TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【絞りの浴衣】自宅で洗えないので毎回陰干しし、シーズンオフにクリーニングへ

【絞りの浴衣】自宅で洗えないので毎回陰干しし、シーズンオフにクリーニングへ

絞りの浴衣

私は毎年浴衣を着用します。夏になると、祖母が買ってくれたお気に入りの絞りの浴衣を自分で着て、花火大会や地元のお祭りに行きます。しかし、浴衣、特に絞りの素材は地厚でとても暑く、かなり汗をかいてしまいます。

浴衣も宅配クリーニングOK!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

【自宅でのお手入れ】絞りの浴衣は着用後陰干しし、帯はアイロンでシワ伸ばし

着用後、本当はすぐに洗いたいのですが、絞りの浴衣は洗濯機で洗えないので、陰干ししてお手入れは終わりです。年によって着る頻度は変わりますが、毎回クリーニングに出すのも料金がかさむので、着用後は必ず陰干しします。その後、シーズンが終わってもう着なくなったら、クリーニングに出すことにしています。

丸洗いできる浴衣もありますが、絞りは扱いが難しいので自分で洗わず、クリーニングに出すのが一番安心です。クリーニングから綺麗になって戻ってきた後は、着物用の桐のタンスで保管します。やはり、きちんとした扱いが長持ちの秘訣だと思います。着物用の下着や、襦袢などは自宅で洗濯しています。主にこちらが汗を吸ってくれるので、自宅で洗濯できて安心です。

浴衣帯はクリーニングには出しませんが、使った後は結び目にシワが入ってしまいますので、当て布をして低温でアイロンをかけます。それでもシワが取れない時は、2~3日吊るしてシワを伸ばしてから保管しています。こちらも浴衣同様きちんと保管しておく事が長持ちの秘訣です。

浴衣宅配クリーニング対応の「リネット」レビュー記事はこちら

下駄や巾着バッグの保管には、湿気を取ってくれる新聞紙がおすすめ

また、下駄は新聞紙に包んで保管します。湿気を取ってくれる新聞紙はとても優秀です。下駄は箱に乾燥剤と共に入れています。浴衣用の巾着バックにも新聞紙を丸めて入れます。こちらも湿気取りにもなりますが、何より形が崩れず保管できるので、使いたい時にすぐ綺麗な形で使用する事が出来ます。

どちらも湿気があるとカビてしまうので、湿気には注意しています。しょっちゅう使うものではなく、年に一度しか出番がないので、きちんと保管して、使いたい時に綺麗な状態ですぐ使えるように心掛けています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む
ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む
ドレスクリーニングi

ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

記事の続きを読む
黄ばみの落とし方i

黄ばみの悩みを解決!自宅でできる衣類の黄ばみの落とし方

ちゃんと洗濯したはずなのに、白いシャツの襟や袖が黄ばんでる…この原因は落としきれていない汚れです。気になる […]

記事の続きを読む
服の保管i

服の保管はどこでする?保管付きクリーニングやトランクルーム等の預かりサービスを徹底調査

服の収納環境など悩みがあると、自宅以外に保管・収納サービスはないのだろうか気になります。最近ではそんな悩みを解 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ