TOP  >  クリーニング活用術  >  スーツのクリーニングっていくら?安くて品質も良いお店はここ!

スーツのクリーニングっていくら?安くて品質も良いお店はここ!

スーツいくら-1
毎日着るスーツだからこそ、社会人として清潔を保ちたい。そこで、スーツ上下をクリーニングに出すと大体いくらかかるのか、店舗型、個人経営型、宅配型別に料金を調べました。

もくじ

1.スーツのクリーニング料金、相場を調査
2.店舗によって金額に差がある理由
3.スーツをクリーニングに出すならネクシーが良い
4.まとめ

スーツのクリーニング料金、相場を調査

<スーツのクリーニング料金>

 店名上着ズボン上下合計
店舗型ポニー700円500円1,200円
ホワイト急便480円350円830円
うさちゃんクリーニング580円350円930円
白洋舎1,230円670円1,900円
個人型カラキヤ
設定なし
2,100円
ル・サンク2,500円
宅配型リネット
(月額390円)
950円660円1,610円
ネクシー
(月額150円)
810円560円1,370円
洗宅倉庫
(月額280円)
680円480円1,160円
※税抜き

店舗型の特徴

街でよく見かけるクリーニング店はその多くがチェーン展開のため、工場は別の場所にあり、そこでまとめて洗浄、プレス、仕上げまで行っています。工程もライン化されていて、作業は基本的にパート・アルバイトの従業員が行います。一度にたくさんの衣類を洗うことでコストを下げ、低価格でのクリーニングを提供しています。ただし、加工やオプションは有料になります。

個人経営型の特徴

ここで言う個人店とは、受付から仕上げまでその店舗内で対応しているお店を指します。全ての工程を専門の職人が行い、1着1着細部まで丁寧に仕上げてくれることが特徴。スーツは上下セットで1つの商品と考え、単品での取り扱いはしていません。よって金額は高くなる傾向があります。

宅配型の特徴

自宅まで集荷、配達をしてくれるので、店舗に出向く必要がない宅配型。店舗型と違い顔が見えないため検品には時間をかけ、その場で見つかったシミも無料で落としてくれます。宅配型は無料オプション(ボタンやほつれ補修など)が多いことも特徴の1つです。1着など依頼するスーツが少ないと送料がかかりますが、一定の金額を超えると送料は無料になるので何着かまとめて出すのが賢い方法。

【スーツのクリーニング】店舗によって金額に差があるのはなぜ?


店舗型のクリーニング店は金額が安いだけでなく、当日中に仕上げてくれるなど、スピードの面でも個人店や宅配型より優れています。この2つに関しては個人店と宅配型はチェーンの店舗型にはかないません。

そこで個人店は1着に時間と手間をかけ、「高品質」に仕上げることで店舗型との差別化を図っています

宅配型はクリーニング料金そのものはチェーン店舗型とそう変わりません。ただ、配達に送料がかかってくるため、どうしても割高に感じてしまいます。宅配型は送料を無料にする手段として「何枚かまとめて」出すことを奨励しています。また、仕上げは手仕上げで行う、しみ抜きや毛玉取りなどの付加価値を付けることで宅配型は店舗型との差別化を図っています

スーツをクリーニングに出すならネクシーが良い


チェーン店舗型、個人経営型、宅配型の中でも、スーツをクリーニングに出す際にメリットが大きいのが宅配型の「ネクシー」。ここでは、ネクシーが良い理由を説明します。

【理由1】スーツとワイシャツが対象のビジネスコースがある

ネクシーを利用するには会員登録が必要です。そのコースは下記の3通り。

ネクシーの会員コース
スタンダードコース会費無料
ビジネスコース月額150円
メンバーズコース月額300円
※税抜き
スタンダードコースは月会費は一切かからず、定価でクリーニングに出せるコース。メンバーズコースは全ての衣類が割引対象になりますが、月会費は300円かかります。スーツやワイシャツなどの仕事着しかクリーニングに出さないなら「ビジネスコース」がおすすめ。月会費は150円と他社と比べてもかなり安い上、お得な特典が受けられます。

ネクシー公式ページはこちら

【ビジネスコースのお得な特典】

  • 常に会員割引
  • 3,000円以上で送料が無料
  • 次回の利用がお得になるクーポンプレゼント

宅配クリーニングで気になるのが送料。ネクシーでは合計金額が3,500円を超えると送料が無料になります。ただし、ビジネスメンバーは3,000円以上で送料が無料。スーツ2着~3着、もしくはスーツ2着にワイシャツ2着で3,000円強になるので、組み合わせ次第でいくらでも送料無料特典が受けられます。

【理由2】次回利用できるクーポンも充実

ネクシーでは毎回仕上がった衣類と一緒に、ランダムに選ばれたクーポンが届きます。次回の利用が30%オフになるなどお得なクーポンもあり、店舗型のスーツ料金より安くクリーニングすることも可能です。お店でクーポンを出すのは気恥ずかしさもあります。でも、ネクシーはネット申込みなので、クーポンを出す気恥ずかしさも一切ありません。

【理由3】ネクシーのスーツクリーニングは全品手仕上げの高品質

ネクシーのスーツのクリーニング料金は1,370円。この料金にはたくさんのサービスが含まれています。
1.徹底した検品
対面型の店舗と違い、直接衣類の汚れや特徴を説明することができません。そのため検品には時間をかけ、それぞれの衣類や素材に合った方法で洗浄します。
2.全て手仕上げ 
最終的な仕上げは、必ず人の手で行うのもネクシーの特徴。機械では気づくことができない細部のシワもプロの手で仕上げてくれるのがうれしい。
3.しみ抜き、簡易補修も無料
検品で見つけたシミは衣類を傷めることなく落としてくれます。また、ほつれ直しやボタン付けなどの修理も無料で対応。洋服を大切に扱うネクシーの気持ちが伝わってきますね。

◇たたみジワが無いから即着られる!「ハンガーボックス」のオプション◇
宅配クリーニングはスーツが段ボールに畳まれて届くため、たたみジワが付いてしまうことがあります。ネクシーでは吊るしたままの状態で届く「ハンガーボックス」のオプションがあります。ボックス1つの金額は2,300円。大きさは幅が48センチ×奥行48センチ×高さ100センチのダンボール製。受取り時に回収してもらえば廃棄する手間もかかりません。

ネクシー公式ページはこちら

まとめ

  • スーツのクリーニング料金は、店舗の形態によって差がある
  • 金額、品質、利便性の3つに優れているのは、宅配型のネクシー
  • ネクシーは、月150円のビジネスメンバー登録で割引に

スーツをクリーニングに出すには、チェーン型、個人経営型、宅配型の3種類から選ぶことができます。それぞれに利点があり、金額もさまざま。

ここで紹介した宅配型のネクシーは、スーツを丁寧に仕上げてくれるだけでなく、しみ抜きや簡易補修などの無料オプションも充実しています。

金額の面では初回半額キャンペーンといった派手さはないものの、仕上ったスーツと一緒にクーポンがもらえるので、次回お得に利用することができます。価格はチェーン店と差はないのに個人店にも劣らない高品質。それに加えて宅配型の利便性を考えたら、ネクシーに出してみる価値はあると思います。

ネクシー公式ページはこちら


同じカテゴリー「クリーニング活用術」の一覧

水辺に座るダウンの人

モンベルのダウンをクリーニングするならリネットへ、ふっくら暖かさも復活

とっても軽くて保温性の高いモンベルのダウンも、着ているうちにぺちゃんと厚みが減ってきたり、重みが出てくるもの。 […]

記事の続きを読む
丁寧リナビス

丁寧に仕上げてくれる宅配クリーニングはココ!高級衣類も安心

大切な衣類、クリーニングで失敗したくないですよね。数十万するような高級ブランドのダウンコートでも、安心して出せ […]

記事の続きを読む
モッズコートせんたく便

【モッズコートのクリーニング】ファー付きも「せんたく便」におまかせ

男女・年齢問わず、冬の定番アイテムで大人気のモッズコート。家で洗濯できる生地もありますが、心配なのが色落ちと、 […]

記事の続きを読む
クローゼット

【クリーニング預かりサービス】保管前と出荷前の2回洗浄はネクシーだけ

クリーニングに出した衣類を次のシーズンまで預けられたら、収納場所も取らずとても便利ですね。私が選んだのは、ネク […]

記事の続きを読む
仕上がりリナビス

クリーニング仕上がりが良い店はリナビス!料金から口コミまで紹介

仕上がりの良いクリーニング店はどこ?宅配クリーニングを数社利用してきた私のおすすめは「リナビス」です。私がリナ […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ