TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【スーツのクリーニング頻度は2ケ月に1回】汚れをガードする撥水加工もプラス

【スーツのクリーニング頻度は2ケ月に1回】汚れをガードする撥水加工もプラス

スーツをハンガーにかける

単身赴任をしているサラリーマンです。スーツは毎日着用するので月曜日~金曜日までの5着と予備1着の合計6着で着まわしをしています。

スーツも宅配クリーニング!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

スーツ6着をローテーション。帰宅後は除菌スプレーと風通しで臭い消し

単身赴任の最大の厄介事は掃除・・・ではなくクリーニング。仕事が遅くなるとクリーニング店に行けないですし、休日出勤で引き取りできなくて「着ていくスーツがない!」ということも過去にはありました。

私のクリーニング頻度はワンシーズンに3回程度。2ヶ月に一回程度の割合です。ですから日頃はいかに汚さず清潔に保つかがポイントになります。まずはスーツの着まわし。1週間毎日同じスーツを着用してクリーニングに出すという同僚もいますが、私は月曜日~金曜日毎日着るスーツを替えています。

家に帰ると真っ先にスーツを脱ぎ、除菌消臭スプレーを丁寧に吹き付け、風が良くあたる場所にかけておきます。乾燥した季節ならベランダ、湿気の多い季節はエアコンの風があたる室内にかけます。翌日仕事から帰ったら、前日のスーツをしまって当日着たスーツをかける、の繰り返しです。

夜9時まで営業しているクリーニング店はサラリーマンの強い味方

シワがついていればアイロンやズボンプレッサーを使用しますが、干す時にしっかりと形を整えればそんなにシワがつくこともなく、問題ありません。このような日々の努力で着回したスーツもやはり2ヶ月が経過すれば、どことなくズッシリと重くゴワゴワした肌触りになってくるので、いよいよクリーニング店のお世話になります。

私が通うクリーニング店は朝8時~夜9時まで開店している、単身赴任者の味方のようなお店。撥水加工やズボンの折り目が長く保つ加工、急ぎの時用に特急仕上げのサービスもオプションで行ってくれます。

宅配クリーニング対応の「リネット」レビュー記事はこちら

【クリーニングのこだわり】撥水加工やズボンプレス加工をオプションで追加

金曜日に早く仕事を切り上げ、大急ぎで帰宅をして5着のスーツを持ってクリーニング店に。スーツのクリーニングは800円ですが、私はオプションでズボンの折り目が長く保つ加工300円と特急仕上げ200円(だったような)をお願いするようにしています。

特急便だと日曜日の朝イチで引き取ることができるので、余程でない限りは月曜日には洗い立てのスーツを着ることができます。ズボンの折り目が長く保つ加工は、ズボンプレッサーをかける頻度を極力抑えて楽チンをしたいからです。

これをするしないで、ズボンのスタイルがかなり違うのでオススメです。このようにして私は定期的にクリーニング店にお世話になって、快適かつ出費をおさえたサラリーマン生活を送っています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

高級ダウン

【タトラス・カナダグース・デュベティカ】高級ダウンをクリーニングしてくれるのはどこ?

タトラスやカナダグースなどの高級ブランドダウン、一般のクリーニング店に出しても大丈夫なのでしょうか。高いお金を […]

記事の続きを読む
マッキントッシュ

ゴム引きコート・マッキントッシュの汚れの落とし方

マッキントッシュコートは、素材や縫製が特殊なことからクリーニングが難しいとされています。ではコートが汚れたらど […]

記事の続きを読む
カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む
ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む
ドレスクリーニングi

ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ