TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【辛い花粉症歴30年】マスク着用は必須。徹底して花粉を外からシャットアウト

【辛い花粉症歴30年】マスク着用は必須。徹底して花粉を外からシャットアウト

2401

私が花粉症になったのは30年前。小学校低学年の時です。当時花粉症は珍しく、クラスにも2~3人でした。当時の家族に花粉症は誰も居ませんでした。

30年前の花粉症対策は花粉防止メガネもなく、病院で薬をもらうだけ

小学校低学年でしたので、目が痒い、鼻がムズムズする!等の症状に上手く対応することができず、かきむしったり鼻も痛くなるほどかんで、親には病院へ連れて行ってもらいました。とにかく辛かった。今は花粉症の人口が増えたのもあり、花粉症グッズがたくさんありますが、30年前なんてティッシュは固いもののみ。眼鏡もなし!

とにかく病院で処方された薬を飲むことしかできませんでした。親は色々考えて薬以外にもシソのエキスがいい!と言われれば試したり、洗濯物は部屋干ししたりしてくれました。

自分が一番大変だったのは高校時代でした。まずは受験日、花粉症シーズン真っ盛りでタオルの持ち込み許可をもらった思い出があります。とにかく、シーズン中の授業は頭に入らない!イライラするし、薬を飲めば眠くなるし。静かな教室で鼻をズルズルさせるのも恥ずかしくて…嫌な思い出です。

【マスクとスプレーで花粉症対策】外出後は玄関でコートを脱いで花粉を持ち込まない

未だに私は花粉症。30年前は大丈夫だった妹も花粉症になりました。が、私より軽度の花粉症でした。最近は花粉症のシーズンに入ってきたな!と感じたらすぐマスクを着用して、顔にかけるスプレーをふります。イオンでバリア?するようなもの。

眼は掻いてしまったらもうアウトです。痒いが痛い!に変わるくらいこすってしまいます。危険だとわかっていながらやってしまうのです。仕方ありません。後は、家の玄関にクローゼットがあるのですが、そこに上着は必ずしまうことにしています。外で着用した服は家の中に持ち込むと花粉が家の中で留まってしまうんです。

花粉症に効くと言われているサプリメントや食材を摂取しながら花粉対策続行

今までは晴れていたら、洗濯物は外でパリッと干したい!と思い我慢して干していましたが、その時は寝るときもマスク着用でした。しかし、部屋干しにして外で着用していた服を持ち込まないようにしたところ、家の中で一切マスクをせずに過ごせるようになりました。花粉症で無い方には分からないかもしれませんが、この時期にマスクなしで過ごせるなんてとても嬉しいんです。

少しずつですが、他にも効くかも?といわれるばサプリメントを摂取してみたり。良いとされる食材を食べてみたり!とにかく3年経っても相変わらず試行錯誤のままでいます。今はこの時期を早く乗りきりたい!早く過ぎ去ってほしい!と願うばかりです。花粉症の方も、そうでない方も頑張っていきましょう!

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

服の湿気対策i

湿気から服を守ろう!クローゼットやタンスのカビ対策

久しぶりにクローゼットやタンス、押入れの中を整理しようと、服を出してみたら、なんだか湿っぽいような…。日頃から […]

記事の続きを読む
ユニフォーム洗濯i

【野球・サッカー・剣道】ユニフォームの泥汚れ・汗の臭いの取り方

部活で使うユニフォームは汗や泥などで一般の洗濯物よりも念入りな洗濯が必要です。泥汚れの効果的な落とし方から気に […]

記事の続きを読む
ダブル羽毛布団洗濯i

【ダブルの羽毛布団を洗濯するには】自宅で洗うより簡単な方法

羽毛布団は条件が揃っていれば自宅で洗うことも可能です。ではサイズの大きいダブルの羽毛布団はどう洗ったらいいので […]

記事の続きを読む
羽毛布団収納i

羽毛布団の正しい収納方法は?圧縮せずに上手にしまうコツ

ふかふかの羽毛布団をどう収納するか。来シーズンも心地よく使うために収納する前にやっておくこと、上手な羽毛布団の […]

記事の続きを読む
学生服洗濯i

学生服は自宅で洗濯OK!正しい洗い方と応急処置、テカリの取り方を紹介

毎日着ている学生服は汗や皮脂に加え、雨に濡れたりと意外に汚れているもの。学生服はウールの混紡率が50%以下なら […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ