MENU
 TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【月1回のスーツクリーニング】汗抜き加工をしてさっぱり仕上げ
(注目記事)リナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

【月1回のスーツクリーニング】汗抜き加工をしてさっぱり仕上げ

帰宅後にスーツの手入れをする男性

我が家の夫の仕事着はスーツです。秋から春にかけては、5着のスーツを着まわし、基本的にはウィークデーは毎日、土日に仕事があるときも着るので、着用頻度は週に5~7回です。

スーツも宅配クリーニング!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

【オプション追加】汗抜き加工とパンツの折り目がくっきり長持ちプレス加工

クリーニングに出すタイミングは、ポケットの汚れが気になるとき、ズボンのプレスが消えてきたときです。だいたい月に1回程度でしょうか。スーツ1着あたりの着用回数で言えば、4~6回くらいです。全て一気に出すわけにはいかないので、半分ずつくらいローテーションで出します。

スーツは上下別々に出すと洗濯による色褪せの差が出てしまうので、必ずセットで出しています。以前自分のスーツでズボンばかり洗いすぎてスーツとして使えなくなった経験があるので、注意しています。これくらいの頻度で洗っていると、だいたい1年に1着くらい袖口が擦り切れたりして使えなくなるので、その都度買い替えします。

クリーニングに出す際によく追加するのは、汗抜き加工とプレス加工です。汗抜き加工はよく不定期にキャンペーンがあり、100円程度追加でできるので、その時を狙ってお願いします。プレス加工は300円くらいです。

出張に着ていく予定のスーツや、新しいスーツには追加することが多いです。クリーニング料金は会員価格でスーツ上下800円程度です。2日後の午後5時以降に仕上がります。

【スーツのお手入れ】ブラッシングと除菌スプレーで花粉症防止にも効果的

普段の手入れとしては、まず、洋服ブラシをかけることを心がけています。スーツのホコリを取るだけでなく、家の中にホコリ等を持ち込まない意図もあります。夫は花粉症なので、特に杉とヒノキの花粉シーズンには玄関に入る前にかけています。

次に、ファブリーズをスプレーして消臭します。除菌効果の高いタイプのものを選んで使っています。さらに、室内の風通しのよい日陰で干します。干す際は、プレス部分がちゃんと折れた状態になっているように吊るします。

花粉ガード加工もOK!宅配クリーニング対応の「リネット」レビュー記事はこちら

【自宅でアイロン失敗】テカリが出ないようクリーニングした方がキレイで安心

お店で売ってあるような状態でたたんで、ウエスト部分をズボンハンガーにかけて干しています。完全にファブリーズが乾いてから、必要があればアイロンがけをします。けれどもアイロンをかけてテカリが出てしまったことがあるので、極力使わないようにしています。クリーニングに出した方がきれいにプレスできて失敗はありません。

仕方なくアイロンをかけるときは、当て布をして中温でサッとかけます。スチームを浮かしがけすることもあります。快適さを保ちつつ、スーツを長持ちさせるには、ある程度の数も必要です。さほど高価でなくて良いので、ウィークデーは毎日違うものを着られる程度の数があると、結果として長く着られると思います。

スポンサーリンク

クリーニングランキング

通年企画・布団クリーニング徹底比較

(注目記事)リナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

メガネ

【花粉による目のかゆみ対策】春はメガネを使用し、家の中では空気清浄機を2台稼働

2年前くらいから花粉症になりました。症状はまだ軽いほうだと思いますが、天気予報で「花粉がたくさん飛んでいます」 […]

記事の続きを読む

【花粉症の症状緩和に】薬だけに頼らず、ヨーグルトを食べて体質改善

花粉症になった時期は2年前です。5人家族で、私たち夫婦と娘一人が花粉症の症状が出ています。息子2人は全くありま […]

記事の続きを読む

【ウォッシャブルスーツの洗濯を失敗】定期的なクリーニングで長持ち

主人が仕事で使うスーツは、何週間か着てからクリーニングして、違うスーツを着て仕事に行き、またクリーニングとロー […]

記事の続きを読む

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオ […]

記事の続きを読む

【クローゼットでカビだらけのスーツを発見】日当たりの悪い部屋は、換気が重要

以前、実家で暮らしていた時の話です。実家は築50年ぐらいのまぁまぁ古い二階建て住宅です。都会ではありませんが、 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ