MENU
 TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【妊娠・授乳中の花粉症対策】薬が飲めない時期は、花粉除去と食生活改善を徹底

【妊娠・授乳中の花粉症対策】薬が飲めない時期は、花粉除去と食生活改善を徹底

2042

今思えば、本当は五年前から花粉症を発症していたのでしょう。けれど、認めたくなくて、風邪かもしれないと風邪薬を飲んだりしながら、騙し騙し生活していました。

花粉症対策で使用した空気清浄機の効果で、目やのどの症状が緩和

しかし妊娠を機に風邪薬が飲めなくなり、空気清浄機をフル稼働させた室内だと症状が軽いことから、花粉症だと認めざるをえなくなりました。目が痒くてゴロゴロと違和感があるので、コンタクトをするのが辛く、喉の奥にタンがこびりついた感じがして痛みもありました。

なぜか様々なことに身が入らず、ぼんやりしてしまっていました。目に違和感があることで、花粉症の時期は不便ですが車の運転も控えています。夫は花粉症ではなく、私だけに症状が出てしまいました。なので、夫からはイマイチ共感が得られず、怠けているような自分が嫌になりました。

花粉の時期は洗濯物をサンルームに部屋干しして花粉の付着を防止

しかし、鼻が気持ち悪く、ぼんやりしてしまっている私を見て、夫がDIYでサンルームを作成してくれました。窓を作り、壁もシッカリと付けてくれたおかげで、花粉をシャットアウトした状態で洗濯物を干せるので、かなり楽になりました。花粉症の友人はサンルームに気兼ねなく洗濯物を干すことができ、とっても羨ましいと言っていました。

サンルームの屋根部分は透明な波板にしているので、日中はかなりお日様の光が入りポカポカするので、赤ちゃんと花粉を気にせず日向ぼっこもできます。サンルームでも花粉が気になる場合は、サンルームに空気清浄機を運び込んで運転させています。

子供が生まれて専業主婦になってから外出が減り、症状もかなり楽になりました。しかし夫は仕事の往復中、服にかなり花粉が着いているのか、脱ぎ散らしの片付けをしていると、鼻水が止まらないこともありました。なので、玄関に洋服用ブラシを用意しておき、帰宅した時に玄関の外で花粉を払ってから入ってもらいました。

【花粉症対策】妊娠・授乳中は治療薬に頼らず食生活を改善

寒い日の上着はナイロン製のツルツルした生地の物を着用してもらっています。オール電化なので、日中の電気代が高く乾燥機はあまり使っていませんが、ベッドシーツや布団カバーなどの大物やバスタオルは夜間に予約し乾燥機で乾かしています。

まだ授乳中のため薬が飲めないのは大変です。なので、花粉症が軽減されると言われている昆布を取るようにし始めました。昆布で出汁を取るだけでなく、昆布自体をしっかり取ることが重要で、煮物にしたり、佃煮にしたりして食べています。花粉症本人だけでなく、家族の協力でかなり楽になりました。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

メガネ

【花粉による目のかゆみ対策】春はメガネを使用し、家の中では空気清浄機を2台稼働

2年前くらいから花粉症になりました。症状はまだ軽いほうだと思いますが、天気予報で「花粉がたくさん飛んでいます」 […]

記事の続きを読む

【花粉症の症状緩和に】薬だけに頼らず、ヨーグルトを食べて体質改善

花粉症になった時期は2年前です。5人家族で、私たち夫婦と娘一人が花粉症の症状が出ています。息子2人は全くありま […]

記事の続きを読む

【ウォッシャブルスーツの洗濯を失敗】定期的なクリーニングで長持ち

主人が仕事で使うスーツは、何週間か着てからクリーニングして、違うスーツを着て仕事に行き、またクリーニングとロー […]

記事の続きを読む

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオ […]

記事の続きを読む

【クローゼットでカビだらけのスーツを発見】日当たりの悪い部屋は、換気が重要

以前、実家で暮らしていた時の話です。実家は築50年ぐらいのまぁまぁ古い二階建て住宅です。都会ではありませんが、 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ