MENU
 TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

グレーのスーツ

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオリジナルブランドでした。春物のスーツで、薄いグレーの麻生地だったと思います。

6か月間の無料保管付き!宅配クリーニング「リナビス」のお試し5点セットを利用してみた

【クリーニング済みのスーツにシミ発生】ビニール袋のまま10年間保管

着用後はクリーニングに出しました。そして、スーツが戻ってくると、クリーニングのビニールカバーをかぶせたまま、クローゼットで保管していました。その後、着る機会もなかったので10年くらいしまったままにしていました。ある日、出してみると、所々シミになっていました。薄いグレー地だったので、黄色のシミが目立ちました。

このシミについて、クリーニング屋に勤務している友人に相談したところ、長い間放置したシミはクリーニングでも取りきれないと言われました。社会人になった記念のスーツということもあり、処分には迷いました。でも、どうにもならないと思い処分してしまいました。

いつか着るだろうと10年も保管していたら、そりゃシミになりますよね。しかも、クリーニングのビニールカバーに入れっぱなしは良くないんですよね。すぐに外してくださいと注意書きがあるくらいですから。

【初回限定お試し価格】宅配クリーニング「リナビス」レビュー記事はこちら

【スーツのシミ・カビ対策】年に一度、クローゼットから出して換気

なので、私はそれ以来、100円ショップで売っている光触媒の衣装カバー(1枚100円)を使うようにしています。100円ショップに勤務していた頃に、お客様がいつも大量に購入されていたので、良いものなのかな?と気になっていました。光触媒は光によって脱臭・抗菌作用があるらしく、効果を期待し、母にも薦め愛用しています。

でも、いくら光触媒カバーに入れて保管しても、年に一度くらいはスーツをクローゼットから出してあげないとダメなんでしょうね。衣装ケースには乾燥剤と防虫剤両方を入れ、湿気取りも置いていますが、締め切った状態は衣類には良くないだろうと思い、たまには換気をしてシミやカビの対策をしています。

鞄や靴も同じく、乾燥剤を入れるようにしています。乾燥剤を入れないとカビが生えてしまいますから。日本は湿気が多い国なので、どうしてもカビが生えがちです。色々注意しないとすぐにカビでダメになってしまいますね。

スーツや喪服は着用後必ずクリーニングへ。光触媒の衣装カバーに入れて保管

革製品の軽いカビは、専用のウェットシートで綺麗になったりしますが、衣類に関しては穴が開いてしまうこともあります。カビが生えてしまうと私のように処分せざるを得なくなりますし、なんといっても気持ちのいいものではないでしょう。

大事にしたいスーツや喪服は、着用後は必ずクリーニングに出し、ビニールカバーは外して、光触媒の衣装カバーに入れ保管しています。今のところ、シミやカビで困ったことはありません。

10年前の私にはそのような知恵がなく、母に買ってもらった大事なスーツをダメにしてしまったことは、未だに後悔しています。大切な衣類は、きちんとした方法で保管しないといけないなと改めて思いました。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

メガネ

【花粉による目のかゆみ対策】春はメガネを使用し、家の中では空気清浄機を2台稼働

2年前くらいから花粉症になりました。症状はまだ軽いほうだと思いますが、天気予報で「花粉がたくさん飛んでいます」 […]

記事の続きを読む

【花粉症の症状緩和に】薬だけに頼らず、ヨーグルトを食べて体質改善

花粉症になった時期は2年前です。5人家族で、私たち夫婦と娘一人が花粉症の症状が出ています。息子2人は全くありま […]

記事の続きを読む

【ウォッシャブルスーツの洗濯を失敗】定期的なクリーニングで長持ち

主人が仕事で使うスーツは、何週間か着てからクリーニングして、違うスーツを着て仕事に行き、またクリーニングとロー […]

記事の続きを読む

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオ […]

記事の続きを読む

【クローゼットでカビだらけのスーツを発見】日当たりの悪い部屋は、換気が重要

以前、実家で暮らしていた時の話です。実家は築50年ぐらいのまぁまぁ古い二階建て住宅です。都会ではありませんが、 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ