TOP  >  布団の悩みや工夫  >  【布団のカビは身体に悪影響】寝具は十分に乾燥させ、カビ対策は万全です

【布団のカビは身体に悪影響】寝具は十分に乾燥させ、カビ対策は万全です

f275

主婦として、家族に快適な睡眠環境を作ることは食事を作ることと並ぶ大事な仕事だと思っています。けれど、それが何より難しいことだと今実感しているところです。

敷布団の裏側に黒い点々を発見!寝込んだときに寝具を掛けすぎ、カビが発生

布団に関しての悩みは、干す場所が少ないことや、梅雨の時期の対応などいろいろありますが、私が特に困っているのは、カビです。ある日、布団の裏側の人の身体が当たる部分に黒い点々を見つけました。一見して分からないぐらいでしたが、そのうち増えていることに気がついたのです。

我が家は、小さい子供がいるのでシングルの布団を二枚横に並べて敷いているのですが、そのうちの片方だけにカビが生えていました。しかも、それは私が寝ているところ。どうしてだろうと考えると、ひとつ思い当たる点が。

冬の乾燥した寒い時期、体調を崩した私は、加湿器をつけて寝込んでいました。冷え性の私は、布団と毛布をしっかり掛けて。二日間その状態で、布団をあげた時に少しジメッとしていたのを思い出しました。

カビの生えた布団は処分。今はすのこの上に布団を敷いてカビ対策

その日は雨だったので布団が干せずにいたのですが、今思うと原因はそれかなと思います。しかし、布団を買い換えて新しい布団にしてもまた私のところだけカビが発生。やはり過度に布団や毛布を掛けて寝ているのが悪いのだと思います。

対策方法をして、今はホームセンターで、すのこを買ってきて、その上に布団を敷いています。そうして以来、カビの発生を抑えることができているように思いますが、一度生えてしまったカビは、どう頑張っても消すことはできません。

身体に悪い影響があるんだろうなと思いながらも生えてしまうと新しく買い換えるまでその布団で寝るしかないので、ほかに対策はないものかと日々模索しています。クリーニングに出すことも考えましたが、やはりカビを完全に取ることはできないと言われたので、諦めました。

押入れの不用品は処分し、収納スペースを確保。布団は十分に乾燥させて収納しています

昔は布団圧縮袋を使用して収納していましたが、カビが怖い私は、布団が湿気たまま圧縮するとカビの原因になると聞いてからは、使うのを止めました。押し入れの他の物を整理して、布団は十分に乾燥させて、そのまま収納するようにしています。

また、布団を干すのは週に3日程度、枕も同程度です。今は、ベランダに引っ掛けて枕を干すフックみたいなものもあるので、便利ですね。我が家の子供はみんなアレルギー持ちなので、布団や枕を干すと取り込んだあとは必ず掃除機をかけるようにしています。

そのように心がけていると、カビが生えたり、子供がおねしょをしてすごく汚れた状態にならない限りは10年ぐらいは持ちます。布団の何よりもの大敵、カビ。できるだけ発生させないように、こまめに干して、乾燥させることが大切だと思います。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「布団の悩みや工夫」の一覧

布団のホコリの取り方i

【布団のほこり】正しい取り方とほこりを出さないための対策

布団のほこりの中には、ちぎれた繊維や綿・羽毛などの他に、髪の毛やゴミなどが混ざり、時にはダニなどの虫がいること […]

記事の続きを読む
布団の血の汚れの落とし方

布団についた血液汚れの簡単な落とし方

布団についた汚れで一番落ちにくい血液のシミ。血液をしっかり落としておかないと、シミとして残ってしまうので、すぐ […]

記事の続きを読む
おねしょ布団

今すぐできる!おねしょ布団の応急処置の仕方と、干せない時の対処法

おねしょ布団のシミや臭いは時間が経過すると落ちにくくなります。かといって、丸洗いするには時間と労力が必要です。 […]

記事の続きを読む
丸洗いor打ち直し

丸洗い、打ち直し、どちらを選ぶ?お使いの布団の状態を今すぐチェック

布団は長年使用することで劣化していきます。ぺしゃんこになってしまった布団を購入当初のようにふわふわに甦らせる手 […]

記事の続きを読む
レンタル布団-i

【レンタル付き布団クリーニング】代わりの布団がなくても今すぐ出せる!イチ押しの店はどこ?

布団を丸洗いしている間、どうやって寝るの?そんな悩みを解消するのがレンタル布団付きのクリーニング。今回は代わり […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ