TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【タトラス・カナダグース・デュベティカ】高級ダウンをクリーニングしてくれるのはどこ?

【タトラス・カナダグース・デュベティカ】高級ダウンをクリーニングしてくれるのはどこ?

高級ダウンクリーニング
タトラスやカナダグースなどの高級ブランドダウン、一般のクリーニング店に出しても大丈夫なのでしょうか。高いお金を出して購入した大切な高級ダウンは長く着たいもの。今回は高級ダウンをクリーニングしてくれる店を紹介していきます。

もくじ

1.高級ダウンのクリーニング頻度は?出し過ぎに注意
2.高級ダウン向けのクリーニング店ってどんなとこ?選ぶ際の着目ポイント
3.ブランドダウンのクリーニング料金相場
4.【高級ダウンのクリーニング】リナビスが安くて高品質なワケは?
5.高級ダウンにはリナビスの保管サービスが最適
6.まとめ

高級ダウンのクリーニング頻度は?出し過ぎに注意

高級クリーニング頻度
高級ダウンはメーカーによってクリーニング頻度が違います。ここではタトラス、カナダグース、デュベティカの3つのメーカー別に調べてみました。

タトラス

タトラスのクリーニング頻度はシーズンに1回。生地は薄くて軽いものを使用しているので細身のデザインでも温かいことでも人気があります。中でもタトラスはダウン羽毛の比率が95%と一番高く、インナーを通じて汗をかくこともあります。放湿性に優れてはいるものの、蓄積した汗や皮脂などの水溶性の汚れは放っておくとシミになります。よってシーズン後にはクリーニングで汚れを落としましょう。

カナダグース

カナダグースもシーズンに1回はクリーニングに出して汚れを落としましょう。もともと機能性重視の防寒着であり、作りはタフでガシガシ着られるタイプのダウンですが、通勤や通学などで使用頻度が高ければ汚れやすい環境にあります。ただし、あまりクリーニングに出し過ぎると本来の質感や風合いが損なわれたり型崩れすることもあるので、うっかり汚してしまった場合やニオイが付いた場合を除けば1回で十分です。

デュベティカ

デュベティカのダウンは着用回数が少なく、汚れが無い場合はクリーニングに出す必要はありません。なぜなら、使われている生地が撥水性も良く、汚れに強いとされているからです。その代わり、シーズン後にはしっかりとお手入れをしてから収納して下さい。

人によって汚れの度合いは違いますが、高級ダウンのクリーニングの出し過ぎは禁物。着用回数も考慮し、メーカーの頻度を守ってクリーニングに出してください。また、長く愛用するためには着用後のお手入れも重要なポイント。脱いだ後はブラシでホコリを払い、風通しの良い場所に吊るして乾燥させてからクローゼットにしまいましょう。

◎クリーニングに出さずに収納する際のお手入れ

  • 固く絞ったタオルで汚れやすい襟や袖口を拭く
  • 取り外せるファーは外す
  • 湿気を完全に飛ばしてから暗い場所に吊るす
  • 押しつぶされて型崩れしないよう収納スペースを確保
  • ホコリ除けの不織布のカバーをかける
  • 高級ダウン向けのクリーニング店ってどんなとこ?選ぶ際の着目ポイント

    お店選びのポイント
    クリーニングと言っても高級ダウンへの対応は店によって違います。高級ダウンは質もよく、繊細に作られているため、高級品として扱わないと失敗することも多い衣類。考えられるダウンのクリーニングの失敗例を挙げてみました。

    ◆高級ダウンのクリーニングトラブル◆

  • 厚みがなくなってペチャンコになった
  • 色ムラができた
  • シミが浮き出た
  • 小さな穴が開いて中のダウンが出てきた
  • これらの失敗は高級ダウンを一般のダウンと同じ洗い方をしたためのトラブルと考えられます。高級ダウンはクリーニングも高い技術と知識が必要とされます。

    では、どんなお店に出したら失敗を避けられるのでしょうか。ここでは良いクリーニング店を選ぶ際に見るべきポイントを紹介します。

    【ポイント1】高級ダウンだと認識しているお店

    高級ダウンに使われている羽毛は密度が高いため、乾燥にはかなりの時間を要します。洗い方はもちろん、アイロンも機械ではなく手仕上げする等の高い技術が求められます。一般的なダウンジャケットのクリーニングとは異なる技術が必要であることをしっかり認識しているお店に預けることが重要になります。

    【ポイント2】ダウンの扱いに慣れている店

    タトラスやカナダグースを扱い慣れたお店であれば、クリーニングに細心の注意が必要であることを承知しています。また、布団のクリーニングを請け負っているお店は高級ダウンを預けても安心です。なぜなら最高級の羽毛布団には、ホワイトグースなど高級ダウンと同じ、希少価値の高い羽毛が使われているため、羽毛についての知識が豊富であると考えられるためです。

    【ポイント3】補償にきちんと対応している店

    クリーニング店には、預かった衣類が店側の責任で不具合が発生した場合、衣類を補償する制度があります。高級ダウンを預けるにあたり、この「クリーニング賠償基準」がきちんと適用されるお店かどうかの確認をしておくことも重要です。ホームページに記載されているお店もあれば、店舗に張り出してあるお店もあります。万が一大切なダウンにトラブルが起きた場合もきちんと対応してくれるお店に預けましょう。

    このように、クリーニングに出す前には高級ダウンを扱った経験が豊富かどうかの確認が重要です。実際に電話で問い合わせてダウンの名称を挙げたところ、扱いが難しい旨を理由に断られ、困ったこともありました。でも、専門知識の無いお店にクリーニングに出して、取り返しがつかない結果になるよりは、むしろお店の対応は親切だったと言えるかもしれません。

    大切なダウンをクリーニングの失敗から守るためにも、クリーニング店選びには細心の注意が必要になります。実際に上記で挙げた3つのポイントをクリアできるクリーニング店はあるのでしょうか。

    ブランドダウンのクリーニング料金相場

    安心して高級ダウンを預けられるお店のポイントは、以下の3つと考えられます。

  • 高級ダウンを認識している
  • ダウンの扱いに慣れている
  • 補償制度がある
  • ここでは高級ダウンを取り扱っているクリーニング店を3つ紹介します。これらのお店にダウンジャケットを出した場合の料金相場を調べてみました。

    【3社高級ダウンクリーニング料金比較表】

    店名
    金額
    送料
    撥水加工

    白洋舎
    ジャケット 4,200円

    1,600円

    料金50%増
    コート 5,450円
    毛皮付フード+2,000円~

    カラキヤ
    ジャケット 4,000円

    3,154円
    代引324円

    料金に含む
    コート 5,200円
    毛皮付フード+1,500円

    リナビス

    1,560円(5点パックの場合)
    毛皮付フードは1点換算

    無料

    1点980円

    白洋舎

    百貨店などに入っていることも多く、高級衣料の取り扱いにも慣れている大手クリーニング店。全国に店舗も多く、店舗持ち込みか集配サービスかを選ぶことができます。高級ダウンを預ける際にはクリスタルクリーニングコースを選択しましょう。このコースはハイグレードな衣類のデザイン、素材に合わせた水洗いが可能。しみ抜きや補修のメンテナンスも含まれます。

    カラキヤ

    カナダグースのホームページでも公式推奨している、港区高輪に店舗を構えるクリーニング店。特殊素材のコートのクリーニングや修理まで行っていて、高級衣類の洗浄技術に長けています。店舗はここだけのため、持ち込み以外は宅急便での依頼が必要。シミや汚れを付きにくくするために撥水加工も料金に含まれています。

    リナビス

    兵庫県にある宅配型のクリーニング店。高価なものも普段着も愛着のある服には変わらないという概念から、衣類の種類ではなく数によって料金が決められています。預けられた衣類を一点一点職人の目で汚れを分析、その服に合った最適な洗い方でクリーニングしてくれるお店。

    このように各社料金は様々ですが、どの店舗も最適な方法で高級ダウンを取り扱っていることがわかります。

    白洋舎とカラキヤは高級ダウンジャケット1着あたり、9,000円前後のクリーニング代が必要になります。大切なダウンのための出費となれば仕方ありませんが、リナビスは同じ仕上がりで1着あたりの金額は4,100円と破格の安さ。白洋舎とカラキヤに比べても半額以下です。なぜこの価格でクリーニングが可能なのでしょうか。

    【高級ダウンのクリーニング】リナビスが安くて高品質なワケは?

    高級クリーニング

    リナビスは白洋舎とカラキヤと同レベルの仕上がりにも関わらず、1着あたり4,100円でクリーニングができます。ここではリナビスの安さの秘訣と、リナビスが高級ダウンにとっていい理由を検証してみました。

    リナビスの安さの秘訣

    リナビスの安さの理由はここにあります。

    ◆どんな衣類もOKのパック制だから割安
    リナビスのクリーニングは5点、10点、20点コースの3種類。衣類の種類ではなく、枚数で金額が変わります。そのため、枚数が多ければ多いほどその分金額は下がります。高級ダウンを5枚出しても1枚当たりの金額は1,560円と変わりません。

    ◆経営コストを削減した分を顧客に還元
    リナビスは支店を持たないクリーニング店。そのため物件の維持費や人件費を最小限に抑えることができます。また、リナビスの工場は兵庫県西脇市という人口3万人の小さな田舎町にあるため、広々とした敷地の割に土地代が安いというメリットがあります。このコスト削減によりもたらされた収益があるからこそ、クリーニング代の値下げが実現できるのです。

    リナビスが高級ダウンにいい理由

  • 高級ダウンの取り扱いに精通
  • 乾燥機を使わず時間をかけて手作業で仕上げ
  • 素材や汚れによって洗い方を変える独自の手法
  • リナビスはクリーニング業界の中では比較的小さなクリーニング店。小規模だからこそ、汚れ具合を職人の目で一つ一つ検品し、手仕上げでクリーニングすることにこだわりがあります。そのため品質は専門店と変わらない丁寧な仕上がり。ただし、会員数は1万人を限度とし、受注量や保管容量の上限に達した場合は注文の受付を終了しています。

    高級ダウンにはリナビスの保管サービスが最適

    大切なダウンをクリーニングしても、来シーズンまで最適な環境で保管しなければ良い状態を保てません。高級ダウンは保管環境も大事。ここではリナビスの保管サービスのメリットについて紹介します。

    【メリット1】6カ月間無料で保管OK

    保管サービスは1着いくらと有料のお店が多い中、リナビスは追加料金ナシで最大6カ月間無料で大切なダウンを預かってくれます。

    【メリット2】湿度も温度管理も万全

    リナビスの工場の中には「長期保管用倉庫」があります。倉庫の照明は衣類が日焼けすることが無いようLEDが採用され、湿気やホコリ、カビなどの心配が必要ない最適な環境で保管されています。

    【メリット3】自宅の収納スペースがスッキリ

    かさばるダウンはクローゼットの中では邪魔な存在。また、ダウンを定期的に出して虫干しする手間も省けるので一石二鳥です。

    【メリット4】急に必要になった時も対応OK

    6カ月の保管を頼んだけど、寒くなってきたので少し早めにダウンが着たい…。そんな時は電話で連絡すれば期日より前でも出荷してくれます。

    高級ダウンはシーズンオフのお手入れにも気を使います。リナビスでクリーニングするなら保管サービスを利用しないのは損。かさばる冬物はリナビスに預けてクローゼットをスッキリさせてしまいましょう。

    まとめ

  • 高級ダウンのクリーニングはメーカーの頻度に合わせる
  • クリーニングは高級ダウンの扱いに慣れた店を選ぶ
  • リナビスなら低価格で高品質の仕上げ
  • 高級ダウンは着用回数が少なく、目立った汚れが無いようなら毎回クリーニングに出す必要はありません。ただし、収納する前にお手入れはしっかりと行ってください。長く愛用するためには、何もしないでクローゼットに入れるのだけはNGです。

    また、保管サービスを利用すれば自宅の収納スペースはスッキリする上にお手入れも不要。リナビスは他の店と比べても高級ダウンの取り扱い件数が多く、タトラスやカナダグース、デュベティカのほかにもモンクレールなど様々な高級ダウンを毎日のように扱っています。

    クリーニングに出すと高いダウンやコート、スーツなど、家族分の衣類を5枚まとめてリナビスに出せば、ブランドダウンもとても安くクリーニングできます。この機会にぜひ預けてみませんか?

    下記のレビュー記事では高級ダウン「モンクレール」を実際にリナビスを利用した感想を紹介しています。安くクリーニングできた上、仕上がりにもとても満足だったので、興味がある方はぜひ読んでみて下さい。

    モンクレールリナビスでクリーニング

    【モンクレールダウン】宅配クリーニングリナビスに出してみた


    同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

    高級ダウン

    【タトラス・カナダグース・デュベティカ】高級ダウンをクリーニングしてくれるのはどこ?

    タトラスやカナダグースなどの高級ブランドダウン、一般のクリーニング店に出しても大丈夫なのでしょうか。高いお金を […]

    記事の続きを読む
    マッキントッシュ

    ゴム引きコート・マッキントッシュの汚れの落とし方

    マッキントッシュコートは、素材や縫製が特殊なことからクリーニングが難しいとされています。ではコートが汚れたらど […]

    記事の続きを読む
    カーテン洗濯

    【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

    なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

    記事の続きを読む
    ゴアテックスの洗濯i

    【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

    防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

    記事の続きを読む
    ドレスクリーニングi

    ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

    友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

    記事の続きを読む

    Copyright© 2019 

    ページトップ