TOP  >  みんなの洗濯事情  >  スーツは汚れや素材によってクリーニング頻度やお手入れ方法を変えるべし

スーツは汚れや素材によってクリーニング頻度やお手入れ方法を変えるべし

上着を椅子に掛ける男性

主人は毎日スーツを着ます。夏はクールビズなので、上着は会社に置いています。なので、パンツが2本付いたスーツは便利に長く着ることができます。

スーツもOK!宅配クリーニング「リネット」レビュー記事はこちら

【洗えるスーツ】自宅で洗濯したら、型崩れしてスーツが台無し(涙)

パンツだけクリーニングに出すことが多いですが、タイミングは特に決めておらず、汚れたかなと思ったら出すようにしています。上着のクリーニングも特に決めておらず、汚れたら出します。洗えるスーツもありますが、以前、洗った時に形が崩れてしまって嫌でした。

スーツは2~3着をローテーションで着ています。夏用、冬用と分けてはいません。近所のクリーニング屋に出していますが、スーツ上下で800円くらいでクリーニングしてくれます。シミ抜きなどのオプションは特に付けません。一週間弱で仕上がります。

私も時々スーツを着ますが、着用時間が短いので、頻繁にはクリーニングに出しません。外から帰ったら、ブラシでササッとホコリなどを払い落とし、風通しの良い場所にしばらくかけておきます。汚れたらクリーニングに出す程度です。

スーツの型崩れ防止に!宅配クリーニング「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

ウールのスーツは縮みやすいので、着用頻度やクリーニング頻度を少な目に

私は上下合わせて着るのがあまり好きではないので、それぞれ組み合わせて洗濯可能なものは自宅で洗います。静電気があるときは静電気用スプレー、雨の日は撥水スプレーを使うこともありますが、生地によってシミができたり変色してしまうこともあるので、頻繁には使いません。

スーツの素材別では、ツイードは毛羽立ち防止のため、バッグのスレに気を付けています。サマーウールが薄くてシワになりにくいので好きですが、生地のスレをよくチェックしないと透けて大変です。ウールは縮みやすいので着用頻度、クリーニング頻度に気をつけ、必ず上下一緒にクリーニングします。上下に違いが出てきてしまうためです。

素材や汚れによって手入れを変えないとスーツが台無しになります。軽い汚れなら、濡れタオルでポンポンするだけで大丈夫な時もあります。個人的に、ファブリーズはスーツの生地には良くない気がします。なるべく着用したらすぐにしまわず、風通しの良いところにかけておくのがベストです。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

服の湿気対策i

湿気から服を守ろう!クローゼットやタンスのカビ対策

久しぶりにクローゼットやタンス、押入れの中を整理しようと、服を出してみたら、なんだか湿っぽいような…。日頃から […]

記事の続きを読む
ユニフォーム洗濯i

【野球・サッカー・剣道】ユニフォームの泥汚れ・汗の臭いの取り方

部活で使うユニフォームは汗や泥などで一般の洗濯物よりも念入りな洗濯が必要です。泥汚れの効果的な落とし方から気に […]

記事の続きを読む
ダブル羽毛布団洗濯i

【ダブルの羽毛布団を洗濯するには】自宅で洗うより簡単な方法

羽毛布団は条件が揃っていれば自宅で洗うことも可能です。ではサイズの大きいダブルの羽毛布団はどう洗ったらいいので […]

記事の続きを読む
羽毛布団収納i

羽毛布団の正しい収納方法は?圧縮せずに上手にしまうコツ

ふかふかの羽毛布団をどう収納するか。来シーズンも心地よく使うために収納する前にやっておくこと、上手な羽毛布団の […]

記事の続きを読む
学生服洗濯i

学生服は自宅で洗濯OK!正しい洗い方と応急処置、テカリの取り方を紹介

毎日着ている学生服は汗や皮脂に加え、雨に濡れたりと意外に汚れているもの。学生服はウールの混紡率が50%以下なら […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ