TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【浴衣の洗濯】自宅で手洗いが基本だけどシーズン後は必ずクリーニング

【浴衣の洗濯】自宅で手洗いが基本だけどシーズン後は必ずクリーニング

浴衣にアイロンがけ

浴衣は夏祭りがあるたびに、私と娘が着ます。素材は綿でできています。ワンシーズンに少なければ2回、多ければ5回くらい着てお祭りに行きます。

浴衣も宅配クリーニングOK!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

浴衣着用後は水だけでやさしく洗濯。汚れ部分は先に中性洗剤で軽くたたき洗い

今年はもう着ないとわかった時点で年1回はクリーニングに出しますが、他は自宅でのホームクリーニングです。洗濯の仕方には意外と気をつかうのですが、さほど汚れないし、毎回クリーニングに出すのももったいないと思うのでホームクリーニングをしています。

まず基本的には水だけで洗います。目でみえる汚れがあれば中性洗剤を少しだけ落として、ハンカチなどでトントンとたたきます。そのあと、洗面器に水をため、やさしく絞るような感じで洗います。色落ちするかもしれないので、あまり時間をかけずに終わらせます。

洗い終わった浴衣は、ハンガーにかけて干します。このとき広げる工程を丁寧に行うときれいに仕上がります。よれや縮みがあると直らなくなってしまうので、生地の繊維をしっかり見てまっすぐに仕上がるようにします。もちろん優しくすることは忘れないで下さい。

浴衣宅配クリーニング対応の「リネット」レビュー記事はこちら

浴衣は陰干しし、半乾きの状態でアイロンをかけるとシワが取れやすい

干す場所は、室内か直射日光が当たらないところです。浴衣の染料は直射日光に弱いそうなので、直射日光が当たらないところでできれば風が当たるところで乾かします。完全ではなく少し乾いた時点でアイロンをするのが良いそうです。

アイロンの「中」、もしくは「低温」ではさんでのばす要領でアイロンをあてていきます。うすいハンカチなどをはさんであてると安心してアイロンができますよ。きれいにしわがのばせたら、たたみます。平らなところに浴衣を広げて、できるだけ折り線が少なくなるようにたたみます。

浴衣は四角くできているので、サイズによって異なりますが左右の肩のところで内側に織り込むように1回ずつ、たてには四つ折りくらいできれいにたたみあがります。タンスに入れるときは、湿気の少ないところを選びます。害虫防止の薬を入れる場合は、浴衣をいれた上に置くようにするといいですよ。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

服の湿気対策i

湿気から服を守ろう!クローゼットやタンスのカビ対策

久しぶりにクローゼットやタンス、押入れの中を整理しようと、服を出してみたら、なんだか湿っぽいような…。日頃から […]

記事の続きを読む
ユニフォーム洗濯i

【野球・サッカー・剣道】ユニフォームの泥汚れ・汗の臭いの取り方

部活で使うユニフォームは汗や泥などで一般の洗濯物よりも念入りな洗濯が必要です。泥汚れの効果的な落とし方から気に […]

記事の続きを読む
ダブル羽毛布団洗濯i

【ダブルの羽毛布団を洗濯するには】自宅で洗うより簡単な方法

羽毛布団は条件が揃っていれば自宅で洗うことも可能です。ではサイズの大きいダブルの羽毛布団はどう洗ったらいいので […]

記事の続きを読む
羽毛布団収納i

羽毛布団の正しい収納方法は?圧縮せずに上手にしまうコツ

ふかふかの羽毛布団をどう収納するか。来シーズンも心地よく使うために収納する前にやっておくこと、上手な羽毛布団の […]

記事の続きを読む
学生服洗濯i

学生服は自宅で洗濯OK!正しい洗い方と応急処置、テカリの取り方を紹介

毎日着ている学生服は汗や皮脂に加え、雨に濡れたりと意外に汚れているもの。学生服はウールの混紡率が50%以下なら […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ