TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【浴衣の洗濯】自宅で手洗いが基本だけどシーズン後は必ずクリーニング

【浴衣の洗濯】自宅で手洗いが基本だけどシーズン後は必ずクリーニング

浴衣にアイロンがけ

浴衣は夏祭りがあるたびに、私と娘が着ます。素材は綿でできています。ワンシーズンに少なければ2回、多ければ5回くらい着てお祭りに行きます。

浴衣も宅配クリーニングOK!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

浴衣着用後は水だけでやさしく洗濯。汚れ部分は先に中性洗剤で軽くたたき洗い

今年はもう着ないとわかった時点で年1回はクリーニングに出しますが、他は自宅でのホームクリーニングです。洗濯の仕方には意外と気をつかうのですが、さほど汚れないし、毎回クリーニングに出すのももったいないと思うのでホームクリーニングをしています。

まず基本的には水だけで洗います。目でみえる汚れがあれば中性洗剤を少しだけ落として、ハンカチなどでトントンとたたきます。そのあと、洗面器に水をため、やさしく絞るような感じで洗います。色落ちするかもしれないので、あまり時間をかけずに終わらせます。

洗い終わった浴衣は、ハンガーにかけて干します。このとき広げる工程を丁寧に行うときれいに仕上がります。よれや縮みがあると直らなくなってしまうので、生地の繊維をしっかり見てまっすぐに仕上がるようにします。もちろん優しくすることは忘れないで下さい。

浴衣宅配クリーニング対応の「リネット」レビュー記事はこちら

浴衣は陰干しし、半乾きの状態でアイロンをかけるとシワが取れやすい

干す場所は、室内か直射日光が当たらないところです。浴衣の染料は直射日光に弱いそうなので、直射日光が当たらないところでできれば風が当たるところで乾かします。完全ではなく少し乾いた時点でアイロンをするのが良いそうです。

アイロンの「中」、もしくは「低温」ではさんでのばす要領でアイロンをあてていきます。うすいハンカチなどをはさんであてると安心してアイロンができますよ。きれいにしわがのばせたら、たたみます。平らなところに浴衣を広げて、できるだけ折り線が少なくなるようにたたみます。

浴衣は四角くできているので、サイズによって異なりますが左右の肩のところで内側に織り込むように1回ずつ、たてには四つ折りくらいできれいにたたみあがります。タンスに入れるときは、湿気の少ないところを選びます。害虫防止の薬を入れる場合は、浴衣をいれた上に置くようにするといいですよ。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む
ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む
ドレスクリーニングi

ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

記事の続きを読む
黄ばみの落とし方i

黄ばみの悩みを解決!自宅でできる衣類の黄ばみの落とし方

ちゃんと洗濯したはずなのに、白いシャツの襟や袖が黄ばんでる…この原因は落としきれていない汚れです。気になる […]

記事の続きを読む
服の保管i

服の保管はどこでする?保管付きクリーニングやトランクルーム等の預かりサービスを徹底調査

服の収納環境など悩みがあると、自宅以外に保管・収納サービスはないのだろうか気になります。最近ではそんな悩みを解 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ