MENU
 TOP  >  みんなの洗濯事情  >  ラグを一か八かで洗濯。大きすぎたラグは洗濯の途中で切れまくり、結局処分することに

ラグを一か八かで洗濯。大きすぎたラグは洗濯の途中で切れまくり、結局処分することに

s72

失敗のうちの一つは色が出てしまうことです。これは良くやります。だいたい月に1回位です。すべての洗濯物が薄く色づきます。洗濯機から出す時に、すべての白い洗濯物が薄く青色になっていてがっかりです。お気に入りの物が被害にあった場合は2,3日落ち込みます。

その後、洗濯を繰り返すと色は抜けるので根気よく洗ってみます。前もって初めて着るもので色が出そうなものは別洗いにしなければいけないのですが、家族がすでに洗濯機に入れてしまった場合は仕方がありません。初めて着た服は洗濯機に入れずに外に出しておくようにしてもらっています。

9キロの洗濯機でしか洗えないラグを強引に洗濯。容量オーバーで洗濯機から変な異音

一度だけやってしまったことですが、家で洗えるラグを洗濯機で洗ったことが失敗でした。「9キロ以上の洗濯機で」と書かれているのに7キロの洗濯機に入れました。年数はたっているけれど、まだ使えるラグに子供が吐いてしまい拭いても汚れが取れずで、うまくたためば大丈夫かなと洗濯しました。

回りだしてすぐに異音がしだしてびっくりして止めました。もう洗濯機が壊れたのではという音でした。幸い洗濯機は大丈夫でしたが、ラグは破れました。洗濯機の中に張り付いたラグの破片を拾うのが大変でした。ラグはそのまま捨てれば良かったと思いました。

明らかに大きなラグを洗濯しようとしたのが家族にばれたら馬鹿にされるので、「破れたから捨てた。」とだけ言いました。次からはラグ、こたつ布団を買う時は7キロでも洗えるかを確認してから買うようにしています。

子どものポケットは危険。確認したはずが、超合金のおもちゃを洗濯していた

3番目に多いのがポケットの中の出し忘れです。私はポケットには物を入れないのですが、夫と子供はよくやります。前の洗濯機の時は、回しだしてすぐにゴンゴン何かがぶつかる音がしました。あわてて止めて手を入れて探すのですがそういう時に限って洗濯物が多くて取り出せません。

仕方なく洗剤液に浸かった洗濯物を一枚、一枚絞って外に出しながら格闘すること20分、子供の超合金のおもちゃが出てきました。ポケットは全部確認したはずなのにポケットの奥にあったようです。超合金は無事でしたが洗濯機の内側には傷ができました。それでもその洗濯機は動かなくなるまで使いました。

USBやコンタクトレンズ入り容器を洗濯したことも・・主人には絶対に秘密

ポケットの出し忘れで冷汗が出たのはUSBです。主人のジーンズから出てきたようです。以前コンタクトレンズ入りの容器を洗濯してしまい大ゲンカになり、出す人も洗う人も両方が確認するというルールを設け、両方が気を付けていたのに小さくて気が付かなかったのだと思います。

会社で使っているものだったのでそこにコロンと転がっているのを見つけた時は冷や汗ものでした。こっそり拭いて、乾かしてつながるかどうか調べてみたら、ちゃんとつながったのでまたこっそりいつも仕舞っている場所に入れておきました。

乾かしてパソコン立ち上げて調べるのに20分くらいかかったと思います。多分主人は気が付いてないと思います。ちなみにコンタクトレンズは眼科に持って行き、使えるか見てもらいました。大丈夫とのことでしたが診察もされたので余計な出費となりました。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

メガネ

【花粉による目のかゆみ対策】春はメガネを使用し、家の中では空気清浄機を2台稼働

2年前くらいから花粉症になりました。症状はまだ軽いほうだと思いますが、天気予報で「花粉がたくさん飛んでいます」 […]

記事の続きを読む

【花粉症の症状緩和に】薬だけに頼らず、ヨーグルトを食べて体質改善

花粉症になった時期は2年前です。5人家族で、私たち夫婦と娘一人が花粉症の症状が出ています。息子2人は全くありま […]

記事の続きを読む

【ウォッシャブルスーツの洗濯を失敗】定期的なクリーニングで長持ち

主人が仕事で使うスーツは、何週間か着てからクリーニングして、違うスーツを着て仕事に行き、またクリーニングとロー […]

記事の続きを読む

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオ […]

記事の続きを読む

【クローゼットでカビだらけのスーツを発見】日当たりの悪い部屋は、換気が重要

以前、実家で暮らしていた時の話です。実家は築50年ぐらいのまぁまぁ古い二階建て住宅です。都会ではありませんが、 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2017 

ページトップ