TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【スーツも礼服も毎回クリーニング】汗をかいたら汗抜きオプション追加

【スーツも礼服も毎回クリーニング】汗をかいたら汗抜きオプション追加

礼服を着る男性

我が家では、主人(40代)のスーツをクリーニングに出しています。主人は普段、スーツスタイルの仕事ではないのですが、仕事柄、取引相手の冠婚葬祭に出席することが多く、その際にスーツを着ます。頻度は月に1、2回です。

スーツも宅配クリーニングOK!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

【クリーニング即日仕上げ】急ぎの時は当日受け取り可能なチェーン店へ

スーツは礼服2着、普通のスーツを3着持っており、月1、2回の着用には十分かと思います。スーツは着用後すぐにクリーニングに出します。クリーニング店は近所のスーパーに併設されているチェーン店を利用しています。

そのクリーニング店は、スーツを午前中に出して4日後に受け取るシステムです。チェーン店のわりに日数がかかるなぁという印象です。なので、急ぎの時は、家から遠いですが、午前11時までに出せば当日午後6時以降に受け取り可能なクリーニング店を利用しています。

オプション加工は毎回ではありませんが、汗をかいた場合に汗抜きを追加することがあります。クリーニング料金ですが、普段よく利用しているお店では、スーツ上下で1800円(税抜き)、汗抜きで400円(税抜き)かかります。

スーツも便利な宅配クリーニングへ!「リネット」レビュー記事はこちら

【スーツのお手入れ】タバコや食べ物の臭いには消臭スプレーを使用

スーツは使ったらその都度クリーニングに出すのが我が家のルールなのですが、着用後からお店に出すまでの間に、お手入れのつもりでリセッシュの浸透除菌EX(グリーンハーブ)を多めにかけています。タバコのニオイや食べ物のニオイが消えて、綺麗になったような気持ちになるからです。

我が家は月に1、2度のスーツ利用なので、クリーニングからスーツが戻ってきて次に着るまで時間が空くわけですが、その間はクリーニング屋のプラスチックハンガーから自宅用木製ハンガーに換えて保管しています。木製ハンガーを使うことで、肩や襟の部分にプラスチックハンガーの跡がつきません。

また、スーツの生地は傷みにくく、木の効果で防臭防菌除湿になるからです。そして、一番忘れないようにしていることは防水スプレーをかけること。防水スプレーをかけておくと、着た時に汚れが付きにくいと聞いたことがあるので、かかさず使用しています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

ドレスクリーニングi

ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

記事の続きを読む
黄ばみの落とし方i

黄ばみの悩みを解決!自宅でできる衣類の黄ばみの落とし方

ちゃんと洗濯したはずなのに、白いシャツの襟や袖が黄ばんでる…この原因は落としきれていない汚れです。気になる […]

記事の続きを読む
服の保管i

服の保管はどこでする?保管付きクリーニングやトランクルーム等の預かりサービスを徹底調査

服の収納環境など悩みがあると、自宅以外に保管・収納サービスはないのだろうか気になります。最近ではそんな悩みを解 […]

記事の続きを読む
服のカビi

服のカビは落とせる!効果的な落とし方とカビの予防法

久しぶりに袖を通そうとした服をよく見てみると、カビが生えていることがあります。でも、あきらめないで!カビは落と […]

記事の続きを読む
ベッド周りのカビi

【ベッド周りのカビの除去方法】マットレスとフレームのカビ対策はこれでバッチリ

マットレスやベッドフレームにカビが発生してしまうと、洗濯ができません。重いマットレスを天日干しするのもとっても […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ