TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【浴衣の洗濯方法】手軽に家庭で洗い、シーズンオフにクリーニングしてから保管

【浴衣の洗濯方法】手軽に家庭で洗い、シーズンオフにクリーニングしてから保管

浴衣姿の女の子

娘の浴衣の素材は忘れてしまいましたが、汚れてしまっても良いようにと自宅でも洗える浴衣を見つけて購入しました。

浴衣も宅配クリーニングOK!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

浴衣はおしゃれ着洗剤を使って自宅で手洗い。脱水だけ洗濯機を利用

お祭りの時にしか着ないので、着用回数は1シーズンに1~2回です。浴衣の洗濯は、着用したらすぐに毎回自宅で洗っています。夏が終わりもう浴衣を着ない時期になると、最後はクリーニングに出すようにしています。

浴衣の洗濯方法はおしゃれ着用洗剤を使い、桶で手洗い(押し洗い)しています。2回ほどすすぎ、最後の脱水のみ洗濯機を短時間使いました。出来るだけ手で絞らないように、主に浴槽の淵に浴衣を置いて水を切ります。

浴衣宅配クリーニング対応の「リネット」レビュー記事はこちら

【浴衣帯のお手入れ】兵児帯は水洗い。帯は洗濯機で洗わずに陰干しするだけ

浴衣を干す時は、肩の部分にハンガーの跡がつかないように、物干し竿に通して干したり、伸ばせるタイプのハンガーを使ったりして気を付けています。この時には出来るだけシワを伸ばし、形崩れのないように干します。

乾いた後はスチームアイロンをかけ、そのまま畳んで収納していました。浴衣帯は大半は洗えないと思いながらもネットに入れて洗濯機で洗ってしまい、ヨレヨレになったことがあります。だから浴衣帯は洗わずに陰干ししています。

汚れが目立つ場合は、布に水(場合により、水で薄めた洗剤も)を付けて、ポンポンとたたくように落とします。兵児帯を使っていた時は、浴衣と一緒に水洗いする事もありました。

浴衣一式はまとめて保管。下駄は汚れを落として通気性の良い袋に収納

下駄は土を落とし、軽く水拭きをして汚れを落とし、通気性のある袋などに入れて収納します。収納する時は100円ショップなどで売ってる収納袋(圧縮するタイプではない)にまとめて入れています。袋も出来るだけ通気性のある物、ゆったり余裕のある物を選んでいます。

そこに畳んだ浴衣・帯・帯の結び目(帯に簡単に差し込むタイプ)をしまっています。特に帯の結び目は形が崩れない様に注意しています。畳む際も、きっちり畳むのではなく、ふんわりと跡にならないようにしました。

翌年に着る前に、一晩ほど陰干しして、折りジワを伸ばすようにしています。ガンコなシワにはスチームアイロンで対処しました。その他で使う鞄や小物類は、浴衣の時だけでなく、夏の普段用にも使える物を用意していたので、そのまま普通に使っています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む
ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む
ドレスクリーニングi

ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

記事の続きを読む
黄ばみの落とし方i

黄ばみの悩みを解決!自宅でできる衣類の黄ばみの落とし方

ちゃんと洗濯したはずなのに、白いシャツの襟や袖が黄ばんでる…この原因は落としきれていない汚れです。気になる […]

記事の続きを読む
服の保管i

服の保管はどこでする?保管付きクリーニングやトランクルーム等の預かりサービスを徹底調査

服の収納環境など悩みがあると、自宅以外に保管・収納サービスはないのだろうか気になります。最近ではそんな悩みを解 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ