MENU
 TOP  >  布団の悩みや工夫  >  猫に引っかかれ寝具がボロボロ。自室に布団の収納スペースがなく、悩みの種に

猫に引っかかれ寝具がボロボロ。自室に布団の収納スペースがなく、悩みの種に

f313

布団に関しての悩みは、自室に保管できないことです。一人暮らしではないので、基本的に、自分のものは全て自分の部屋にしまっておきたいのですが、布団だけは自分の部屋にしまっておくスペースがありません。

自分の部屋に収納スペースがなく、別室まで布団を運ぶのが面倒

薄い布団であれば、ホームセンターに売っている透明のケースに無理やりですが、入れておくことも可能です。でも布団だけを、のびのびとしまっておく専用のスペースがほしい、と長年思っています。

しょうがないので、時期外れの厚手の布団は、空室の押入れや物置にしまっています。でも、自分の布団を別室の押入れにしまっておくと、家族に使われそうで少しひやひやしています。実際に、自分の大事な布団を家族に勝手に使われたことがあったからです。

猫が布団を引っ掻いてボロボロに。爪が引っかからない生地のシーツにしています

猫を飼っているので、猫の爪でタオル生地のシーツがボロボロになることも悩んでいます。掛け布団も、猫の爪で穴があいてしまいます。布団を部屋に出しっぱなしにしていると、猫が布団で遊んであっという間にボロボロにしてしまいます。

猫の爪対策としては、シーツをパイル生地ではないものにしています。また、できるだけ早く布団を片付けるようにしています。

一時期は布団の寿命対策のために、猫の爪を切りに動物病院にしょっちゅうお世話になっていました。ただ、爪をカットすると、猫タワーでの爪とぎがつまらないようで、やめました。人間の私が布団を変えればいいだけの話なので、猫に合わせてできるだけ、爪がひっかからないタイプの布団にしています。

布団を長持ちさせるために、厚手の高級毛布生地の布団は毎年クリーニングに出しています。薄い生地の毛布は、自宅の洗濯機の毛布コースで洗っています。付属の毛布洗濯キャップがあるので、毛布がよれたり、いたむこともありません。洗濯機も無事です。

【数年に一度しか使わない来客用布団】お手入れに手間がかり、負担になってます

わが家では来客用の布団は別にしています。ただ、布団の手入れは大変なので、体力を使います。定期的に、来客用の布団のクローゼットを開けて空気の入れ替えをしたり、干したりしています。この作業だけでも、かなり時間を取られます。

数年に一回しか使わないのに、この作業時間はなんとかならないものかと長年悩んでいます。かといって、私が勝手に使っても怒られそうですし、売却するわけにもいかず、本当に悩みの種になっています。

自分の布団を干す頻度は、月に一度くらいです。夏場に干す頻度としては、少ない方かもしれません。ただし、枕カバーや枕タオルなどは週1程度は洗うようにしています。枕は、ぺしゃんこっくなったら買い替えるようにしています。

羽毛布団は、クリーニングには出さないので、汚れが目立ってきたら買い替えるようにしています。布団を清潔に保つ工夫は、時間と体力があるときは、干すようにすることです。綿がダメになりそうな気がするから、むやみにパンパン布団を叩かないようにしています。圧縮袋を使いたいと思いますが、戻らないという噂もあるので、躊躇しています。実際のところどうなんでしょうか。

スポンサーリンク

衣類と布団宅配クリーニングランキング

同じカテゴリー「布団の悩みや工夫」の一覧

【港区の洗濯事情】広尾・赤坂・芝で評判のクリーニング店|洋服・布団

東京都港区でクリーニング店を探しているけど、クリーニング店が見つからない、数少ないクリーニング店は夜はいつもシ […]

記事の続きを読む
こたつ布団

こたつ布団を洗濯機へ入れるも容量オーバー。結局コインランドリーへ

安物でうっすら綿の入ったこたつ布団を洗濯機で洗濯したことがあります。こたつの時期が終わってコインランドリー、ま […]

記事の続きを読む

【羊毛布団を洗ってみた】お風呂で踏めば踏むほど出る汚れにビックリ

以前テレビで布団をお風呂の浴槽で洗濯するのをやっていて、布団も家で洗濯できる事を知りました。今まで布団を洗った […]

記事の続きを読む
布団干し

セミダブル布団の洗濯大変すぎる!洗いから乾燥まで苦労の連続

大人のセミダブルの敷布団を洗いました。素材は綿で、子どもが汚してしまったので洗うことになってしまったのです。 […]

記事の続きを読む

2層式洗濯機が壊れる!?羽毛布団を入れて回すも、異常音を発して何度もストップ

私は、羽毛のシングルの掛け布団の汚れが酷かったので、2層式の洗濯機で洗ってしまった経験があります。 洗濯機に羽 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ