TOP  >  布団の悩みや工夫  >  家族の布団は総額80万円!長く使うために晴れた日は必ず干してカビ対策

家族の布団は総額80万円!長く使うために晴れた日は必ず干してカビ対策

127

3人家族です。夫婦の布団は敷布団の下に敷くもの、敷布団、タオルケット、毛布、薄かけ布団、厚めの掛け団×2、子供はベッドの上に敷布団、パット、タオルケット、毛布、薄かけ布団、厚めの掛け布団です。すべてシングルサイズです。それにこたつの掛け、敷きです。10年くらい使っています。

布団は干す以外は敷きっぱなし。来客時は襖を閉めて誰も入らせません

まず収納が大変です。こたつ布団は袋にいれてあいている部屋の隅に放置です。寝具は使っていないものは押入れに無理やり詰めています。使用中のものは敷きっぱなし。干したらそのままま敷くという感じです。リビング横が夫婦の寝室ですが雨の日に来客がある場合は、ふすまを閉めて、誰にも開けさせません。

布団は基本、晴れていれば毎日干します。子供にアトピーがあるので、必ず子供の布団は干します。現在、私が専業主婦をしているので可能だと思います。共働きの頃は2週間くらい布団敷きっぱなしということがありました。自分の布団なのに、なんかカビ臭くて嫌でした。

専業主婦になってからは絶対に嫌な思いはしたくないと布団干しは欠かせません。だいたい10枚くらい一度に干せるので春、夏は2回位くらいに分けて1回あたり3,4時間干します。

冬はこたつ布団も干すので3,4回に分けて2時間くらいずつは干すようにしています。長時間外出するときでも、子供の布団類をメインに敷き布団と一番肌に当たる掛け布団は干すようにしています。

アレルギー対応の子供布団はセットで20万円、夫婦の羽毛布団が60万円。大切に使います

花粉が多い時、雨が続く時は室内物干しをしています。空いた部屋で室内干しをし、さらに乾燥機も使います。室内干しは4枚しか干せないので掛け布団だけ順番に干し、敷き布団は乾燥機にかけます。家がマンションなので来客はあっても泊まることはありません。ですから来客用の布団はありません。

布団を清潔に保つには、布団の上に敷きパットとシーツが便利です。どちらもバーゲンの時に安い物を買い、どんどん洗濯します。汗も敷きパットで止まるみたいで布団はほとんど汚れません。枕も必ず干します。

カバーを厚手にして良く洗濯をすると枕自体は汚れにくいです。汗をかきやすい子供は枕カバーをしてさらにタオルでくるみ、タオルを毎日洗濯しています。枕はへたってきたな~と思ったら適度に買い替えています。私達家族はどんな枕でも安眠できるのでへたってきた頃に布団屋の広告が入れば見に行き、いいなと思えば買います。

布団はかなり値段がしたので買い替えられず、もう10年使っています。夫婦の布団がセットで5,60万、子供のも20万位したと思います。夫婦のは羽毛、子供のはアレルギー対応の特別な綿使用です。大切にもう少し使うと思います。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「布団の悩みや工夫」の一覧

ベルメゾン布団クリーニング

ベルメゾンの布団クリーニングはどう?料金から注意点、仕上がりまで紹介

大手通販ショップのベルメゾン。布団のクリーニングも手掛けています。他店の布団クリーニングとベルメゾンはどこが違 […]

記事の続きを読む
しももとクリーニング公式ページ画像

しももとクリーニングの料金からこだわり、仕上がりまですべてを解説

布団クリーニング専門店の「しももとクリーニング」。ここ最近、口コミの評価で有名になってきた布団クリーニング店で […]

記事の続きを読む
カジタク布団クリーニングページ

【カジタクの布団クリーニング】メリット・デメリット~料金~注意点を紹介

イオンが手掛けるカジタクの布団クリーニング。初めてでも利用しやすく人気があります。ここではカジタクの料金やメリ […]

記事の続きを読む
ふとんリネット公式サイトのページ

リネットの布団クリーニング、料金・注意点・口コミなどすべてを解説

シミや汚れ落ちに定評のあるリネットの布団クリーニング。料金やサービス、申込みから返却までの流れも含め、あらゆる […]

記事の続きを読む
座布団

座布団はクリーニングに出せます!取扱店と料金一覧

座布団はクリーニングに出せます。来客用の座布団は、大きいサイズのものが多く、絹や羽毛などの高級素材が使われてい […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ