TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【絞りの浴衣】自宅で洗えないので毎回陰干しし、シーズンオフにクリーニングへ

【絞りの浴衣】自宅で洗えないので毎回陰干しし、シーズンオフにクリーニングへ

絞りの浴衣

私は毎年浴衣を着用します。夏になると、祖母が買ってくれたお気に入りの絞りの浴衣を自分で着て、花火大会や地元のお祭りに行きます。しかし、浴衣、特に絞りの素材は地厚でとても暑く、かなり汗をかいてしまいます。

浴衣も宅配クリーニングOK!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

【自宅でのお手入れ】絞りの浴衣は着用後陰干しし、帯はアイロンでシワ伸ばし

着用後、本当はすぐに洗いたいのですが、絞りの浴衣は洗濯機で洗えないので、陰干ししてお手入れは終わりです。年によって着る頻度は変わりますが、毎回クリーニングに出すのも料金がかさむので、着用後は必ず陰干しします。その後、シーズンが終わってもう着なくなったら、クリーニングに出すことにしています。

丸洗いできる浴衣もありますが、絞りは扱いが難しいので自分で洗わず、クリーニングに出すのが一番安心です。クリーニングから綺麗になって戻ってきた後は、着物用の桐のタンスで保管します。やはり、きちんとした扱いが長持ちの秘訣だと思います。着物用の下着や、襦袢などは自宅で洗濯しています。主にこちらが汗を吸ってくれるので、自宅で洗濯できて安心です。

浴衣帯はクリーニングには出しませんが、使った後は結び目にシワが入ってしまいますので、当て布をして低温でアイロンをかけます。それでもシワが取れない時は、2~3日吊るしてシワを伸ばしてから保管しています。こちらも浴衣同様きちんと保管しておく事が長持ちの秘訣です。

浴衣宅配クリーニング対応の「リネット」レビュー記事はこちら

下駄や巾着バッグの保管には、湿気を取ってくれる新聞紙がおすすめ

また、下駄は新聞紙に包んで保管します。湿気を取ってくれる新聞紙はとても優秀です。下駄は箱に乾燥剤と共に入れています。浴衣用の巾着バックにも新聞紙を丸めて入れます。こちらも湿気取りにもなりますが、何より形が崩れず保管できるので、使いたい時にすぐ綺麗な形で使用する事が出来ます。

どちらも湿気があるとカビてしまうので、湿気には注意しています。しょっちゅう使うものではなく、年に一度しか出番がないので、きちんと保管して、使いたい時に綺麗な状態ですぐ使えるように心掛けています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

服の湿気対策i

湿気から服を守ろう!クローゼットやタンスのカビ対策

久しぶりにクローゼットやタンス、押入れの中を整理しようと、服を出してみたら、なんだか湿っぽいような…。日頃から […]

記事の続きを読む
ユニフォーム洗濯i

【野球・サッカー・剣道】ユニフォームの泥汚れ・汗の臭いの取り方

部活で使うユニフォームは汗や泥などで一般の洗濯物よりも念入りな洗濯が必要です。泥汚れの効果的な落とし方から気に […]

記事の続きを読む
ダブル羽毛布団洗濯i

【ダブルの羽毛布団を洗濯するには】自宅で洗うより簡単な方法

羽毛布団は条件が揃っていれば自宅で洗うことも可能です。ではサイズの大きいダブルの羽毛布団はどう洗ったらいいので […]

記事の続きを読む
羽毛布団収納i

羽毛布団の正しい収納方法は?圧縮せずに上手にしまうコツ

ふかふかの羽毛布団をどう収納するか。来シーズンも心地よく使うために収納する前にやっておくこと、上手な羽毛布団の […]

記事の続きを読む
学生服洗濯i

学生服は自宅で洗濯OK!正しい洗い方と応急処置、テカリの取り方を紹介

毎日着ている学生服は汗や皮脂に加え、雨に濡れたりと意外に汚れているもの。学生服はウールの混紡率が50%以下なら […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ