MENU
 TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【花粉症対策のポイント】花粉が付着しにくい洋服を選び、家の中に花粉を持ち込まない

【花粉症対策のポイント】花粉が付着しにくい洋服を選び、家の中に花粉を持ち込まない

ツルツルのコート

もうすぐ春がやって来ますね。嬉しい気持ち半分、まだもう少し冬でいいよと思う気持ち半分って感じですね。春と言えばお花見、バーベキュー、ピクニック、新生児と楽しいことやワクワクすることを思い浮かべる人が多いことでしょう。

でも私は違います。春到来と言われて一番に連想してしまうのはやっぱり花粉です。春は楽しいこともいっぱいありますが花粉症の私にとっては1年で一番辛い時期なんです。

【花粉症対策は衣類選びが一番】マスクや花粉防止メガネより効果的

花粉が舞い出すと対策なしでは過ごすこと出来ませんよね。マスク、眼鏡、空気洗浄機とたくさん対策方法はあります。でも、私が一番気をつけているのが衣類関係です。どれだけマスクをしても眼鏡をかけていても服が花粉を取り付けやすいものなら意味がありません。まだ3月だと完全に暖かい!と言えるほどではないので服選びは難しい時期ですよね。

私の経験上の話しですが花粉がもっとも付きやすい衣服はセーター、毛糸を使った素材のものです。冬と春は一番良く着る素材ですよね。本当に困ってしまいますよね。セーターはやっぱり中に花粉が入り込んでしまうんでしょうね。叩いても叩いても落ちないことが多々あります。

では逆にどんな素材の服が一番良いのかと言いますと、やっぱりセーターとは間逆のナイロン素材の服です。室内に入る際には体を叩いてから入ると花粉を持ち込むこともなく快適に室内で過ごす事が出来ますよね。でも、ナイロン素材の服って思い浮かぶのはジャージですよね。ジャージを常に着ている訳にもいきませんよね。

洗濯物は必ず部屋干しして、徹底的に花粉の侵入を防止

悩み事しか出てこないのが花粉です。本当に厄介ですよね。私は花粉に敏感になりすぎなのかもしれませんが、洗濯物も外に干すことが、出来ません。花粉が舞ってる時期はずっと、部屋干しです。外に干してしまうと花粉を持ち込むことになってしまうんじゃないかと思ってしまい外に干すことが出来ません。

どの方法が一番良い対策なのかは分かりませんが、やっぱり一番花粉対策として行っているのが服選びですね。出来るだけセーター素材のものを選ばないようにはしてます。ナイロン素材とまではいきませんが、最近はポリエステル素材も増えてきているので、出来るだけポリエステル素材を選ぶようにしています。

他にもたくさん対策方法とかあると思いますが、私がしているのは本当にシンプルなものです。もしこの文章を読んでもらって少しでも共感していただけたのなら是非是非試してみてください!小さいことでも花粉対策にはなっていると思います!

スポンサーリンク

衣類と布団宅配クリーニングランキング

同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

メガネ

【花粉による目のかゆみ対策】春はメガネを使用し、家の中では空気清浄機を2台稼働

2年前くらいから花粉症になりました。症状はまだ軽いほうだと思いますが、天気予報で「花粉がたくさん飛んでいます」 […]

記事の続きを読む

【花粉症の症状緩和に】薬だけに頼らず、ヨーグルトを食べて体質改善

花粉症になった時期は2年前です。5人家族で、私たち夫婦と娘一人が花粉症の症状が出ています。息子2人は全くありま […]

記事の続きを読む

【ウォッシャブルスーツの洗濯を失敗】定期的なクリーニングで長持ち

主人が仕事で使うスーツは、何週間か着てからクリーニングして、違うスーツを着て仕事に行き、またクリーニングとロー […]

記事の続きを読む

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオ […]

記事の続きを読む

【クローゼットでカビだらけのスーツを発見】日当たりの悪い部屋は、換気が重要

以前、実家で暮らしていた時の話です。実家は築50年ぐらいのまぁまぁ古い二階建て住宅です。都会ではありませんが、 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ