TOP  >  みんなの洗濯事情  >  外出時はマスクとツルツル素材の衣類で花粉対策。空気清浄機の併用で花粉症が緩和

外出時はマスクとツルツル素材の衣類で花粉対策。空気清浄機の併用で花粉症が緩和

くしゃみをする女性

花粉症になった時期は、あまり覚えていませんが、10年ほど花粉症に苦しんでいると思います。家族では母が花粉症で、その時期になると、二人でくしゃみばかりしていました。

洗濯物は柔軟剤で花粉の付着を軽減。タオルは必ず乾燥機を使用

洗濯物の干し方で気をつけていることは、洗濯をするときに柔軟剤を使うことです。柔軟剤は、静電気を防止するという効果もあり、花粉がつきにくくなるそうです。また、タオルは花粉がつきやすいので、必ず乾燥機にかけるようにしています。

つきやすいといえば、布団もタオルと同じですので、天気が良い日は干したいところですが、部屋の光が当たるところに干し、あとは布団クリーナーで掃除をすることにしています。外に干した洗濯物は、取り込む時には念入りに花粉を払い落としています。しかし、それでも花粉を落としきれないので、症状がひどいときはなるべく部屋干しにするようにしています。

空気清浄機の花粉モードで室内の花粉除去。以前よりも花粉症がラクになり効果的

その他に気をつけていることは、出かけるときにニットなど花粉がつきやすい服をなるべく選ばないということです。反対にツルツルの花粉がつきにくい服がいいと聞いたので、羽織るものは必ずそのような素材のものにしています。

また、2年前に空気清浄機を買って、花粉対策というモードがあるので、それをつけるようにしています。洗濯とはあまり関係ありませんが、マスクをしたり、コンタクトはその時期は避けたりもしています。

花粉症であることは変わりませんが、対策をとってから以前よりはよくなったと思います。特に空気清浄機を買ってから苦しむ時間、時期が短くなったような気がします。

今後は花粉防止スプレーや静電気防止スプレーで手軽に花粉対策

その他、これから試してみたいものは、花粉防止スプレーや静電気防止スプレーです。なかなか洗濯ができない素材の衣類など、このスプレーをすれば花粉がつきにくいということで、今後試してみたいと思います。

花粉症で困っていることは、上記の通り布団は外には干さずにクリーナーにしているのですが、子供が小さくどうしてもおねしょをすることがあります。その場合、シーツを洗って外に干し、できれば布団も外に干したいです。すると、花粉がたちまちついてしまうので、そのことが困ります。

ただ、今まで子供のものは柔軟剤を使いたくないと思い、絶対に使わなかったのですが、最近子供用の柔軟剤があることを知ったので、布団のシーツを洗うときは、使いたいと思います。布団自体は仕方がないので、取りこむときには叩かないようにし、念入りにクリーナーで花粉を取り除きたいと思います。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

服の湿気対策i

湿気から服を守ろう!クローゼットやタンスのカビ対策

久しぶりにクローゼットやタンス、押入れの中を整理しようと、服を出してみたら、なんだか湿っぽいような…。日頃から […]

記事の続きを読む
ユニフォーム洗濯i

【野球・サッカー・剣道】ユニフォームの泥汚れ・汗の臭いの取り方

部活で使うユニフォームは汗や泥などで一般の洗濯物よりも念入りな洗濯が必要です。泥汚れの効果的な落とし方から気に […]

記事の続きを読む
ダブル羽毛布団洗濯i

【ダブルの羽毛布団を洗濯するには】自宅で洗うより簡単な方法

羽毛布団は条件が揃っていれば自宅で洗うことも可能です。ではサイズの大きいダブルの羽毛布団はどう洗ったらいいので […]

記事の続きを読む
羽毛布団収納i

羽毛布団の正しい収納方法は?圧縮せずに上手にしまうコツ

ふかふかの羽毛布団をどう収納するか。来シーズンも心地よく使うために収納する前にやっておくこと、上手な羽毛布団の […]

記事の続きを読む
学生服洗濯i

学生服は自宅で洗濯OK!正しい洗い方と応急処置、テカリの取り方を紹介

毎日着ている学生服は汗や皮脂に加え、雨に濡れたりと意外に汚れているもの。学生服はウールの混紡率が50%以下なら […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ