TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【花粉症対策】花粉の時期よりも早めに薬を飲み始めることで症状が緩和

【花粉症対策】花粉の時期よりも早めに薬を飲み始めることで症状が緩和

2069

今からちょうど20年前、まだ花粉症がそんなに騒がれていなかったころ、私は社会人になりました。冬から春先までは仕事が忙しく、睡眠不足の日々が続き、気付くと鼻水が止まらなくなっていました。

外干ししていた洗濯物、子供が花粉症と診断されてから部屋干しに

前の年まではこんなことがなかったので、花粉症になっているとは思いもよりませんでした。むしろ花粉症を認めるのが嫌でした。自宅は東京の西部で、山に近く杉の木と一緒に生活しているような環境でした。仕事で疲れているせいで風邪だと思い、花粉症では無いと言い聞かせていました。

この抵抗も2年目には無意味でした。また花粉症の症状が出てしまいました。花粉症の人が周りにはさほどいなく、辛さを分かってくれる人も少なかったです。この頃は注射と薬で症状を和らげていました。

最近では、周りにも多くの花粉症の方がいます。私よりも症状が重い人もいます。そして、花粉症が子供にも遺伝してしまいました。小学2年生の男の子ですが、去年から症状が出ました。子供が花粉症と診断されてから、洗濯物を家の中に干すようになりました。

私だけが花粉症のときは、天気が良いのに、外に干さないのはもったいないと言って、花粉にさらされていました。花粉の時期はベランダも汚れています。雑巾で拭くと花粉が飛んでいることが良くわかります。花粉の付いたタオルは、時に凶器と化します。確実に鼻水が出てきて、くしゃみも止まりません。

【親子で花粉症対策】外出時は花粉防止メガネを着用し朝食にはヨーグルトを

去年から花粉対策として、眼鏡を買い子供と一緒に掛けています。風が吹いていても、目を開けていられるので、大変重宝しています。子供はスーパー戦隊に変身したかのように、大変気に入っています。学校にも何人かいるようで、仲間意識が出ています。単純ですが、家の中に入る時は洋服に付いた花粉を、叩いてから入るようにしています。目には見えにくいですが、確実に違います。

食べ物でも花粉症対策をしています。花粉症にはヨーグルトが良いと言われており、日頃からヨーグルトを食べるようにしています。小学校2年生の子供も、毎朝ヨーグルトを食べさせています。今後はヨーグルトの種類を変えて、症状の変化を試してみたいものです。

一番効いているのは2月から3月まで飲んでいる薬かもしれません。花粉の時期より早めに飲み始めています。4月に入るとほとんど花粉症の症状が出なくなります。杉の木をあちこちで見かけます。花粉人口が増えている理由が納得できます。特効薬が先か、花粉の減少が先か、早いうちに開発されることを期待しています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む
ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む
ドレスクリーニングi

ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

記事の続きを読む
黄ばみの落とし方i

黄ばみの悩みを解決!自宅でできる衣類の黄ばみの落とし方

ちゃんと洗濯したはずなのに、白いシャツの襟や袖が黄ばんでる…この原因は落としきれていない汚れです。気になる […]

記事の続きを読む
服の保管i

服の保管はどこでする?保管付きクリーニングやトランクルーム等の預かりサービスを徹底調査

服の収納環境など悩みがあると、自宅以外に保管・収納サービスはないのだろうか気になります。最近ではそんな悩みを解 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ