TOP  >  みんなの洗濯事情  >  スーツは汚れや素材によってクリーニング頻度やお手入れ方法を変えるべし

スーツは汚れや素材によってクリーニング頻度やお手入れ方法を変えるべし

上着を椅子に掛ける男性

主人は毎日スーツを着ます。夏はクールビズなので、上着は会社に置いています。なので、パンツが2本付いたスーツは便利に長く着ることができます。

スーツもOK!宅配クリーニング「リネット」レビュー記事はこちら

【洗えるスーツ】自宅で洗濯したら、型崩れしてスーツが台無し(涙)

パンツだけクリーニングに出すことが多いですが、タイミングは特に決めておらず、汚れたかなと思ったら出すようにしています。上着のクリーニングも特に決めておらず、汚れたら出します。洗えるスーツもありますが、以前、洗った時に形が崩れてしまって嫌でした。

スーツは2~3着をローテーションで着ています。夏用、冬用と分けてはいません。近所のクリーニング屋に出していますが、スーツ上下で800円くらいでクリーニングしてくれます。シミ抜きなどのオプションは特に付けません。一週間弱で仕上がります。

私も時々スーツを着ますが、着用時間が短いので、頻繁にはクリーニングに出しません。外から帰ったら、ブラシでササッとホコリなどを払い落とし、風通しの良い場所にしばらくかけておきます。汚れたらクリーニングに出す程度です。

スーツの型崩れ防止に!宅配クリーニング「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

ウールのスーツは縮みやすいので、着用頻度やクリーニング頻度を少な目に

私は上下合わせて着るのがあまり好きではないので、それぞれ組み合わせて洗濯可能なものは自宅で洗います。静電気があるときは静電気用スプレー、雨の日は撥水スプレーを使うこともありますが、生地によってシミができたり変色してしまうこともあるので、頻繁には使いません。

スーツの素材別では、ツイードは毛羽立ち防止のため、バッグのスレに気を付けています。サマーウールが薄くてシワになりにくいので好きですが、生地のスレをよくチェックしないと透けて大変です。ウールは縮みやすいので着用頻度、クリーニング頻度に気をつけ、必ず上下一緒にクリーニングします。上下に違いが出てきてしまうためです。

素材や汚れによって手入れを変えないとスーツが台無しになります。軽い汚れなら、濡れタオルでポンポンするだけで大丈夫な時もあります。個人的に、ファブリーズはスーツの生地には良くない気がします。なるべく着用したらすぐにしまわず、風通しの良いところにかけておくのがベストです。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

高級ダウン

【タトラス・カナダグース・デュベティカ】高級ダウンをクリーニングしてくれるのはどこ?

タトラスやカナダグースなどの高級ブランドダウン、一般のクリーニング店に出しても大丈夫なのでしょうか。高いお金を […]

記事の続きを読む
マッキントッシュ

ゴム引きコート・マッキントッシュの汚れの落とし方

マッキントッシュコートは、素材や縫製が特殊なことからクリーニングが難しいとされています。ではコートが汚れたらど […]

記事の続きを読む
カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む
ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む
ドレスクリーニングi

ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ