TOP  >  みんなの洗濯事情  >  花粉対策機能が付いた空気清浄機のフル活用で症状が緩和し効果を実感

花粉対策機能が付いた空気清浄機のフル活用で症状が緩和し効果を実感

2075

毎年3月~4月、10月~11月くらいになると、鼻のあたりがムズムズしてきます。そして我が子も同じく、この時期にくしゃみから始まり、鼻詰まりで夜眠れないくらいで、親子で大変なことになります。

私が花粉症を発症したのは約4年前になります。それからというもの、季節の変わり目になるとマスクが手放せません。遺伝なのか息子の他、姉や弟も若い頃から花粉症持ちです。ですから、我が家では極力、寝具や衣類に花粉が付かないよう色々と対策をしています。

【花粉症対策】布団や布団カバーを外干しした後は、レイコップで花粉除去

まず、毎日使う布団ですが、多くのご家庭では週に1回や2回、お天気の良い日に布団を天日干しすると思います。しかし、花粉が多く飛散している日なんかに干してしまうと、目には見えないですが、布団にびっしりと花粉が付着していそうですよね。布団叩きでバシバシ叩いても、まだ付いてるんじゃないかと不安になります。

そこで、最近流行っているレイコップという布団クリーナーをついに購入しました。なんと、花粉だけでなく、ハウスダストやダニまでお掃除してくれるみたいです。小さいお子さんがいるご家庭やアレルギー体質の人には嬉しい機能ですね。布団の天日干しや布団カバーを洗濯して外干しした日は、必ずこのクリーナーを使うようにしています。

天気予報で花粉の飛散量をチェックし、多い日は洗濯物を部屋干しに

しかし、洋服はそういう訳にもいかず、天気予報で花粉量が多い日をチェックし、その日は部屋干しするようにしています。でも、なにせ乾くのに時間がかかりすぎるので、比較的花粉の少ない日は思い切って外干しにします。乾燥機でもあれば毎日でも使うと思いますが、金銭的な問題でなかなかそこまで手が伸ばせません・・・。

ですから、柔軟剤を使ったり、衣類を外から取り込む時にパタパタと手ではたくようにし、すぐに畳んでクローゼットやタンスにしまうなど、外干しの日はそういった対策をしています。外に出した日に帰宅する際は、玄関前で上着をはたきます。これは家族みんなにしてもらっていて、部屋着に着替える場合は必ず脱衣所で行います。

【花粉対策グッズの併用】花粉防止スプレーで顔や服に付く花粉をブロック

空気清浄機は一日中付けっ放しで、花粉用の機能も付いているので毎日使っています。これらの対策をしてきたおかげと言って良いのか、花粉症を発症した当初より遥かに症状が軽減しました。くしゃみや目の痒みで家事もままならないという日がまず無くなったことが嬉しいです。

これから新たに取り入れてみたい対策は、花粉ガードというスプレータイプのものです。頭や顔、洋服などにかけて花粉を寄せ付けにくくするものです。今年はぜひそれを使ってみようと思います。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

【ネクシー、リナビス、カジタク】保管付クリーニング3社を徹底比較

クリーニング後の保管サービスを扱うお店は数多くありますが、できれば安くて仕上りも良いお店に預けたいのが本音。こ […]

記事の続きを読む
高級ダウン

【タトラス・カナダグース・デュベティカ】高級ダウンをクリーニングしてくれるのはどこ?

タトラスやカナダグースなどの高級ブランドダウン、一般のクリーニング店に出しても大丈夫なのでしょうか。高いお金を […]

記事の続きを読む
マッキントッシュ

ゴム引きコート・マッキントッシュの汚れの落とし方

マッキントッシュコートは、素材や縫製が特殊なことからクリーニングが難しいとされています。ではコートが汚れたらど […]

記事の続きを読む
カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む
ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ