TOP  >  洗濯失敗談  >  アメリカ式洗濯機に悪戦苦闘!洗剤投入口と洗濯槽が繋がっていないなんて・・

アメリカ式洗濯機に悪戦苦闘!洗剤投入口と洗濯槽が繋がっていないなんて・・

s219

大学時代にアメリカに留学していた時の失敗談です。当時私が数人の友人とハウスシェアをしていた家は凄くボロくて、そこの家電製品も古いものでした。新しくて綺麗な家は沢山あったんですが、大学と仕事場に徒歩15分で行け、スーパーマーケットは徒歩5分と立地が大変良く、家賃も安かったので大学を卒業するまで住んでいました。

洗濯したのに洗剤のいい香りがしない。むしろ生臭い!

海外では家電は簡単操作のダイヤル式がメジャーなんですが、その家の洗濯機もダイヤル式の単機能の物でした。日本の洗濯機と比べると大分レトロに見えるようなもので、日本の二層式洗濯機を少しアップグレードして一層式にした感じです。

それでも洗剤を洗剤入れのところに入れ、ダイヤルを回してあげればしっかり洗濯、脱水はしてくれ、働きには何も問題はありませんでした。1人暮らしなので、大体週1~2回洗濯機をまわしてました。そんな感じで半年ほど過ごしていたんですが、洗濯が終わった後毎回疑問に思うことがあったんです。

洗剤のいい香りがしていいはずなのに、全くしない。何でだ?私は海外製の柔軟剤は香りがきつくてあまり好きではなく、使っていなかったのでそのせいかな?なんて思ってました。なので1つ洗剤を使い終わるたびにハウスメートや友人にどの洗剤が香り長持ちするかを聞きました。

お勧めの香りの洗剤で、今度こそきっといい香りの洋服が着れるぞ〜なんて期待して洗濯洗剤を購入していました。ですが半年ほど経ったある日、干している洗濯物の匂いを嗅いでふと気づいたんです。なんか生臭い。これは洗剤の香りが弱いどころじゃない。全く洗剤の香りなんかしないぞ。

洗剤は衣類を洗濯することなく、そのまま排水溝へ。水洗いで半年も洗濯してました

これはおかしい!と思い、洗濯機の洗剤入れをチェックし、洗剤入れにある穴がどこに繋がってるのか見てみました。そうしたら、洗剤入れの穴、全く洗濯槽には繋がってなかったんですよね。洗濯槽脇に洗剤が溜まってるだけでした。

私は半年もの間ずっと洗剤を横に垂れ流し、肝心の洗濯物たちは水洗いをしてたんです。洗濯物がいい香りにならないのは洗剤の所為じゃなく自分のせい(洗濯機のせい?)だったんですね。むしろよくそれまで洗濯物が臭くならなかったなーと水洗いの力に感心しました。

もちろんそれからは洗剤を直接洗濯槽に入れるようにしたので、厳選した洗濯洗剤のいい香りを楽しむことができました。 今現在も海外に住んでいるのですが、日本製品とは使い勝手が違い、新しいものでも単純なようで単純じゃないので、覚えるまで取説片手に洗濯機まわしてます。

日本製品の「お任せ」ボタンが恋しいです。それにしても、知らずに水洗いになってた期間の洗剤代、もったいなかったな。これから留学する、もしくは単身赴任するなどの予定がある方は海外製の洗濯機に潜む罠にお気をつけください。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「洗濯失敗談」の一覧

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオ […]

記事の続きを読む

【クローゼットでカビだらけのスーツを発見】日当たりの悪い部屋は、換気が重要

以前、実家で暮らしていた時の話です。実家は築50年ぐらいのまぁまぁ古い二階建て住宅です。都会ではありませんが、 […]

記事の続きを読む

【黄ばみが原因でコートを処分】クリーニングで汗抜きしてから保管

クローゼットに収納していたコートが黄ばんでしまい、その後処分した経験があります。コートのブランド名は不明ですが […]

記事の続きを読む

【カビ対策は除湿がカギ】クローゼットの換気を怠り、大事な洋服に大量のカビ発生

昨年4月に今の賃貸物件に移り住みました。当時は4ヶ月の双子を抱えていましたので、日々の掃除もままならず、洋服も […]

記事の続きを読む

クローゼットの湿気が原因で、大切な洋服がカビだらけに

私は洋服が好きで、クローゼットには夏服冬服をぎっしりと収納しています。またバックや小物類もクローゼットにしまっ […]

記事の続きを読む
QandA

Copyright© 2018 

ページトップ