MENU
 TOP  >  Q & A  >  仕上がりに不満があるときはどうすればいい?
(注目記事)リナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

仕上がりに不満があるときはどうすればいい?

再仕上げのサービスを利用しましょう

ダンボール箱を開けてみたら「ズボンのプレスがずれていた」「汚れが落ちていない」など仕上がりに不満があった時、宅配クリーニングはスタッフと対面する機会が無いので、対応してもらえるのか不安になりますよね。

そんな不安を解消すべく、多くの宅配クリーニング業者では「再仕上げ」を行っています。宅配クリーニング会社の公式サイトに「再仕上げ」のページを設けて詳しく説明している会社もありますし、「利用ガイド」や「利用規約」の中で触れている会社もあります。

どこのクリーニング店でも基本的に再仕上げは「無料」で対応しています。クリーニングの仕上がりに不満があったら諦めずに再仕上げの手続きを取りましょう。

再仕上げの申込手順と注意事項

アフターケアの行き届いている宅配クリーニング会社では、仕上がりの衣類とともに案内文章が同封されています。その手紙の中で仕上がりに不満がある場合は再仕上げを無料で行うことや、再仕上げの手順について触れています。

多くは、クリーニング到着後、1週間もしくは2週間以内にメールかサイト内のフォーム、電話などでクリーニング会社に再仕上げの依頼をします。クリーニング店の指示に従い、ダンボール箱か集荷バッグに洋服を詰め、着払いで返送します。

その際、必ずクリーニングのタグがついている状態で、未使用であることが再仕上げの条件となるのでタグを外さないよう注意しましょう。

最初のクリーニングでしみ抜きが正しく行われていた場合、しみ抜き処理をした目印となるタグが添付されます。このタグに「これ以上のしみ抜きは衣類を傷めることになる」との記載があれば、再仕上げはあきらめた方がいでしょう。

宅配クリーニングでは「洋服についたシワ」についての不満をよく聞きます。多くの宅配クリーニング業者では、着丈の長いジャケットやコートは二つ折りや三つ折りにして届けられます。緩衝剤などがはさんであったとしても、輸送中にたたみじわがついてしまうのです。

単なるたたみじわは再仕上げの対象にはなりません。1日~2日吊しておけば自然に消えていきますので、自宅で様子を見ましょう。

高品質がウリのクリーニング店を見つけよう

再仕上げの注意点はもう一つあります。シミの原因追究や、一度目に落ちなかった汚れを慎重に落としていくので、再仕上げの納期は遅くなりがちです。

当面使わない衣類なら良いのですが、近々着る予定なら納期が遅れるのは困りものです。あたりまえですが、最初から満足いく状態でクリーニングが仕上がってくるのが一番です。高品質を売りにしているクリーニング会社を選び、再仕上げのリスクを回避しましょう。

評判の良いクリーニング店は、仕上担当者と別のスタッフが最終チェックを行う、本来機械が行う工程を職人が手作業することで小さなしみを見逃さない、など、独自の基準を設け品質を維持しています。

クリーニング店の公式サイトで「再仕上げ」を大きく掲げている会社は、高品質を自認していることの裏返しでもあります。評判の良いクリーニング店選びの参考になれば幸いです。

クリーニングランキング

通年企画・布団クリーニング徹底比較

(注目記事)リナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

同じカテゴリー「Q & A」の一覧

保管サービスについて知りたい。保管料はいくら?

保管付きのクリーニングでクローゼットがすっきり 宅配クリーニングで最近主流となっているのが、保管付き宅配クリー […]

記事の続きを読む

格安クーポンや割引サービスはある?

割引クーポンを活用し宅配クリーニングを格安に利用しよう 宅配クリーニング各社は割引クーポンの発行や、定期的に割 […]

記事の続きを読む

仕上がりまでの日数は?即日仕上げはできる?

最短二日仕上げが業界最速スピード 宅配クリーニングは配送の日数が加算されるため、街のクリーニング店より納期が遅 […]

記事の続きを読む

登録した自宅以外でも集荷や配達は可能?

自宅以外の場所でも集配は可能。工夫次第で宅配クリーニングがより便利になります 多くの宅配クリーニング会社では登 […]

記事の続きを読む

宅配ボックス・コンビニ受取は可能?

宅配ボックスの指定はOK、コンビニでの受け取りはできません 忙しい人の味方、宅配クリーニング。宅配ボックスやコ […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ