MENU
 TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【衣替えのコツ】断捨離しながらの衣替えで、クローゼットの通気性アップ

【衣替えのコツ】断捨離しながらの衣替えで、クローゼットの通気性アップ

洋服を断捨離する女性

我が家の衣替えは毎年、春夏物から秋冬物は9月下旬から10月初旬にかけて、秋冬物から春夏物は4月下旬から5月初旬にかけて行います。家族全員分となると1日で終わらないので、お天気の良い日に2・3回に分けて入れ替えをします。

衣替えに最適!宅配クリーニング「リナビス」を利用してみた

衣類を長持ちさせるコツは、衣替え時に汚れを完全に落としてシミ・黄ばみを防止

収納する衣類は、全て自宅で洗濯した綺麗な状態で収納するのですが、洗濯できないコートやスーツなどはクリーニングに出してから収納します。収納する時に必ず行う事は、汚れが完全に落ちてない物や、シミや黄ばみがある物がないかチェックする事です。

そういった物があれば再度洗濯をする、染み抜きをするなどの作業を行ってから収納するようにしてます。注意する点は、洗濯した物は完全に乾いてから収納する事です。生乾きの状態だとカビや匂いの原因になります。そして出来るだけ部屋干しではなく日光に当てて乾かしたほうが、気持ち良くカラッと乾くしダニ防止にもなります。

衣替え時に不要な衣類を断捨離。サイズの合わない服は処分し、すっきり収納

また、衣替えと同時に行うのが整理です。そのシーンズ中一度も袖を通す事のなかった衣類や、サイズが合わなくてもう着れない衣類など、不用な物と必要な物の仕分けをしています。

収納の方法としては、Tシャツ・カットソー・セーターなどハンガー掛けしない物は、プラスチックの衣装ケースに新聞紙を敷いて収納します。

この時気を付けている事は、虫食い防止の為に防虫剤を入れてケースを完全に密封する事です。防虫剤の効果を持続させる為には密封する事が大切です。但しそうすると通気性が悪くなるので、衣類をあまり詰め込み過ぎないようにします。カビの原因になるからです。

衣替えに最適!宅配クリーニング「リナビス」を利用してみた

コートやワンピースには不織布カバーでホコリ防止。虫食い対策は防虫剤が効果的

コート・ジャケット・ワンピースなどハンガー掛けする物は、100円ショップなどで販売している不繊維のチャック付きカバーをして収納します。通気性が良くカビやホコリから守ってくれます。虫食い防止としては、あまり開閉をしないクローゼットに、掛けるタイプの防虫剤と一緒にしまうと良いと思います。どちらとも、換気と防虫剤交換と点検の為に、保管期間半年の中間ぐらいに一度外に出しています。

収納していた衣類を出す時は、どうしても防虫剤の匂いが気になってしまうのと、ダニなどが付着している可能性があるので、一度全て洗濯します。結構量が多くて大変な作業なので、収納の時と同様お天気の良い日に2・3回に分けて、先に着る物から洗濯します。これは、収納する時点で最初に出す物・次に出す物・最後に出す物と3つに分けておくと便利です。

自宅で洗濯できない衣類は、一度外に干します。匂いが気になる場合は、消臭スプレーを降ってから干すと効果的です。収納の時に使ったカバーは、再利用せずに処分して、次の収納時は新しい物を使用する事をオススメします。

スポンサーリンク

衣類と布団宅配クリーニングランキング

同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

メガネ

【花粉による目のかゆみ対策】春はメガネを使用し、家の中では空気清浄機を2台稼働

2年前くらいから花粉症になりました。症状はまだ軽いほうだと思いますが、天気予報で「花粉がたくさん飛んでいます」 […]

記事の続きを読む

【花粉症の症状緩和に】薬だけに頼らず、ヨーグルトを食べて体質改善

花粉症になった時期は2年前です。5人家族で、私たち夫婦と娘一人が花粉症の症状が出ています。息子2人は全くありま […]

記事の続きを読む

【ウォッシャブルスーツの洗濯を失敗】定期的なクリーニングで長持ち

主人が仕事で使うスーツは、何週間か着てからクリーニングして、違うスーツを着て仕事に行き、またクリーニングとロー […]

記事の続きを読む

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオ […]

記事の続きを読む

【クローゼットでカビだらけのスーツを発見】日当たりの悪い部屋は、換気が重要

以前、実家で暮らしていた時の話です。実家は築50年ぐらいのまぁまぁ古い二階建て住宅です。都会ではありませんが、 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ