TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【簡単!衣替えのコツ】季節別に収納した服を衣装ケースごと入れ替えるだけ

【簡単!衣替えのコツ】季節別に収納した服を衣装ケースごと入れ替えるだけ

コインランドリー

毎年、衣替えの時期は、梅雨に入ってしまう前の5月後半と、涼しくなり始めた9月半ばに行うことが多いです。天気予報を見て、できるだけカラッと晴れた日が続くタイミングで行うようにしています。

衣替えに便利!宅配クリーニング「リネット」の半額キャンペーンを利用してみた

衣替え時の洗濯は普段より時間をかけ、コインランドリーで完全乾燥

以前は、今着る服の収納ケースと、今は着ない服の収納ケース、というような分け方をしていたので、毎回、部屋中にすべての服を広げての大仕事でした。しかし、最近、夏服、冬服、春・秋服、年中着る服、というように、収納ケースを4つに分けることにしたので、衣替えの作業がずいぶんラクになりました。

今必要なケースのみ取り出しやすい場所に移動し、それ以外は奥のほうに収納してしまえばよいので、基本的に衣替えの作業は、ケースの入れ替えのみです。次に出すのが半年後になる服たちは、収納する前にしっかり洗濯をし、完全に乾燥させたいので、コインランドリーの乾燥機にお世話になっています。

洗濯をする際は、普段より洗濯の時間を長めに設定し、すすぎの回数を2回から3回に増やしています。深い意味はなく、気休め程度の効果かもしれませんが、なんとなくきれいになる気がします。お気に入りの服が増えてきた20代半ばから、毎回この方法で行っています。

衣替えの衣類をまとめて宅配クリーニングの「リネット」レビュー記事はこちら

【服の収納】蓋付き衣装ケースに防虫剤を入れて虫食い対策

収納方法は、カチッと蓋ができるタイプの衣装ケースを使用しています。普段着る服は、引き出し式の衣装ケースを使用しているのですが、しばらく着ない服には防虫剤を一緒に入れるので、できるだけ密閉性の高いもののほうがよいと考えました。

ハンガーにかける服に関しては、私の場合、枚数が少ないため、個々に使用する防虫カバーをかけています。クローゼットに前後二本、ハンガーをかけるパイプがついているので、季節ごとで前後にかける服を入れ替えています。

衣替えと同時に着ない服を捨てて収納ケースを増やさないよう工夫

防虫剤、収納方法について、今は比較的真面目に取り組んでいますが、以前は本当に無頓着でした。ですが、大切な服に限って虫食いの被害に遭い、散々悲しい思いをしてきたので、様々な対策をするようになりました。

私がしてきた失敗は、まず防虫剤を入れない。入れたとしても期限の切れたような防虫剤をいつまでも使用している。湿気に弱いダンボールなどに収納していた、などです。少し考えれば良くないということくらい分かりますが、虫を甘く見ていました。

このほか、衣替えの際に行っていることは、着なくなった服の処分です。所持している服を見直す良い機会なので思いきって整理し、収納ケースがパンパンにならないように気を付けています。新しい服が欲しい時は、収納スペースをどんどん広げるのではなく、現在の収納スペースに入らない服は買わないと心に決め、整理整頓を心がけています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む
ドレスクリーニングi

ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

記事の続きを読む
黄ばみの落とし方i

黄ばみの悩みを解決!自宅でできる衣類の黄ばみの落とし方

ちゃんと洗濯したはずなのに、白いシャツの襟や袖が黄ばんでる…この原因は落としきれていない汚れです。気になる […]

記事の続きを読む
服の保管i

服の保管はどこでする?保管付きクリーニングやトランクルーム等の預かりサービスを徹底調査

服の収納環境など悩みがあると、自宅以外に保管・収納サービスはないのだろうか気になります。最近ではそんな悩みを解 […]

記事の続きを読む
服のカビi

服のカビは落とせる!効果的な落とし方とカビの予防法

久しぶりに袖を通そうとした服をよく見てみると、カビが生えていることがあります。でも、あきらめないで!カビは落と […]

記事の続きを読む
QandA

Copyright© 2018 

ページトップ