TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【スーツも礼服も毎回クリーニング】汗をかいたら汗抜きオプション追加

【スーツも礼服も毎回クリーニング】汗をかいたら汗抜きオプション追加

礼服を着る男性

我が家では、主人(40代)のスーツをクリーニングに出しています。主人は普段、スーツスタイルの仕事ではないのですが、仕事柄、取引相手の冠婚葬祭に出席することが多く、その際にスーツを着ます。頻度は月に1、2回です。

スーツも宅配クリーニングOK!「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

【クリーニング即日仕上げ】急ぎの時は当日受け取り可能なチェーン店へ

スーツは礼服2着、普通のスーツを3着持っており、月1、2回の着用には十分かと思います。スーツは着用後すぐにクリーニングに出します。クリーニング店は近所のスーパーに併設されているチェーン店を利用しています。

そのクリーニング店は、スーツを午前中に出して4日後に受け取るシステムです。チェーン店のわりに日数がかかるなぁという印象です。なので、急ぎの時は、家から遠いですが、午前11時までに出せば当日午後6時以降に受け取り可能なクリーニング店を利用しています。

オプション加工は毎回ではありませんが、汗をかいた場合に汗抜きを追加することがあります。クリーニング料金ですが、普段よく利用しているお店では、スーツ上下で1800円(税抜き)、汗抜きで400円(税抜き)かかります。

スーツも便利な宅配クリーニングへ!「リネット」レビュー記事はこちら

【スーツのお手入れ】タバコや食べ物の臭いには消臭スプレーを使用

スーツは使ったらその都度クリーニングに出すのが我が家のルールなのですが、着用後からお店に出すまでの間に、お手入れのつもりでリセッシュの浸透除菌EX(グリーンハーブ)を多めにかけています。タバコのニオイや食べ物のニオイが消えて、綺麗になったような気持ちになるからです。

我が家は月に1、2度のスーツ利用なので、クリーニングからスーツが戻ってきて次に着るまで時間が空くわけですが、その間はクリーニング屋のプラスチックハンガーから自宅用木製ハンガーに換えて保管しています。木製ハンガーを使うことで、肩や襟の部分にプラスチックハンガーの跡がつきません。

また、スーツの生地は傷みにくく、木の効果で防臭防菌除湿になるからです。そして、一番忘れないようにしていることは防水スプレーをかけること。防水スプレーをかけておくと、着た時に汚れが付きにくいと聞いたことがあるので、かかさず使用しています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

【ネクシー、リナビス、カジタク】保管付クリーニング3社を徹底比較

クリーニング後の保管サービスを扱うお店は数多くありますが、できれば安くて仕上りも良いお店に預けたいのが本音。こ […]

記事の続きを読む
高級ダウン

【タトラス・カナダグース・デュベティカ】高級ダウンをクリーニングしてくれるのはどこ?

タトラスやカナダグースなどの高級ブランドダウン、一般のクリーニング店に出しても大丈夫なのでしょうか。高いお金を […]

記事の続きを読む
マッキントッシュ

ゴム引きコート・マッキントッシュの汚れの落とし方

マッキントッシュコートは、素材や縫製が特殊なことからクリーニングが難しいとされています。ではコートが汚れたらど […]

記事の続きを読む
カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む
ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ