TOP  >  失敗談・トラブル  >  スパンコールの糸が切れたまま返却。クリーニングに出したことを後悔

スパンコールの糸が切れたまま返却。クリーニングに出したことを後悔

2887

私はお気に入りのマフラーをクリーニングに出して後悔しました。2万円程度で購入したマフラーで、スパンコールで星がデザインされています。スパンコールなので自宅の洗濯機では洗えないと思い、クリーニング屋さんであればうまく洗ってくれるかな~と思い、期待をこめて持ち込みました。

スパンコール付なのに普通のマフラーと同等に扱うクリーニング店員

利用したクリーニング屋さんはいつも利用しているショッピングセンターの中にある大手クリーニングチェーン店です。いろんなショッピングモールやスーパーに入っているのを見るのでそこそこ大きなクリーニング屋さんだと思います。

仕事ではいているパンツやスーツもよくクリーニングに出しており、冬場はコートをまとめて出したりといつも利用させていただいているお店でした。特に今まで不満に思ったことはなかったので、お気に入りのマフラーもクリーニングに出してみました。

カウンターで、「もしかするとスパンコールが取れてしまうかもしれませんが・・・大丈夫でしょうか?」と聞かれました。私の気持ちとしては少し高い価格になってもいいので、スパンコールがとれないように洗ってほしいという感じでしたが、そういったオプションはなかったようなので、普通のマフラーと同じ扱いになってしまいました。

帰宅してから気づいたクリーニングトラブル。返却時に店員から謝罪するべき

自宅で洗うことも難しいと思ったのでおもいきって任せてみることにしました。出来上がりがとても気になりました。カウンターに取りに行った時は何も言われなかったので、無事にクリーニングが終わったのだと喜んで帰りました。しかし、自宅に帰ってマフラーを確認すると、スパンコールのとめ糸が切れている部分がありました。

クリーニング屋さんはどのように洗ってくださったのか分かりませんが、糸が切れてしまったことに気づかなかったのかもしれませんし、気づかないふりをされたのかもしれません。本当の事は分かりませんでしたが、最初に忠告を受けていたので仕方がないと泣き寝入りすることを覚悟しました。

もし申告すればマフラー代を頂けたのかもしれませんが、さすがにそれはできないと思ってしまいました。やはり、洋服は自宅でも洗いやすいものを選ぶべきだと改めて思った瞬間でした。

もしクリーニング屋さんがスパンコールの糸が切れてしまったことを知っていたのだったとしたら、カウンターで一言、糸が切れてしまったことを教えて頂けたほうが気持ちはよかったかと思います。これからどうしても大切なものは自分で洗った方が納得はいくのかな~と思います。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「失敗談・トラブル」の一覧

ブランドコートのボタン破損でクリーニング店とトラブル。一時はクレーマー扱い

自分はコートをクリーニングに出してボタンなどが破損して返ってくるトラブルに遭いました。特殊なコートらしく、ボタ […]

記事の続きを読む

クリーニング染み抜き料金返せ!「どんなシミでも落とします」に騙された

幼稚園の先生をしていたときのことです。先生の制服は薄いピンク色とクリーム色のスモックでした。薄い色なので汚れが […]

記事の続きを読む

【変色トラブルでクレーム】再クリーニングで色移りしたニットが元戻りに

オフホワイトのタートルネックのニットをクリーニングに出しました。出した先はチェーン店のクリーニング屋です。出す […]

記事の続きを読む

格安の宅配クリーニング店で失敗!いつまで待ってもスーツが届かない

これは私がインターネットで見つけた格安クリーニング店を利用したときの話です。産後まもない時期に、外出ができなか […]

記事の続きを読む
汚れが落ちていないワイシャツ

【クリーニングは品質重視】いくら安くても、汚れが落ちない店に用はなし

群馬県にあるクリーニング屋さんでの話。近年できたようで、市内に何軒かあるチェーン店。かわいい黒いうさぎの絵が書 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ