TOP  >  失敗談・トラブル  >  信頼してたクリーニング店で2度もボタン破損。店員の応対にも腹が立ち、利用をやめる

信頼してたクリーニング店で2度もボタン破損。店員の応対にも腹が立ち、利用をやめる

1669

5年近く利用していた川崎市高津区にあるチェーン店のクリーニング店で、主人のワイシャツのクリーニングでトラブルがありました。

取扱注意で依頼したのに、2回目のボタン破損。クリーニング店からは何の報告もなし

こちらのクリーニング店は、川崎市内に数店舗支店がありました。店員さんも丁寧に対応してくれるので夫婦の洋服、布団カバーなどあらゆるものを安心して預けておりました。トラブルは今年初めのことでした。

主人のブランドもののワイシャツをクリーニングに出した時の事です。このワイシャツは壊れやすいボタンで以前クリーニングに出した時も割れて戻ってきたため、取り扱い注意で作業してもらうようお願いしました。この時自費で全てのボタンを付け替えたばかりでしたので、店員さんにも了承してもらい、預かってもらいました。

1週間後、商品を取りに行き確認すると、またボタンが割れていることがわかりました。こちらがトラブルに気付くまでクリーニング店側からは何も報告はなく、その時点で少しモヤモヤしてしまいました。ボタンが割れている旨を伝えると、謝罪があり、店側の連携が取れていなかったことを認めました。

ボタンが破損するくらいなら、取り扱い出来ないと断ってほしかった

以前も同じクリーニングトラブルがあり、こちらで修理のお金を出して新たにボタンを付け替えました。今回もボタンが割れる心配があるなら特別なクリーニング方法を提案してくれたり、むしろ取り扱い出来ないと断ってもらっても良かったと感じていました。

すると、店側から、「ボタンの修復代金を弁償させて欲しい」とお詫びをしていただきました。これにはお客に対し誠意を感じ、お願いすることにしました。そして、店員は責任者に電話をし、事情を話しました。責任者も事柄を了承し、弁償していただくことになりました。

すると、店員が、「返金の際に印鑑が必要なのですが、お持ちですか」と聞いてきました。持ち合わせていなかったため、その旨伝えると電話口で、「お客様が印鑑を忘れたと言っています」と説明しているではありませんか。私は、何だがこちらに非があるように言われた気がして、腹立たしい気分が復活してしまいました。

クリーニング店員の言動に怒り倍増。弁償してもらうも、もう二度と利用しない

その時の言い方や表情も、怒りを倍増させました。そこで、店員に、印鑑に関しては「今言われたし、忘れたわけではない」と伝えると、不本意な表情で謝罪。ボタンの修復代金は弁償してもらったものの、何だか後味の悪い出来事でした。

その後、こちらのクリーニング店は一切利用していません。外から店の雰囲気を覗くと、同じ店員が店内のテレビを見ながら寛いでいます。昔からの店舗で常連さんも多いことから、それほどサービスなどを重視しなくても利用されるのでしょう。

しかし、安価なクリーニング店が増えてきた現代、今後このクリーニング店がどうなるのか見守りたいと思います。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「失敗談・トラブル」の一覧

ブランドコートのボタン破損でクリーニング店とトラブル。一時はクレーマー扱い

自分はコートをクリーニングに出してボタンなどが破損して返ってくるトラブルに遭いました。特殊なコートらしく、ボタ […]

記事の続きを読む

クリーニング染み抜き料金返せ!「どんなシミでも落とします」に騙された

幼稚園の先生をしていたときのことです。先生の制服は薄いピンク色とクリーム色のスモックでした。薄い色なので汚れが […]

記事の続きを読む

【変色トラブルでクレーム】再クリーニングで色移りしたニットが元戻りに

オフホワイトのタートルネックのニットをクリーニングに出しました。出した先はチェーン店のクリーニング屋です。出す […]

記事の続きを読む

格安の宅配クリーニング店で失敗!いつまで待ってもスーツが届かない

これは私がインターネットで見つけた格安クリーニング店を利用したときの話です。産後まもない時期に、外出ができなか […]

記事の続きを読む
汚れが落ちていないワイシャツ

【クリーニングは品質重視】いくら安くても、汚れが落ちない店に用はなし

群馬県にあるクリーニング屋さんでの話。近年できたようで、市内に何軒かあるチェーン店。かわいい黒いうさぎの絵が書 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ