅配クリーニング【染み抜き対決!】無料でどこまで落ちるか徹底検証

衣類の染み抜きを無料でやってくれる宅配クリーニングを見つけました。最大手「リネット」と、老舗クリーニング店「リ […]

記事の続きを読む

【宅配クリーニングの料金システム比較】基本料金・送料もリサーチした結果

数多くある宅配クリーニングの中から、どの会社を選んだら良いか悩んでしまいますね。クリーニングの仕上がりはもちろ […]

記事の続きを読む
毛布の汚れおち

【毛布の洗濯】玄関で受取りの宅配クリーニングor低料金が魅力のコインランドリー

みなさんは毛布のお洗濯、どうしていますか?毛布はしょっちゅう洗う物ではありません。一般的に、布団同様、天日干し […]

記事の続きを読む

【布団の宅配クリーニング】大手4社の料金・特徴・サービス内容を比べてみた

口コミで評判の宅配クリーニングサービスの一つに、「布団クリーニング」があるのをご存じですか?布団を自宅まで引き […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ