TOP  >  みんなの洗濯事情  >  ドライクリーニング後の嫌な臭いの取り方、臭いが取れないときの対処法

ドライクリーニング後の嫌な臭いの取り方、臭いが取れないときの対処法

ドライクリーニング臭い

ドライクリーニングに出した衣類から独特の臭いがする…。一度付いてしまった臭いは取ることができるのでしょうか。ドライクリーニング後の気になる臭いの原因、臭いの取り方とコツについてご紹介します。

もくじ

1.ドライクリーニング後の衣類が臭い…主な原因3つを紹介
2.【臭いの取り方とコツ】ビニール袋を外して、十分乾燥させること
3.自宅で臭いが取れないときは、クリーニングで再度洗い直してもらおう
4.ドライクリーニングのメリット・デメリット
5.【クリーニング店選びが大切】リナビスは自然乾燥仕上げ!嫌な臭いがしない
6.まとめ

ドライクリーニング後の衣類が臭い…主な原因3つを紹介

ドライクリーニングとは、乾燥洗濯という意味で、水を使わずに主に石油系の有機溶剤を使用して衣類を洗う方法のことをいいます。ドライクリーニングをした後の主な臭いの原因については、いくつか考えられます。

【臭いの原因1】溶剤が古い、または汚れている

ドライクリーニングに使用する溶剤が古い、または汚れているといったことがあります。クリーニング店によっては、古い溶剤を繰り返し再利用したり、ろ過するためのフィルターの交換などが不十分であるため溶剤が汚れていたりすることがあります。汚れた溶剤を使用すると、溜まった汚れや汗が酸化して脂肪酸臭という嫌な臭いになります。

【臭いの原因2】溶剤がしっかり落とせていない

ドライクリーニング後、溶剤をしっかりと落とせなかったために嫌な臭いとして残ることがあります。またしっかりと乾燥を行っていなかったりすることでも、石油のような溶剤独特の臭いがする原因になります。

【臭いの原因3】ドライクリーニングでは落ちない汗などの臭い汚れ

ドライクリーニングでは落ちなかった汚れの臭いの元が残っているというケースも考えられます。ドライクリーニングをしたのに汚れが残っている原因として、ドライクリーニングは、油汚れは落とすことが出来ても、汗などの水溶性の汚れは落としにくいという性質があるからです。

【臭いの取り方とコツ】ビニール袋を外して、十分乾燥させること

ドライクリーニング後の独特な臭いは自宅で取ることができます。自宅に持ち帰った後、クリーニングのビニール袋を外して、しっかりと乾燥させることで臭いが取れます。それでは、臭いの取り方とコツについて詳しく紹介します。

【臭いの取り方1】風通しの良い場所に吊るし、扇風機などで乾燥させる

ドライクリーニング後はビニール袋を外して、衣類を風通しの良い場所に吊るしたり、扇風機で乾かしたりすることで次第に臭いが消えていきます。肩パットなど生地に厚みがある部分や、厚手のコートなどは乾きづらいため臭いが残ってしまう可能性が高いです。

【臭いの取り方2】衣類用ファブリーズで素早く消臭すると効果的

風通しのよい場所に吊るしても臭いが消えないときは、ファブリーズなどの衣類専用の消臭剤を使用すると効果が期待できます。素早く臭いをとりたいというときに消臭剤は効果的です。石油臭い状態のままで衣類を着用すると場合、化学やけどを起こすこともあります。必ず、石油臭さが消えてから着用するようにしましょう。

【コツ】ドライクリーニング後のビニール袋を外して保管する

ドライクリーニング後、衣類をタンスやクローゼットに長期間保管をする際は、必ずクリーニングのビニール袋を外して風通しのよい場所に保管することが臭い対策のコツになります。カビが発生したり、害虫に衣類を食べられたりするのを防ぐたけではなく、結果的にドライクリーニング後の臭いを消すことにも繋がります。

自宅で臭いが取れないときは、クリーニングで再度洗い直してもらおう

ドライクリーニングの後の臭いが自宅では取れないときは、クリーニング店に持って行って再度洗い直してもらう必要があります。ドライクリーニングで使用する溶剤が汚れていたり、古かったりしたことが原因である可能性が考えられます。洗い直しは無料で行ってくれますが、ドライクリーニングしてから時間が経っていたり、明らかに店側の原因ではない時は対応してもらえませんので注意しましょう。

他にもドライクリーニングでは落としきれない水溶性の汚れ、汗などが残っていることが原因で酸化した状態となり、それが臭いの原因であるということも考えられます。ドライクリーニングをしても落としきれなかった汚れは、クリーニング店に相談して、汗抜きなどの対処をしてもらうことで解消できます

ドライクリーニングのメリット・デメリット

ドライクリーニングのメリットは、水洗いでは落ちないような油汚れなどを浮かせて落とすことができることです。ニットなどの繊細な衣類でも、縮んだり型崩れを防ぎながら、綺麗な状態でクリーニングすることができます。デメリットとしてドライクリーニング後の独特な臭いが気になるという点です。

ドライクリーニングを行う際の工程において、乾燥などをしっかりと行えば嫌な臭いは残らないのですが、乾燥技術や溶剤の管理などは、依頼をするクリーニング店によっても違いがあります。大切な衣類をクリーニングするときは、単に「早く仕上がるから」「家の近くだから」などという理由で依頼をするのではなく、信頼できるクリーニング店を慎重に選ぶことが大切であるといえます。

【クリーニング店選びが大切】リナビスは自然乾燥仕上げ!嫌な臭いがしない

ドライクリーニングで使用する溶剤が古い、汚れているなど、私たち消費者にはわかりません。クリーニング後、嫌な臭いがして初めて気が付くものです。宅配クリーニング「リナビス」では、時間をたっぷり使い自然乾燥で仕上げているため、嫌な臭いはありません

プロの職人さんが手間をかけた丁寧なクリーニング、しっかりとした検品などが特徴です。リナビスでは汗抜き加工、染み抜き加工、カビ防止加工などオプションも充実しています。

さらに、衣替えの季節などに便利な最大6カ月保管無料サービスもありますので、大切な衣類を安心できる良い状態の中で保管してもらうことが出来ます。今まで、良いクリーニング店に出会えなかったという人は、クリーニングの技術が高く、とても便利な宅配クリーニングの「リナビス」を利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • ドライクリーニング後はビニールを外す
  • 風通しの良い場所で、しっかり乾燥させる
  • 臭いが取れないときは、クリーニングで再洗いしてもらう

ドライクリーニング後の臭いの原因や対処方法について紹介しました。臭いは自宅で解消することが可能ですが、最初から信頼できるクリーニング店を選ぶ事が大切になります。

ベテランスタッフによる手作業、自然乾燥での仕上げ、これは宅配クリーニング「リナビス」の強みです。ドライクリーニングの臭いなど、気になることがあれば電話やメールで対応してくれます。近くに良いクリーニング店が見つからないという人も日本全国どこからでも注文が可能なので試してみると良いでしょう。

口コミ評価の高い「リナビス」の記事はこちら

リナビスレビュー


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

服の湿気対策i

湿気から服を守ろう!クローゼットやタンスのカビ対策

久しぶりにクローゼットやタンス、押入れの中を整理しようと、服を出してみたら、なんだか湿っぽいような…。日頃から […]

記事の続きを読む
ユニフォーム洗濯i

【野球・サッカー・剣道】ユニフォームの泥汚れ・汗の臭いの取り方

部活で使うユニフォームは汗や泥などで一般の洗濯物よりも念入りな洗濯が必要です。泥汚れの効果的な落とし方から気に […]

記事の続きを読む
ダブル羽毛布団洗濯i

【ダブルの羽毛布団を洗濯するには】自宅で洗うより簡単な方法

羽毛布団は条件が揃っていれば自宅で洗うことも可能です。ではサイズの大きいダブルの羽毛布団はどう洗ったらいいので […]

記事の続きを読む
羽毛布団収納i

羽毛布団の正しい収納方法は?圧縮せずに上手にしまうコツ

ふかふかの羽毛布団をどう収納するか。来シーズンも心地よく使うために収納する前にやっておくこと、上手な羽毛布団の […]

記事の続きを読む
学生服洗濯i

学生服は自宅で洗濯OK!正しい洗い方と応急処置、テカリの取り方を紹介

毎日着ている学生服は汗や皮脂に加え、雨に濡れたりと意外に汚れているもの。学生服はウールの混紡率が50%以下なら […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ