TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【白洋舎で浴衣クリーニング】浴衣帯のシミも綺麗に落ちて大満足

【白洋舎で浴衣クリーニング】浴衣帯のシミも綺麗に落ちて大満足

浴衣の帯

私の浴衣着用頻度は1シーズンに2~3回ですが、着たら毎回クリーニングに出しています。ポリエステルなので自宅でも洗えますが、アイロンをかけるのが面倒かつ難しいからです。花火大会など人ごみに行くと、かなり汗をかいて浴衣が汚れるので、帰宅後ハンガーにかけて軽く乾かし、翌日にはクリーニングに出すようにしています。

浴衣も宅配クリーニングOK!「リナビス」の5点お試しパックを利用してみた

浴衣着用後は毎回、白洋舎でシミ抜き・糊付け無料のクリーニング

ただ、浴衣の下に着る長襦袢や補正下着、紐については、着用したその日に自宅の洗濯機ですぐに洗うようにしています。帯はあまり汗の影響がないので、洗濯は着用ごとではなく、シーズンオフに1度クリーニングに出します。

クリーニングをお願いするお店は、買い物ついでにお願いできるピーコックの中にある白洋舎です。クリーニング料金は、外出用浴衣が2,500円(税別)でした。オプション加工はシミ抜きと糊付けがありましたが、糊付けだけお願いしました。別途料金はかからなかったと記憶しています。

クリーニングにかかった日数は約1週間。仕上がり具合は、さすがクリーニングの老舗だけあって、購入時と同じくらい綺麗にピシッとアイロンがかかって戻ってきました。

浴衣も宅配クリーニングOK!「リナビス」の5点お試しパックを利用してみた

浴衣帯についた食べ物のシミは、白洋舎のシミ抜きで汚れが綺麗に

そのほか、浴衣帯も浴衣と一緒にクリーニングに出しましたが、こちらは屋台の食べ物のシミが付いてしまっていたので、しみ抜きを依頼しました。料金は忘れてしまいましたが、ソースのシミが綺麗に取れて戻ってきたので嬉しかったです。

浴衣と同じ柄の巾着は特に洗濯などはせず、クローゼットの他のバッグ類と一緒に防虫剤を入れて保管しています。下駄は河川敷の花火大会などでホコリや泥がつくことがあるため、帰宅したら靴ブラシで泥を落とします。

その後、ベランダで陰干しして靴磨き用タオルでざっと拭いてから下駄箱にしまいます。以前、箱に入れてしまった時に、白木の下駄にカビが生えてしまった失敗があるので、それ以来、箱には入れず、下に薄い紙を敷いて下駄箱で保管しています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

服の湿気対策i

湿気から服を守ろう!クローゼットやタンスのカビ対策

久しぶりにクローゼットやタンス、押入れの中を整理しようと、服を出してみたら、なんだか湿っぽいような…。日頃から […]

記事の続きを読む
ユニフォーム洗濯i

【野球・サッカー・剣道】ユニフォームの泥汚れ・汗の臭いの取り方

部活で使うユニフォームは汗や泥などで一般の洗濯物よりも念入りな洗濯が必要です。泥汚れの効果的な落とし方から気に […]

記事の続きを読む
ダブル羽毛布団洗濯i

【ダブルの羽毛布団を洗濯するには】自宅で洗うより簡単な方法

羽毛布団は条件が揃っていれば自宅で洗うことも可能です。ではサイズの大きいダブルの羽毛布団はどう洗ったらいいので […]

記事の続きを読む
羽毛布団収納i

羽毛布団の正しい収納方法は?圧縮せずに上手にしまうコツ

ふかふかの羽毛布団をどう収納するか。来シーズンも心地よく使うために収納する前にやっておくこと、上手な羽毛布団の […]

記事の続きを読む
学生服洗濯i

学生服は自宅で洗濯OK!正しい洗い方と応急処置、テカリの取り方を紹介

毎日着ている学生服は汗や皮脂に加え、雨に濡れたりと意外に汚れているもの。学生服はウールの混紡率が50%以下なら […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ