TOP  >  クリーニング活用術  >  浴衣のお手入れは洗濯機を利用。泥汚れや食べこぼしのシミはクリーニングが安心

浴衣のお手入れは洗濯機を利用。泥汚れや食べこぼしのシミはクリーニングが安心

夏用の草履

祖母が、浴衣を手縫いすることができるので、小さいころから、手作りをしてもらっています。浴衣を着用するのは1シーズンに夏祭りと花火大会の2回着用します。高校生の娘が着用した浴衣の洗濯方法についてお話しします。

浴衣も宅配クリーニングOK!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

袖たたみした浴衣をネットに入れ、洗濯機の手洗いコースで洗浄

浴衣の素材は、綿100%です。洗濯の仕方は、基本的には自宅で洗っています。よっぽどひどい、泥汚れや食べ物のシミなどが付いていれば、クリーニングの方がいいかもしれません。しまう直前に、浴衣全体を確認してみると思わぬところに、汚れが付いていたりするものです。

洗う頻度は、汗をとてもかいているようであればその都度。それほど、汗をかいていなければ、風通しの良い部屋で干し、しっかり湿気をとばします。洗うときは、きちんと畳んでネットに入れ、洗濯機の手洗いコースで洗います。

もちろん、手洗いが一番いいと思いますが、洗濯が面倒で着なくなってしまわないように、気楽に洗濯機を使用しています。軽い脱水の後は、大きく広げて、裏地を出して外に干します。できるだけシワにならないように気をつけると、後のアイロンが楽になります。

浴衣宅配クリーニング対応の「リネット」レビュー記事はこちら

草履や巾着はしっかり乾燥させカビ対策を。消臭や型崩れ防止に新聞紙が最適

色あせのないように、乾いたら早めに取り込むか、あまり直射日光が当たらないところに干します。アイロンは、中温で糊スプレーをしてからかけるようにしています。特に、襟元はパリッとするようにきちんと縫い目をそろえてかけます。そうすると、次の着付けがやりやすいですし、もちろん着ていても気持ちがよく、見栄えもバッチリです。

浴衣と一緒に使用した草履や巾着、バッグなども、結構湿気を吸っているものです。そのまましまってしまうと、次のシーズンにカビが生えている、ということがよくあります。ですから、どれも、しっかりと乾燥させることが大切です。

その後は、草履であれば、鼻緒が折れないように、新聞紙などをクッションにして入れ、しまいます。巾着やバッグにも、新聞紙や柔らかい紙などがあれば中に入れて、型崩れを防いでしまうと良いでしょう。次のシーズンが、また楽しみになりますね。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「クリーニング活用術」の一覧

【港区の洗濯事情】広尾・赤坂・芝で評判のクリーニング店|洋服・布団

東京都港区でクリーニング店を探しているけど、クリーニング店が見つからない、数少ないクリーニング店は夜はいつもシ […]

記事の続きを読む

【ウォッシャブルスーツの洗濯】注意することが多いからクリーニングが便利

コナカで購入したウール50%、アクリル50%のメンズスーツです。雨で濡れてしまい、初めて家で洗濯をしてみること […]

記事の続きを読む

浴衣のお手入れは洗濯機を利用。泥汚れや食べこぼしのシミはクリーニングが安心

祖母が、浴衣を手縫いすることができるので、小さいころから、手作りをしてもらっています。浴衣を着用するのは1シー […]

記事の続きを読む
クリーニング店4店舗

【教えて!クリーニングのQ&A】クリーニングに関しての素朴な疑問はこれで解決!

近所のクリーニング店を利用する時に、知っているようで意外と知らないことがありますよね。そこで、一般的なクリーニ […]

記事の続きを読む

【秋の衣替え特集】汗・皮脂汚れをクリーニングで落とし、翌年まで保管

冬物コートはクリーニングに出すけど、夏物はクリーニングに出さず自宅で洗濯してしまうご家庭も多いのではないでしょ […]

記事の続きを読む
QandA

Copyright© 2018 

ページトップ