TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【礼服のクリーニング】出す頻度はどのくらい?普段のお手入れ方法も紹介

【礼服のクリーニング】出す頻度はどのくらい?普段のお手入れ方法も紹介

礼服クリーニング

礼服は、スーツの様に頻繁には着ないため、クリーニングに出す頻度やタイミングに迷います。汚れやシワがひどくなければ、そのままクローゼットに保管しがちですが、これは絶対にやってはいけないこと。

礼服は冠婚葬祭の時に着用するもので、出番が来なければ、長期間クローゼットに保管することになり、カビや虫食いなどの原因になります。

ここでは、大事な礼服を安心して、長期保管をするためのお手入れ方法や、信頼できるクリーニング店の紹介をします。

もくじ

1.礼服をクリーニングに出す頻度は?短時間でも意外と汚れている礼服
2.【礼服のお手入れと正しい保管方法】簡単にできる応急処置法も紹介
3.礼服とスーツの違いは?クリーニング料金に違いがあるのはなぜ
4.【礼服のクリーニング料金】相場はどのくらい?仕上がり日数も調査
5.礼服を宅配クリーニング「リナビス」に出して、仕上がりをチェック!
6.礼服は「リナビス」の5点セットが安くて品質も十分、長期保管も安心
7.まとめ

礼服をクリーニングに出す頻度は?短時間でも意外と汚れている礼服

礼服クリーニング6着用時間は短くても、礼服には知らないうちに、目に見えない汚れが付着しています。食事をした時の食べこぼしや飲み物の汚れ、汗や皮脂汚れなどがあります。女性の場合は、ファンデーションや日焼け止めの汚れも付着します。

短時間着ただけだし、見えない汚れや、多少の臭いくらい…と思って、汚れを落とさず、クローゼットにしまい込んではいけません。衣類に付着した汚れによって、シミやカビが発生します。そして、汚れは害虫の餌となり、虫食いの原因となってしまいます。

礼服は、立て続けに着用の予定がある場合を除いて、短時間でも冬場でも、1度着たらクリーニングへ出すのがベストです。次着る予定が1~2ヶ月以上なければ、クリーニングへ出しましょう。夏場の汗を多くかく時期は、短時間の着用であっても、早めにクリーニングに出してください。

ただし、お通夜やお葬式、四十九日法要など、着用の予定が直近にある場合もあります。クリーニングの仕上がりに日数が必要で出すタイミングがない場合は、自宅でお手入れをする方法を次で紹介するので試してみて下さい。

【礼服のお手入れと正しい保管方法】簡単にできる応急処置法も紹介

ここでは、自宅で簡単にできる礼服のお手入れと応急処置、保管方法を紹介します。

【自宅での簡単お手入れと保管方法】
礼服は脱いだらすぐにハンガーにかけ、風通しの良い場所でブラシをかけ、汚れやホコリを落とします。礼服のブラッシングは、他にもテカリを防ぐためにも行っておきます。

紫外線や直射日光、蛍光灯が当たっていると、「色あせ」の原因となります。礼服は部屋の中に掛けっぱなしにせず、クローゼットの中で保管をしましょう。

ただし、クローゼットの中でも奥の方は湿度が高く、カビが発生しやすい場所になります。あまり奥にしまい込まず、換気を心掛け通気性よく保管をします。

【応急処置の方法】
シワが付いてしまった場合はハンガーにかけ、引っ張りながらアイロンのスチームでかけます。アイロン台でアイロンをかける場合は、あて布をしてテカリが出ない様にします

食事の席などで汚してしまった場合は、ハンカチやタオルなど乾いた布で、取れる汚れをこすらず落とします。直接衣類に水で濡らしたりしてしまうと、汚れが広がり輪ジミができる可能性があるので注意が必要です。

女性の方が気を付けなくてはいけないのが、ファンデーション汚れです。保管前に食器用洗剤を使い、汚れの裏側から歯ブラシで軽く叩き、すすぎます。食べこぼし汚れの処置方法と同じく、汚れ部分を直接水で濡らさないようにしましょう。

タバコやお線香などの臭いが付いてしまい気になる時は、まず、風通しのよい場所に吊るしておきます。または扇風機やドライヤーの風を当てて臭いを飛ばします。スチームアイロンを使ったり、入浴後の浴室で蒸気と一緒に臭いを飛ばす方法もあります。

礼服とスーツの違いは?クリーニング料金に違いがあるのはなぜ

礼服クリーニング5礼服をクリーニングに出すと、スーツと比べ料金が高いことに気付きます。礼服とスーツ、形が同じに見えるのに、なぜクリーニング料金に差が出るのでしょうか。

礼服はスーツと違い、着る機会も少なくクローゼットなどに長期保管されます。店側ですでに長期保管向けに、防カビ加工・撥水加工・防虫効果等のオプション料金が加算されているのです。そして、他の洋服に付着している汚れが洗濯の時、逆に礼服に付着してしまうのを防ぐため、礼服だけ別で洗うという特別な工程も行われます

スーツは主にポリエステルが生地に使われています。それに対し、礼服は上質なウールの生地が使われています。生地の違いによっても、スーツと礼服のクリーニング方法が違うため、料金に違いが出てしまいます。スーツ料金で依頼して安く済ませたいところですが、礼服に適したクリーニングが必要です。少々高くても礼服として出しましょう。

【礼服のクリーニング料金】相場はどのくらい?仕上がり日数も調査

礼服のクリーニングは特殊な洗濯方法で仕上げるため、料金も高くなりがちですが、実際に料金相場はどのくらいなのでしょうか。大手のクリーニング店「ホワイト急便」「白洋舎」と、今話題の宅配クリーニング「リナビス」「リネット」の4社を比較したものを紹介しますので、参考にしてみて下さい。

店名料金
ホワイト急便
仕上がり:3日
・上着:960円~
・ズボン:640円~
・ワンピース:1,300円~
白洋舎
仕上がり:7日~
・上着(上下合わせて):
 1,900円~3,750円
・ワンピース:
 1,450円~2,800円※袖あり
・ボレロ:
 1,050円~2,100円
リネット
仕上がり:2日~7日後
・上着:950円
・ズボン:660円
・ワンピース:980円
・ボレロ:1,230円
リナビス
仕上がり:最短5日
・5点セット:7,800円
(1点あたり1,560円)
※10点、20点セットもあり
※価格は税抜き

「ホワイト急便」はエリアごとで料金設定が違います。利用する場合は事前に店舗に問い合わせをしてください。礼服上下の料金は東京・千葉の平均的な相場です。

「白洋舎」は、上下を1点とカウントした料金となっています。礼服は下記に挙げたオプション加工を追加すると、仕上がり日数が長めになります。

「リナビス」と「リネット」の2社は、宅配クリーニング形式となります。「ホワイト急便」と「白洋舎」の2店舗と比べても、それほど料金や仕上がり日数に差はありませんでした。

この4社で特に気になるのは「リナビス」で、単品での取り扱いはありませんが、衣類をまとめて出せるパック料金になっています。なので、夫婦で礼服を着用し、上下2組で4点、ついでにネクタイも一緒に出してちょうど5点、礼服一式をまとめて「リナビス」にクリーニング依頼することができます。

クリーニング店によって、礼服は下記のような加工を施した料金が含まれている場合がありますが、それが料金に含まれていない場合、できれば長期保管や衣類を長持ちするため、防虫防カビ・撥水・汗抜き加工をオプションで付けておきましょう

【オプションの相場】
・防虫・防カビ加工:300円~500円前後
・撥水加工:600円~980円前後
・汗抜き加工:500円~950円前後

礼服を宅配クリーニング「リナビス」に出して、仕上がりをチェック!

法事で数時間しか着ていない礼服を、早速クリーニングに出してみました。今回は衣類をたくさん出せば出すほど1点の料金がお得になる、宅配クリーニング「リナビス」を利用しました。礼服の仕上がり具合をビフォーアフターで紹介していきます。

上着の汚れ、ズボンのシワをビフォーアフター写真で比較

◆上着の汚れは落ちたのか?◆

礼服クリーニング2礼服の上着には、背中側にちょっと気になる汚れがありました。どこで付けたか分からないほど薄い汚れですが、軽く触れたり、こすっただけでは落とせませんでした。そして、リナビスから戻ってきた礼服の上着を見てみると、汚れはすっきり綺麗に落ちていました

◆ズボンの細かなシワは取れ、折り目は綺麗に復活したか?◆

礼服クリーニング3ズボンは股の部分に細かなシワが付いてしまいました。座っていることが多かったのか、しっかりとシワが付いていました。ズボンのセンターに付いている折り目も薄くなってきています。

リナビスでクリーニングした後、ズボンの細かなシワは、どこにあったかわからないくらい、きれいな仕上がりとなっていました。センターの折り目もくっきり元通りです。

◆リナビスに出す時、気付かなかった汚れにも対応◆

礼服クリーニング4出す前に、汚れをしっかり確認したはずが…リナビスでクリーニング前の事前チェックを行ってくれたおかげで、ズボンの裾に汚れを発見してくれました。リナビスではこちらでシミ汚れを指定しなくても、礼服全体を丁寧に検品をしてくれている事がわかります。

また、法事でお線香や焼香を焚いたり、タバコを吸っていたので、礼服に臭いが残ってしまいました。しかし、染みついてしまった臭いは、臭いに敏感な私がわからないほどすっきり無臭に仕上がっていてびっくりしました。

礼服は「リナビス」の5点パックが安くて品質も十分、長期保管も不安なし

礼服クリーニング6「リナビス」は、5点セットが安く、それ以上出すとさらに安くなるので、礼服の他にも今回は、ニットやダウンなど冬物も一緒に出してみました。特別な洗濯方法を行う礼服だけではなく、他の衣類も一点一点きちんとクリーニングされていました

特に礼服はスーツと違いウールの素材が多く、生地色も黒く少しの汚れでも目立ってしまい、テカリも出やすくなります。しかし、ビフォーアフターの写真を見ての通り、「リナビス」では少しの汚れやシワでも丁寧に仕上げてあり、テカリもありません

礼服を「リナビス」へクリーニングに出したことにより、不安なくクローゼットで長期保管できます。「リナビス」なら品質も十分なので、いつ礼服の出番が着ても気持ちよくすぐに着用できます。ただし、仕上がりまで日数がかかるので、次に着る予定が決まっている場合や急ぎの時は、仕上がり日数を確認する必要があります。

まとめ

  • 礼服は短時間でも1度着たらクリーニングに出すのが望ましい
  • 着る予定が1~2ヶ月以上なければ、クリーニングに出す
  • 礼服は紫外線や直射日光の当たる場所での保管は避ける
  • クリーニングに出す場合は仕上がり日数に注意

 
礼服はブラシやスチームアイロンがあれば、家でもお手入れは簡単にできます。ですが、汚れやほこりは意外と付着しているので、少しでも着用したらクリーニングに出してください。長期保管する場合に、カビの発生や虫食い、色あせなどのトラブルもなく長期保管することができます。

着用したらすぐクリーニングに出したいとは言え、時間がなくてお店に出しに行ったり、取りに行ったりが面倒になったりします。そんな時、「リナビス」なら自宅にいながらパソコンやスマホで、簡単にクリーニングの依頼ができます

リナビスは衣類1点のクリーニング料金は他社より少し高いですが、その分、丁寧な検品と綺麗な仕上がり具合で、戻ってきた礼服はそのまま保管でき、大事に長く着続けられます。リナビスはクリーニング品質は抜群。宅配クリーニングが初めてでも簡単に出すことができました。次の「リナビス」に出してみた感想も読んでみて下さい。

リナビスレビュー

大事な衣類をリナビスに出して、安心長期保管


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む
ドレスクリーニングi

ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

記事の続きを読む
黄ばみの落とし方i

黄ばみの悩みを解決!自宅でできる衣類の黄ばみの落とし方

ちゃんと洗濯したはずなのに、白いシャツの襟や袖が黄ばんでる…この原因は落としきれていない汚れです。気になる […]

記事の続きを読む
服の保管i

服の保管はどこでする?保管付きクリーニングやトランクルーム等の預かりサービスを徹底調査

服の収納環境など悩みがあると、自宅以外に保管・収納サービスはないのだろうか気になります。最近ではそんな悩みを解 […]

記事の続きを読む
服のカビi

服のカビは落とせる!効果的な落とし方とカビの予防法

久しぶりに袖を通そうとした服をよく見てみると、カビが生えていることがあります。でも、あきらめないで!カビは落と […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ