MENU
 TOP  >  宅配クリーニング活用術  >  宅配クリーニング【リネット】本社に取材に行ってきました
(注目記事)リナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

宅配クリーニング【リネット】本社に取材に行ってきました

リネット本社こんにちは。クリテク管理人・お洗濯大好き主婦のまゆみです。今日は宅配クリーニングリネットを運営されている「株式会社ホワイトプラス」様に訪問取材してきました!

宅配クリーニング業界で大手のLenet(リネット)は、衣類のクリーニングはもちろん、布団や靴の丸洗いでも人気のクリーニングサービスです。24時間365日申込ができ、衣類の引取やお届けも自宅にいながらできるので、忙しい主婦の味方ですね。今日はリネット事業部の岩崎さんと飯田さんに、とことんお話を伺いたいと思います。

もくじ

1.宅配クリーニングリネットは忙しい主婦の救世主?!
2.リネットのプレミアム会員のリピート率がすごいらしい
3.【お客様の声を無駄にするな】サービス改善にベストを尽くします
4.早すぎてびっくり?!最短2日届け実現化は苦難の連続

宅配クリーニングリネットは忙しい主婦の救世主?!

リネット取材
まゆみ:本日はよろしくお願いします。

岩崎さん:よろしくお願いします。

まゆみ:私は以前にリネットさんで洋服のクリーニングとお布団の丸洗いを利用したことがあるんです。クリーニング店を往復する手間がなくなり、働く主婦として大変ありがたいサービスだと実感しましたが、リネットの利用者はどのような方が多いのでしょうか?

岩崎さん:ご利用ありがとうございます。やはり共働き世帯のご家庭に多くご利用いただいています。夫婦そろって正社員で、遅くまで働いていると、クリーニング店の営業時間内に帰宅が間に合わないんですよね。
閉店後のクリーニング店

↑仕事で遅くなると、クリーニング店はすでに営業を終了している

岩崎さん:また、共働きで子どもさんが小さいご家庭は、帰宅後の家事が大変でクリーニング店に足を運ぶ時間が取れないんですよね。

まゆみ:わかります。子どもは眠くなると不機嫌になりますから、子どもをあやしながら夕飯作りにお風呂の用意、寝かしつけ、と子どもが小さいころはいつも時間に追われていましたね。子どもをあやす主婦

↑眠そうなのになかなか寝てくれず、今夜も家事がはかどらない・・・

まゆみ:子どもが寝て、残った家事を片付けてほっと一息つけるのが10時~11時ぐらいでした。疲れ果てて、家から出る気力もありませんし、そもそもその時間帯にはクリーニング店はやってませんよね。

岩崎さん:はい営業職でスーツを毎日着用されているかたは、身だしなみにも気を使われています。仕事で遅くなっても、時間を気にせずクリーニングに出せる弊社のサービスは大変好評をいただいています。忙しく仕事をされている方こそ、週末は家族サービスに専念されたいようで、わずらわしい家事はネットで済ませたいとお考えの方も多いですね。

まゆみ:お布団のクリーニングも共働き世帯のご利用が多いのでしょうか?

岩崎さん:こちらは共働きに限らず、主婦の方のご利用が多いですね。子どもの布団は常に清潔な状態にしておきたいと、布団の丸洗いを利用されますね。

まゆみ:子どもって寝汗がすごいんですよね。朝起きたら汗で布団がぐっしょり。時には、おねしょや嘔吐なんかもあって、大人より布団が汚れちゃうんです。それでいて、皮膚が弱くデリケートなので、ダニとかカビが気になるんですよね。

寝顔の赤ちゃん

↑子どもは汗っかき。キレイに見えてもダニやカビが潜んでいる

岩崎さんリネットの布団丸洗いは、ダニ死亡率100%です。アレルギーやアトピーでお悩みでしたら、定期的な布団の丸洗いをおすすめします。

飯田さん:もう一つ付け加えますと、布団を運ぶのが大変でクリーニング屋さんまで持っていけないと困っておられた方が、弊社の宅配サービスを知り利用して下さるパターンも多いですね。

まゆみ:そうですね。私の自宅から徒歩3分以内にクリーニング店が3件あるんですが、そこまで一人で運ぶ気力はないです。我が家はマンション住まいなので、駐車場までも遠く、車で運ぶのも一苦労です。宅配してもらえると、本当に助かります。

岩崎さん:リネットではクリーニング後の衣類を最大8ヵ月間保管する「リネット保管」サービスがあります。こちらに関しましては独身の一人暮らしのご利用が多いですね。ワンルームマンションだとクローゼットも狭いので、かさばる冬物を預けるとスッキリするとのお声を頂いています。

飯田さん:他には靴を丸洗いする「靴リネット」もありまして、こちらはムートンブーツなどを丸洗いに出される若い女性が目立ちますね。

まゆみ:ブーツの丸洗いですか?!うちにも汚れの気になるブーツがあるので、家に帰ったらチェックしてみます。

リネットのプレミアム会員のリピート率がすごいらしい

リネット取材2まゆみ:2015年にはリネットの会員数が15万人を突破しましたね。プレミアム会員に登録をされる方は多いのでしょうか?

岩崎さん:初回利用で大変多くの方にプレミアム会員登録をしていただいております。年に1~2回衣替えのときだけ利用したいという方にとっては割高になりますが、普段からクリーニングを利用される方にとってはむしろ「安い」と言っていただけますね。リネットにご満足いただいた多くのお客様にリピートいただいており、もうお店に出しに行かなくなったというお声もよくいただきます。

まゆみ:リネットの品質が気に入って繰り返し利用されるんでしょうね。

岩崎さん:プレミアム会員の年会費プランですと、400円OFFクーポンが9枚発行されます。つまり年会費の3,600円分が実質無料になるんですよね。クリーニング料金も通常会員より安く設定されていますし、ポイントやクーポンなどを組み合わせていただくと、近隣の店舗より安いと言うお声もいただいています。

まゆみ:確かに我が家の近所のクリーニング店と同じくらいの料金ですね。宅配サービスと聞くと割高な印象を受けますが、実際は近所の店舗と変わらないんですね。

岩崎さん:クリーニング店は、一駅ごとに価格が違うんですね。そのエリア(地域)にクリーニング店が何店舗もあると競争で値段が下がるんですが、そのエリアにクリーニング店が1店舗しかなければ結構高めの料金設定になっています。

岩崎さん:ですので、会員様の住まいによっては「リネットは安い」とおっしゃっていただけて、「安いのに自宅まで届けてくれるなら、利用しない手はないだろう」とリピートしてくださいますね。

飯田さん:他には転勤族のお客様は、引っ越しのたびに気に入ったクリーニング店を探すのも大変だとお聞きしています。その点、リネットなら品質も料金も全国均一で安心してクリーニングに出せると、長年ご利用いただいています。

まゆみ:なるほど~。リネットのプレミアム会員はそれだけ魅力的なんですね。

【お客様の声を無駄にするな】サービス改善にベストを尽くします

まゆみ:リネットでは定期時にアンケートを取りサービスの改善に務められていらっしゃいますが、具体的な改善例があればお聞かせください。

飯田さん:はい、弊社では「お客様の声による改善活動」を実地しておりまして、過去にもいろいろ改善しています。わかりやすい事例といたしましては送料無料となる利用金額の引下げです。以前は3,000円以上の利用が必用でしたが、ご要望を受け1,900円以上で送料が無料になるように改善いたしました。

まゆみ:主婦にとってありがたい改善です。1,900円なら気軽に利用できますね。
リネットでクリーニングされた衣類

↑お客様の要望に応え、1,900円以上の利用で送料無料に

まゆみ:お客様から一番多く寄せられる問い合わせは何ですか?

岩崎さん:最も多いのは、申し込み方法についてのお問い合わせです。やはり今まで利用したことのないサービスなので、利用方法がわからない方が多いようです。申し込みの際にお洋服の種類や点数を入力する必要があるか、シミの箇所などをどのように伝えればいいのかというお問い合わせをよくいただきます。

岩崎さん:リネットでは、ネットで申し込みをするときはお洋服の種類、点数を入力する必要はありません。なので申し込み自体は2分もかからず完了します。また、シミの箇所もご指定いただく必要はございません。お洋服はすべて弊社工場で1点ずつチェックし、見つかったシミはすべて無料でシミ抜きをしているからです。

まゆみ:それは私も実感しています。私もこれまで何社かの宅配クリーニング業者さんを利用しましたが、一番簡単だったのが御社でしたね。他にはどのようなお問い合わせがありますか?

岩崎さん:料金がいくらになるのかというお問い合わせもいただきます。リネットは、お洋服をお送りいただいたのち、検品してから料金が確定するので、出す前にどのくらいかかるかわかりづらいという方がいらっしゃいます。

岩崎さん:このようなお問い合わせを受けて、料金がいくらになるかをシミュレーションする「料金シミュレータ」を開発しました。シミュレータをお使いいただくと、お出しいただく前にある程度料金の目安を把握することが可能になっています。

料金シュミレーション

↑料金シュミレーションで事前に概算がわかる

まゆみ:料金シミュレーターは便利ですね。私が初めてリネットのサイトを見させてもらった時はこのようなシミュレーターは無かったのですが、お客様のお問い合わせを受けて新たに開発されたのですね。おおよその費用が事前にわかると安心感がありますもんね。

早すぎてびっくり?!最短2日届け実現化は苦難の連続

リネット取材3
まゆみ:リネットの最短2日後仕上げは宅配クリーニング業界では最速のサービスですよね。2日仕上げを実現されるには、大変なご苦労があったのではないでしょうか?

岩崎さん工場での作業を効率化したり、仕組みの開発を行うなど、多くの苦労の末開発しました。忙しい人によくご利用いただくので、便利さ、使いやすさには特にこだわっております。

まゆみ:他社に先駆けて新しいサービスを導入することは、簡単ではないですよね。でも、利用する側としては大変ありがたいサービスです。この利便性の高さが、リネットの会員数増加の要因となっているのでしょうね。

飯田さん:他にも品質向上のために、独自の取り組みを行っています。その一つが抗菌消臭効果のある洗浄液の開発です。新洗剤の開発により洗浄効率が高まりました。

リネットの職人さん

↑新洗剤開発により、洗浄効率がアップ

飯田さん:衣類お届け時のシワの防止にも改善の余地があることがわかり、新たなクッション材の開発に取り組みました。緩衝剤の素材やサイズなど、何度もテストを繰り返し新たな緩衝剤を導入いたしました。さらには、お届け時のダンボール箱も数十パターンより試行錯誤し、最もシワになりにくいサイズを採用しています。

まゆみ:お届け時のシワは、一晩吊るしておけば取れるのですが・・・届いた時点でシワが少ないと、気持ちいいですよね。私たちの知らないところで、どんどん進化しているんですね。

飯田さん:はい、これからも引き続き便利なサービスを作ってまいります。

まゆみ:最後になりますが、御社ではどのような方にリネットを利用してもらいたいとお考えですか?

岩崎さん:そうですね、正直クリーニングって、別にやらなくてもいいものなんですよね。最近では洗えるスーツや形状記憶シャツなんかも出ていますし、クリーニングに出さなくても生活が成り立つんです。自宅で洗ってそのまま着ても問題ないですよね。

岩崎さん:一方、イタリアでは普段着のTシャツや靴下、下着にまでアイロンをかけるんですよね。普段からアイロン掛けされた清潔な衣類を身に着けることで、心が豊かになると彼らは言います。高価な衣類を身に着けることだけが豊かさの指針ではなく、普段着にも手間暇をかけ大切に着る丁寧な暮らしこそが豊かな生活なんだと気づかされますね。

岩崎さん:日本人は、ブランドのバックを持ち高価なスーツを着る事がおしゃれでありステータスだと考えがちですが、イタリア人のように手入れの行き届いた清潔な衣類を身に着けることで豊かさを感じていただきたいと思っています。そのお手伝いをするのがリネットのサービスではないかと思っています。
クリーニングされた衣類

↑清潔にクリーニングされた衣類は、明日の仕事の活力に!

まゆみ:ありがとうございます。最後に良いお話が聞けました。今日は本当にありがとうございました。

リネット本社に取材したまとめ

これまでリネットのクリーニングを利用させていただくことはありましたが、岩崎さんや飯田さんのお話しから、改めてリネットの素晴らしさを実感することができました。クリーニングの2日仕上げや、送料基準の引き下げなど、利用者の声を汲み取り、日々サービスの改善に取り組まれている姿が印象的でした。

進化し続ける宅配クリーニングリネットに興味を持たれた方は、下記の公式ホームページをご覧ください。


「初回お試しキャンペーン中」リネット公式ホームページはこちら


クリーニングランキング

通年企画・布団クリーニング徹底比較

(注目記事)リナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

同じカテゴリー「宅配クリーニング活用術」の一覧

宅配クリーニング【リネット】本社に取材に行ってきました

こんにちは。クリテク管理人・お洗濯大好き主婦のまゆみです。今日は宅配クリーニングリネットを運営されている「株式 […]

記事の続きを読む

大手宅配クリーニング【染み抜き対決!】無料でどこまで落ちるか徹底検証

衣類の染み抜きを無料でやってくれる宅配クリーニングを見つけました。最大手「リネット」と、老舗クリーニング店「リ […]

記事の続きを読む

【宅配クリーニングの料金システム比較】基本料金・送料もリサーチした結果

数多くある宅配クリーニングの中から、どの会社を選んだら良いか悩んでしまいますね。クリーニングの仕上がりはもちろ […]

記事の続きを読む
毛布の汚れおち

【毛布の洗濯】玄関で受取りの宅配クリーニングor低料金が魅力のコインランドリー

みなさんは毛布のお洗濯、どうしていますか?毛布はしょっちゅう洗う物ではありません。一般的に、布団同様、天日干し […]

記事の続きを読む

【布団の宅配クリーニング】大手4社の料金・特徴・サービス内容を比べてみた

口コミで評判の宅配クリーニングサービスの一つに、「布団クリーニング」があるのをご存じですか?布団を自宅まで引き […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ