TOP  >  布団の悩みや工夫  >  【カジタクの布団クリーニング】メリット・デメリット~料金~注意点を紹介

【カジタクの布団クリーニング】メリット・デメリット~料金~注意点を紹介

カジタク布団クリーニングページ

イオンが手掛けるカジタクの布団クリーニング。初めてでも利用しやすく人気があります。ここではカジタクの料金やメリット・デメリット、注意点など、どこよりも詳しく紹介していきます。

もくじ

1.カジタクの布団クリーニング2つの特徴
2.布団クリーニング料金一覧
3.無料・有料サービス
4.注文~戻ってくるまでの流れ
5.カジタク布団クリーニングの口コミ
6.布団クリーニングの注意点
7.カジタクのメリット・デメリット
8.カジタク布団クリーニングQ&A
9.まとめ

カジタクの布団クリーニング2つの特徴

カジタク布団洗濯

(画像はメーカーサイトから引用)

1.除菌や脱臭に特化したオゾン水を使って洗浄
オゾン水とは、水にオゾンを溶かしたものになります。オゾンは、簡単に言うと除菌や脱臭効果が非常に高く、食品添加物としても国から認められている酸素の同素体です。

カジタクのクリーニングでは、このオゾンを溶かした水を使って洗濯します。オゾンは布団に潜む菌や臭いの元を分解。しかも、オゾンは時間が経つと酸素に変わるため、地球にもやさしいのです。

洗濯は洗剤だけでなく、使用する水も仕上がりを左右します。例えば、お風呂の残り湯で洗濯するのと、きれいな水で洗濯するのとではニオイや菌の多さが違います。カジタクでは普通の水よりも除菌、脱臭効果の高いオゾン水を使っているため、汚れ落ちやニオイをより効果的に除去することができます

2.布団の素材や種類に合わせて、乾燥方法を使い分け
カジタクの布団乾燥の基本は、70℃以上の高温で1時間以上です。しかし、布団の生地や中身の素材、種類に応じて、乾燥する機械を変えて乾燥させるカジタク。

コインランドリーのような乾燥機を使用したタンブラー乾燥、台に布団を敷いた状態で乾燥させる平面乾燥、時間をかけて遠赤外線乾燥室でじっくり乾燥させる方法、天日干しなど布団を傷めない乾燥方法を選びます。

豊富な種類の乾燥機を所有しているのも、大手イオンの強みですね。布団は、綿と羽毛でも乾燥時間は変わります。カジタクは、素材に合わせてベストな乾燥方法で布団をクリーニングします

カジタクの布団クリーニング料金一覧

出す
点数
利用方法料金1枚あたりの料金
2点梱包:圧縮袋なし
返却:圧縮袋なし
11,800円5,900円
3点梱包:圧縮袋使用
返却:圧縮袋なし
17,000円5,666円
3点梱包:圧縮袋使用
返却:圧縮袋使用
14,000円4,666円
※税抜き

カジタクは、2点パック、3点パック、圧縮袋利用の3点パックの3種類になります。3点パックだけ2種類ありますが、返却時に圧縮袋で戻すか、ふわふわのまま戻すかで料金が変わります。

料金に含まれるもの
往復送料(※沖縄・一部離島は除く)、布団専用集荷キット、クリーニング代、3点パックのみ梱包用の圧縮袋3枚分

集荷キットは2点も3点も同じサイズです。そのため、3点(返却時圧縮袋を使用する、しないどちらも)布団を集荷キットに詰める際は、必ず圧縮袋を使用しないと布団は全部入りません。3点パックには集荷キットと一緒に圧縮袋が3枚届きます。圧縮袋1枚に布団1枚を入れ、それぞれ圧縮し集荷キットに梱包します。

カジタク公式へ飛ぶ

無料・有料サービス

カジタクのしみ抜き

(画像はメーカーサイトから引用)

【無料サービス】
●簡易のしみ抜き
●梱包用圧縮袋3枚

【有料サービス】
●保管(最長9か月)
→1パックに+1,000円(税抜き)

カジタク:注文~戻ってくるまでの流れ

◆注文の流れ◆
1.カジタク公式サイトで該当する点数の「購入するボタン」をクリックします。保管を利用する際は、保管サービスをチェックします。
2.購入者情報(名前・住所・電話番号、支払い方法など)を入力

◆集荷キット到着・発送→自宅に布団が届くまでの流れ◆
1.注文してから2~6日後に集荷キットが小さな段ボールで届く
2.集荷キットに同封されている利用案内にそって、カジタクサイトで集荷の日時、掛や敷、羽毛や綿といった布団の種類、保管付きの場合は返却日時、保管なしは返却時間の指定をし入力します。
3.依頼する布団を梱包
4.指定した集荷日時に来る佐川急便に布団を渡す
(この際、記入するもの支払うものなし)
5.●保管あり
→指定した返却日時に届く
 ●保管なし
→自宅から発送して最短10~24日で届く
 繁忙期(3~5月・9~10月)は4週間~6週間で届く

カジタク布団クリーニングの口コミ

東京都 40代
3点パック 17,000円 掛布団×1枚 敷布団×2枚
圧縮袋に抵抗があったため、圧縮しないで戻ってくるパックを利用しました。クリーニングされた布団は1枚ずつビニールに入って戻ってきました。クリーニング前と比べてボリュームが増した感じです。

でも私もちゃんと確認しなかったのも悪いんですが、圧縮なしのパックでも家で荷造りするときに圧縮袋に入れないといけません。だったら、圧縮袋で戻ってくるパックを利用したほうが安いなと思いました。


カジタク公式へ飛ぶ

カジタク、クリーニングの注意点

カジタクは、ものによって複数枚で1点として計算

カジタク点数計算表

(画像はメーカーサイトから引用)

カジタクは、布団の種類によって、複数枚で1点と計算しクリーニングに出すことが可能です。一般的な布団(シングル~ダブル)は、1枚で1点です。しかし、こたつ布団は上下1組で1点になるため、点数計算を間違えないように注意しましょう。

【◎利用できる布団】
・羽毛布団、羊毛布団、化繊布団、木綿布団
・掛、敷どちらでもOK
・シングル~キングサイズ、どのサイズでもOK
(シングル~ダブルは1枚1点計算、クィーン~キングは1枚で2点計算)
・こたつ布団(上下1組で布団1点)
・ベビー布団、ベッドパッド、肌掛け布団、夏掛け布団(2枚で1点分)
・毛布(3枚で1点)

【☓利用できない布団】
・低反発素材の布団
・ウレタン素材のマットレス
・電気布団、電気毛布
・綴じ目のない布団
・絹わた(真わた)、固わた布団
・遠赤外線、備長炭、磁石入り布団
・かいまき布団

保管を利用しない場合、返却日指定ができない

保管なし利用だと、「この日に返却!」とドンピシャの日を返却日に指定できません。しかし、曜日の指定はできます。平日、土曜、日曜の3つから選択し、時間の指定も可能。ただ、クリーニングがいつ終わるのかは、工場の状況によって予測がつきません。

閑散期は自宅発送から10~24日で返却されますが、繁忙期(3~5月・9~10月)は4週間~6週間かかります。閑散期、繁忙期もその年の気温によって変動することもあり、いつ戻ってくるかはわかりません。

カジタクからの返却メール(工場発送メール)も特にないため、指定した曜日と時間に突然戻ってきます。1ヶ月~1ヶ月半の余裕を持って利用しましょう。

カジタク公式へ飛ぶ

カジタク布団クリーニングのメリット・デメリット

■リネットのメリット
・簡易のしみ抜きとは言え、汚れはキレイに落ちる
・クリーニング後に1枚ずつビニールパックされるため、清潔をキープできる
・保管サービスを安く利用できる
・布団の返却住所を変更することが可能

■リネットのデメリット
・3点パックの料金は他社と比較すると1~2割高い
・布団3点を依頼する際は、梱包時に必ず圧縮袋を使用しないといけない
・保管なしだと返却日が指定でず、連絡も特にない

カジタク公式へ飛ぶ

カジタク布団クリーニングQ&A

カジタクの布団保管庫

(画像はメーカーサイトから引用)

Q:保管サービスについて詳しく知りたい
A:保管サービスには別途で1,000円かかります。例えば、2点パックに保管サービスを追加すると、通常料金11,800円に+1,000円され、トータル12,800円になります。追加料金は、布団1枚に対して+1,000円ではなく、パックに対して+1,000円です。

保管期間は最長で9か月。4月に利用すれば最長12月まで保管可能です。9か月の間であれば返却日はどこでも指定できます。

カジタクには保管専用の倉庫があり、温度湿度が一定に管理されています。カビやダニの心配もありません。

Q:急に布団が必要になった!指定日より早く返却は可能?
A:保管で依頼している場合のみ、返却日を変更することができます。ただし、返却希望日の2週間前までにカジタクに連絡を入れることが条件です。
Q:3点お願いしたいが、圧縮袋を使いたくない。そのまま送ってもいい?
A:肌掛け布団や夏掛け布団といった薄手の布団を含む際は、そのまま梱包することは可能です。しかし、羽毛布団や敷き布団といった一般的な布団の3点だと、圧縮袋を使用しないと専用キットに入りません。専用キットは思っているよりも小さいです。
Q:支払い方法は?
A:支払い方法はクレジットカード払いのみです。
Q:キャンセルできる?
A:布団を自宅からカジタクに発送する前であればキャンセルは可能です。その際、カジタクキャンセル受付フォームから手続きをします。ただし、工場に送ってしまってからはキャンセルできません。

カジタク公式へ飛ぶ

まとめ

カジタク4つのポイント

  • 除菌や脱臭に効果的なオゾン水を使って洗濯
  • 圧縮袋の利用で料金が安くなる
  • 1パック+1,000円で最長9か月の保管が可能
  • 保管なしは布団返却日の指定ができない

カジタクの料金は相場と比べ、2点パックは同等、3点パックは高めです。ただ、他社では少数しかやっていない保管サービスが、安く利用できることは魅力です。保管サービスを付けると、他社はかなり高くなります。カジタクは保管サービスがかなり安いため、保管の利用であればトータル料金は相場より安くなります。

そして、カジタクのオプションサービスは、あまり充実していません。無料で付いている唯一のサービスしみ抜きにも、「簡易」と記載されています。「簡易」だからそこまで落ちないかな…と期待せず、実際に利用してみましたが、意外とキレイにしみが落ちていました。「簡易しみ抜き」とありますが、丁寧に対応している印象です。

布団クリーニング後、保管を利用したい際は、カジタクはかなりお得です。一度カジタク公式ホームページをご覧ください。

カジタク公式へ飛ぶ


同じカテゴリー「布団の悩みや工夫」の一覧

リナビス保管

布団の保管付きクリーニングは、宅配のリナビスがおすすめ

布団の保管付きクリーニングは「リナビス」がおすすめ。布団を保管してくれるクリーニング店は他にもありますが、リナ […]

記事の続きを読む
敷布団のへたり

敷布団のへたりを復活させるにはクリーニングの丸洗いが最適

へたった敷布団は天気のいい日に干しても、簡単には戻りません。布団のへたりはどうやったら戻るのでしょう。ここでは […]

記事の続きを読む
ふとんリネットで掛け布団クリーニング

掛け布団クリーニングは「ふとんリネット」が安い、まとめ出しが更にお得

汚れや臭いが消えない掛け布団のクリーニングは、ふとんリネットがおすすめです。今回は、ふとんリネットの料金や品質 […]

記事の続きを読む
敷布団クリーニングが安い店

【敷布団のクリーニングが安い店】枚数別に最安値を紹介

敷布団をできるだけ安くクリーニングに出したい。店舗型のクリーニング店は比較的安いが、敷布団は運ぶのも大変。そこ […]

記事の続きを読む
布団のカビにおすすめ

カビが生えた敷布団におすすめのクリーニング店は「ふとんリネット」

カビが生えてしまった敷布団は、どの店に出したらいいか迷います。布団のカビを取りたいなら、丸洗いしてくれるクリー […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ