スキーウェアのクリーニングはリナビスがおすすめ

スキーウェア

スキーウェアのクリーニングは、宅配の「リナビス」がおすすめです。その理由は2つ。1つは、スキーウェアについたシミ汚れを無料でキレイにしてくれること。2つ目は、スキーウェアクリーニング後、来シーズンまで無料で保管してくれることです。リナビスの充実している無料サービスから、クリーニング料金まで詳しく紹介します。

リナビスの無料サービスとスキーウェアクリーニング料金

リナビス動画

リナビスは、スキーウェアを自宅まで取りに来てくれる宅配クリーニングです。注文方法は簡単。公式HPから申し込みます。自宅に専用の集荷袋が届くので、スキーウェアを入れて宅配業者を呼んで渡すだけ。リナビスのお得な無料サービスとスキーウェアクリーニング料金について見てみましょう。

リナビスの無料サービス

スキーウェアのクリーニングで宅配のリナビスをおすすめする最大の理由が、数々の無料サービスです。お得なので詳しく紹介します。

(1)スキーウェアに付いたシミ汚れは無料でとってくれる

リナビスは、スキーウェアのシミを無料でとってくれます。他店では1点500~1,000円位するしみ抜きが、リナビスでは無料。リナビスのしみ抜きは、国家資格を所有する熟練スタッフが手作業で検品、そして丁寧にシミを取り除いてくれます

気になるシミ汚れ箇所は、こちらから指示することも可能。注文時、しみ抜きオプション(無料)を選ぶと、指定した点数分「指示カード」が、集荷袋と一緒に送られてきます。気になるシミ汚れ箇所を指示カードに記入して、スキーウェアに取り付ければ完了です。

(2)来シーズンまで無料で保管してくれる

リナビスはスキーウェアを無料で最大9ヶ月保管してくれます。他店では保管料が発生するのに比べ、リナビスは無料です。スキーウェアを保管するリナビスの倉庫は、空調設備が整っており、温度や湿度の管理がされているので、カビやダニなどの心配はありません。

スキーウェアの返却日とお届け時間は、注文確定後マイページより指定することができます。一度、返却日を設定すると、変更ができないので、スキーウェアの返却は余裕をもって指定しましょう

(3)簡単な修繕なら無料でやってくれる

リナビスはスキーウェアのほつれも無料で修繕してくれます。また、スキーウェアのボタンも無料で修理してくれます。欠損の場合は、似たようなボタンで対応してくれます。

(4)仕上がりに満足出来ない場合、無料で再洗いしてくれる

リナビスはクリーニングの仕上がりに満足できなかった場合、無料で再洗いしてくれます。例えば、スキーウェアの袖部分の汚れが落ちていなかった、そのような理由でも再洗いの対象です。

ただし、しみが取れない旨を記載したカードが、スキーウェアと一緒に入っていた場合、生地を傷める可能性があるため、再仕上げの対象外になります。再仕上げは、返却から1週間以内に電話やメールで連絡する必要がありますので注意しましょう。

リナビスのスキーウェアクリーニング料金

リナビスのスキーウェアクリーニング料金です。リナビスは、クリーニングする衣類の点数ごとに、料金が設定されています。衣類の点数が多いほど、1点あたりの料金が安くなるシステム。宅配にかかる往復送料は無料です

 料金1枚あたり
5点コース7,750円1,550円
10点コース1万700円1,070円
15点コース1万8,600円930円
※税抜き表示

◆1点のカウント方法
スキーウェア(上)1点
スキーウェア(下)1点
つなぎ1点
子ども用スキーウェア140センチ以下は、2点で1点の扱い◆スキーウェアのファーについて
取り外しのできるリアルファーの場合、別途1点としてカウントします。取り外しができないもの、またフェイクファーは、スキーウェア(上)1点に含まれます。

 

【スキーウェア】リナビスに出してみた

スキーウェアに付けると良いリナビスの撥水加工オプション

クリーニングしたスキーウェアに撥水加工オプションを付けることができます。撥水加工は、雨などの水をはじく効果があります。撥水加工の効果が持続する期間は、スキーウェアの使用頻度や天候、ゲレンデのコンディションによって違いますが、ワンシーズンに1回は付けておきたいオプションです。

撥水加工
1点、979円
※税抜き表示

耐水性の低いスキーウェアこそ、その効果が実感できます。以前、5分で水が染み込んでしまう耐水性の低いスキーウェアに、撥水加工をつけたところ、水の粒になってはじいたので驚きました。リナビスの撥水加工の効果は抜群です

→【リナビス体験談】スキーウェアに撥水加工をつけました

リナビスでスキーウェアをクリーニングするときのQ&A

クリーニングできないスキーウェアはある?

クリーニングできないスキーウェアあります。パスケースが劣化しているスキーウェアは、クリーニングの対象外です。他にも、スキーウェアの裏地がメッシュ素材のもので、生地が劣化していると内側からポロポロ出てきてしまう可能性があるものもクリーニングできません。

クリーニングできないスキーウェアを送った場合、そのまま返されます。返金されないので、注意しましょう。

保管なしは、何日で仕上がる?

リナビスはの保管クリーニングを利用しない場合、最短10日で仕上がります。公式HPのカレンダーで、最短の仕上がり日数が確認できます。リナビスの仕上がりは最短10日となっていますが、繁忙期は2週間位かかることもあります。

北海道でも送料無料なの?

北海道の送料は別途3,800円、お届け日数も+1日かかります。大雪など悪天候の場合、交通の状況によってはさらに遅れる可能性があります。

全部スキーウェアを入れてもいいの?

集荷袋に入れば、全部スキーウェアでも大丈夫。集荷袋の大きさは、縦45センチ×横50センチ×高さ40センチ。5点コースでも、10点コースでも、20点コースでも同じサイズです。圧縮袋を使って、集荷袋に入れても問題ありません。

リナビスはヤマトの集荷サービスを契約しているので、3辺の長さが160センチ以内であれば段ボールに入れて発送することも可能です。※圧縮袋、段ボールは自分で用意します。

【スキーウェア】リナビスに出してみた

まとめ

  • スキーウェアクリーニングはリナビスがおすすめ
  • リナビスは無料サービスが充実している
  • 無料で保管してくれるのはリナビスだけ
  • 10点コースは、1点あたり1,070円でクリーニングできる
  • 取り外しのできるリアルファーは、1点扱い
  • 140センチ以下のスキーウェアは2点で、1点扱い

 

スキーウェアのクリーニングはリナビスがおすすめ。リナビスの10点コースは、スキーウェアクリーニング料金が1点あたり1,070円です。近所のクリーニング店に出すと、料金が高くなるダウンコートや高級コートなどと、一緒に出すとお得に利用できます。

スキーウェアをクリーニングして、そのまま無料で預かってくれるリナビス。おせっかいなほど、嬉しいサービスが充実しています。注文方法も簡単なので、試してはいかがですか?

 

スキーウェアクリーニング後【スキーウェア】リナビスに出してみた