TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【衣替えは年3回】自宅洗濯できないスーツやダウンはクリーニングを利用

【衣替えは年3回】自宅洗濯できないスーツやダウンはクリーニングを利用

洋服が詰まったクローゼット

毎年、衣替えをするのは季節の変わり目、3月に冬物から春物へ、6月に春物から夏物、9月に夏物から冬物へと、計3回行います。

衣替えに便利!宅配クリーニング「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

衣替え時はクリーニングしない衣類を少しずつ自宅で洗濯して保管

気候などは関係なく、時期的に絶対に着ない洋服から徐々にしまっていきます。反対に、着たい服から順番に出していきます。幼い子どもがいて、一日集中して衣替えをする時間が取れないのと、一気に洗濯するのは大変なので、一週間ぐらいかけて少しずつ衣替えを行います。

スーツやスキーウェア、ダウンジャケットなど、自宅で洗濯するのが難しい衣類はクリーニングに出して、戻ってきたらそのままハンガーにかけて保管します。その他、普通の洋服は自宅でいつも通りに洗濯して保管しています。

保管していた衣類を次に着るときは、やはり臭いやカビが気になります。なので、全て一度自宅で洗濯してから着用するようにしています。クリーニングに出してから保管した衣類はそのまま着用します。

スーツやダウンも格安!宅配クリーニングの「リネット」レビュー記事はこちら

【衣類収納】防虫剤・湿気取りとともにアクリルの衣装ケースに保管

収納方法は子ども用、主人用、自分用など、それぞれ分けてアクリルの衣装ケースに収納します。その際、必ず市販の防虫剤と湿気取りを一緒に入れるようにしています。住んでいる地域的に湿気が多くてジメッとしやすいので、湿気取りを入れないとカビだらけになってしまいます。

湿気取りを入れていても、どうしてもカビ臭くなってしまうことがあります。そのため、一ヶ月に一度は収納ケースのふたを開けて換気します。収納ケースはウォークインクローゼットと廊下収納に保管していますが、どちらも日光が入らないので、換気には特に気を遣います。

ウォークインクローゼットには換気扇が付いているので、梅雨の時期でもある程度空気を入れ替えられるのですが、廊下収納はどうにもできません。湿気が多い時期は、たまに扉を開けて換気するようにしています。

圧縮袋は収納には便利だけど、カビ臭くなるので使用しません

ウォークインクローゼットはある程度広さがあるので、場所が許す限りジャンパーやコートなど、ハンガーに掛けられるものは無理に収納ケースに保管せず、年中ハンガーに掛けたままにしています。収納ケースに入れることによって嫌な臭いが付きやすくなるからです。

年中出しっぱなしの衣類は、着用する季節がやってきた際、天気が良い日に丸1日、日光を当ててから着る事にしています。かさばりますが、圧縮袋は臭くなるのでなるべく使用を避けています。

以前、圧縮袋に上着類を収納した時、容量が減って収納するのには便利でしたが、衣替えで半年間しまっていただけでカビ臭くなってしまいました。上着なので洗濯をする事もできず、捨てる羽目になった経験があります。地域や環境によると思いますが、どんな保管方法でもこまめな換気が一番大事だと思います。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

服の湿気対策i

湿気から服を守ろう!クローゼットやタンスのカビ対策

久しぶりにクローゼットやタンス、押入れの中を整理しようと、服を出してみたら、なんだか湿っぽいような…。日頃から […]

記事の続きを読む
ユニフォーム洗濯i

【野球・サッカー・剣道】ユニフォームの泥汚れ・汗の臭いの取り方

部活で使うユニフォームは汗や泥などで一般の洗濯物よりも念入りな洗濯が必要です。泥汚れの効果的な落とし方から気に […]

記事の続きを読む
ダブル羽毛布団洗濯i

【ダブルの羽毛布団を洗濯するには】自宅で洗うより簡単な方法

羽毛布団は条件が揃っていれば自宅で洗うことも可能です。ではサイズの大きいダブルの羽毛布団はどう洗ったらいいので […]

記事の続きを読む
羽毛布団収納i

羽毛布団の正しい収納方法は?圧縮せずに上手にしまうコツ

ふかふかの羽毛布団をどう収納するか。来シーズンも心地よく使うために収納する前にやっておくこと、上手な羽毛布団の […]

記事の続きを読む
学生服洗濯i

学生服は自宅で洗濯OK!正しい洗い方と応急処置、テカリの取り方を紹介

毎日着ている学生服は汗や皮脂に加え、雨に濡れたりと意外に汚れているもの。学生服はウールの混紡率が50%以下なら […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ