MENU
 TOP  >  クリーニング特集  >  浴衣のお手入れは洗濯機を利用。泥汚れや食べこぼしのシミはクリーニングが安心
(注目記事)リナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

浴衣のお手入れは洗濯機を利用。泥汚れや食べこぼしのシミはクリーニングが安心

夏用の草履

祖母が、浴衣を手縫いすることができるので、小さいころから、手作りをしてもらっています。浴衣を着用するのは1シーズンに夏祭りと花火大会の2回着用します。高校生の娘が着用した浴衣の洗濯方法についてお話しします。

浴衣も宅配クリーニングOK!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

袖たたみした浴衣をネットに入れ、洗濯機の手洗いコースで洗浄

浴衣の素材は、綿100%です。洗濯の仕方は、基本的には自宅で洗っています。よっぽどひどい、泥汚れや食べ物のシミなどが付いていれば、クリーニングの方がいいかもしれません。しまう直前に、浴衣全体を確認してみると思わぬところに、汚れが付いていたりするものです。

洗う頻度は、汗をとてもかいているようであればその都度。それほど、汗をかいていなければ、風通しの良い部屋で干し、しっかり湿気をとばします。洗うときは、きちんと畳んでネットに入れ、洗濯機の手洗いコースで洗います。

もちろん、手洗いが一番いいと思いますが、洗濯が面倒で着なくなってしまわないように、気楽に洗濯機を使用しています。軽い脱水の後は、大きく広げて、裏地を出して外に干します。できるだけシワにならないように気をつけると、後のアイロンが楽になります。

浴衣宅配クリーニング対応の「リネット」レビュー記事はこちら

草履や巾着はしっかり乾燥させカビ対策を。消臭や型崩れ防止に新聞紙が最適

色あせのないように、乾いたら早めに取り込むか、あまり直射日光が当たらないところに干します。アイロンは、中温で糊スプレーをしてからかけるようにしています。特に、襟元はパリッとするようにきちんと縫い目をそろえてかけます。そうすると、次の着付けがやりやすいですし、もちろん着ていても気持ちがよく、見栄えもバッチリです。

浴衣と一緒に使用した草履や巾着、バッグなども、結構湿気を吸っているものです。そのまましまってしまうと、次のシーズンにカビが生えている、ということがよくあります。ですから、どれも、しっかりと乾燥させることが大切です。

その後は、草履であれば、鼻緒が折れないように、新聞紙などをクッションにして入れ、しまいます。巾着やバッグにも、新聞紙や柔らかい紙などがあれば中に入れて、型崩れを防いでしまうと良いでしょう。次のシーズンが、また楽しみになりますね。

スポンサーリンク

クリーニングランキング

通年企画・布団クリーニング徹底比較

(注目記事)リナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

同じカテゴリー「クリーニング特集」の一覧

【港区の洗濯事情】広尾・赤坂・芝エリアで評判のクリーニング店はここ!

東京都港区でクリーニング店を探しているけど、クリーニング店が見つからない、数少ないクリーニング店は夜はいつもシ […]

記事の続きを読む

東京都世田谷区の宅配クリーニング「ローレルクリーニング」体験談

東京都世田谷区に住む29歳、夫と2人暮らしです。宅配クリーニングは、ローレルクリーニング駒沢店を利用しました。 […]

記事の続きを読む

【静岡で利用可能】宅配クリーニングのネクシーで落ちないシミが落ちた!

静岡県静岡市に住んでいる31歳主婦。夫と子ども2人の4人家族です。 宅配クリーニング「ネクシー」に冬物衣類を依 […]

記事の続きを読む

静岡から宅配クリーニング「リナビス」体験レポート。口コミの評判は本当?

31歳の主婦です。静岡県静岡市在住で夫と子ども2人の4人家族です。今回、宅配クリーニングリナビスを利用してみま […]

記事の続きを読む

神奈川県川崎市で評判の宅配クリーニングgoodを利用してみた

43歳主婦です。神奈川県川崎市で夫と子供2人の4人で暮らしています。3年ほど前に川崎市内にあるクリーニングgo […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ