TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【浴衣は自宅で洗濯】手洗いして陰干しするだけの簡単お手入れ

【浴衣は自宅で洗濯】手洗いして陰干しするだけの簡単お手入れ

浴衣を着てうちわで涼を取る女性

普段、和服には縁がないけれど、夏になると浴衣が着たくなる、という方は多いですよね。しかし、悩ましいのが洗濯です。1度のお出かけで汗だくになった浴衣、シーズン中にまた着る機会があるからクリーニングに出すのはもったいない。でも、このまま着るには抵抗が…という方に朗報です。浴衣は一部を除いて自宅で洗濯できます。

浴衣も宅配クリーニングOK!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

綿の浴衣は毎回、袖だたみにしてお洒落着用洗剤でやさしく手洗い

我が家では、夫と息子、私が着用した浴衣は全て自宅で洗っています。素材は全て綿です。1シーズンあたり3回程度着用し、たいてい大汗をかくのでその都度、自宅で洗っています。詳しい方法を以下に述べます。

用意するものは、洗剤と着物ハンガーです。洗剤はごく少量しか使いません。念のため、アクロン等のお洒落着用洗剤を使っていますが、10リットル程度の水に対して大さじ1ほど使うだけなので、通常の液体中性洗剤でも特に問題ないと思います。

洗面所と洗濯機を併用して洗います。洗面所の流しにいっぱい水をはり、洗剤を泡立てないように溶かします。浴衣を袖だたみにして水の中に静かに浸けます。なるべく水の中で動かさないように、なおかつ全体が水に浸るように静かに沈めます。

浴衣宅配クリーニング対応の「リネット」レビュー記事はこちら

軽く脱水して陰干しするとシワなく仕上がり、アイロンは衿芯だけでOK

たたんだ状態をキープしつつ、洗濯機へ。脱水を30秒ほどかけます。この間に流しの水を流し、今度はすすぎのための水を張ります。先ほどと同様、浴衣を1分ほど水に浸けたら、また30秒ほど脱水します。すすぎと脱水は2回繰り返します。最後の脱水を終えた状態では、水が滴るくらいまだ濡れています。

この水の重みでシワを作らず干せるのです。袖の部分まで伸びる着物ハンガーに吊るし、肩山、袖山等の折り目を手で挟んで叩きます。これをしておくと、アイロンはほとんど必要ありません。干す場所は風通しのよい日陰がベストです。天気の良い日なら半日程度で乾きます。

アイロンは、衿元など気になる部位だけ当て布をし、中温から高温でかけます。洗える場所がなかったり、短時間だけの着用の際は、濡れタオルと乾いたタオルで挟んで叩き、汗取りをすることもできます。この場合は脇、帯の下など汗の染みやすいところを中心に叩きます。

絞りや藍染めの浴衣は色移り・色落ち防止のためクリーニング専門店へ

浴衣の洗濯は比較的簡単ですが、絞りの浴衣や本藍染めの浴衣などは専門店へ出すほうが無難です。また、赤色はにじみやすいので注意してください。洗う前に洗剤液で叩いてにじまないかチェックした上で洗うこと。そして、洗ったら即座に干すことも重要です。

濡れたまま畳んでおいておくと、模様がにじんで他の場所に色移りすることがあります。シーズンオフは、日焼けしないように風呂敷等で覆って洋服タンスにしまっています。ホームクリーニングを上手に活用すると、浴衣を着るハードルも低くなりますよ。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

服の湿気対策i

湿気から服を守ろう!クローゼットやタンスのカビ対策

久しぶりにクローゼットやタンス、押入れの中を整理しようと、服を出してみたら、なんだか湿っぽいような…。日頃から […]

記事の続きを読む
ユニフォーム洗濯i

【野球・サッカー・剣道】ユニフォームの泥汚れ・汗の臭いの取り方

部活で使うユニフォームは汗や泥などで一般の洗濯物よりも念入りな洗濯が必要です。泥汚れの効果的な落とし方から気に […]

記事の続きを読む
ダブル羽毛布団洗濯i

【ダブルの羽毛布団を洗濯するには】自宅で洗うより簡単な方法

羽毛布団は条件が揃っていれば自宅で洗うことも可能です。ではサイズの大きいダブルの羽毛布団はどう洗ったらいいので […]

記事の続きを読む
羽毛布団収納i

羽毛布団の正しい収納方法は?圧縮せずに上手にしまうコツ

ふかふかの羽毛布団をどう収納するか。来シーズンも心地よく使うために収納する前にやっておくこと、上手な羽毛布団の […]

記事の続きを読む
学生服洗濯i

学生服は自宅で洗濯OK!正しい洗い方と応急処置、テカリの取り方を紹介

毎日着ている学生服は汗や皮脂に加え、雨に濡れたりと意外に汚れているもの。学生服はウールの混紡率が50%以下なら […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ