TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【衣替えと同時に防虫対策】家中に「くん煙剤」を焚いてから家庭洗濯&クリーニング

【衣替えと同時に防虫対策】家中に「くん煙剤」を焚いてから家庭洗濯&クリーニング

タンスの前で洋服を手に取る女性

私は衣替えの時期になる少し前に防虫対策として、家中「くん煙剤」を使用します。衣替えに取りかかる日は、事前に天気予報を見て、主人の休みの日を含む晴れの日が2、3日続くような日を選びます。くん煙剤を使用する日は、いつもより長めに外出しなければいけないためです。

衣替えは宅配クリーニングが便利!「リナビス」のお試し5点セットを利用してみた

衣類は洗濯してから取捨選択。衣装ケースに小さくたたんでまとめて収納

くん煙剤を使用後、とりあえず家にある全ての衣類を洗濯し、家で洗えないものだけをクリーニングに出します。赤ちゃんが着る衣類も例外なしで家族全員分なので、ものすごい量になりますが、家中を洗っているようで、とてもスッキリします。

全ての洗濯が完了した時点で、仕分け開始です。普段着で1年ぐらい着ていないものは、もう着ない確率がかなり高いので、きれいなポリ袋の中へ入れ、後日売りに出します。次にこのシーズンに着るものは、すぐに出せる場所へ入れ、着ないものは収納ケースへ入れていきます。

この時、収納ケースにしまう衣類はいつもと違う畳み方をし、できるだけ小さくまとめてしまいます。収納ケースを何段も重ねなくて済むようにです。収納ケースへ入れることのできない高額なものや、スーツ等はクリーニングに出した後、クローゼットへ戻し、毛布や布団などは圧縮袋を使用します。

衣替えは保管もできる宅配クリーニング「リナビス」へ。レビュー記事はこちら

【衣替えがスムーズ】重たい衣装ケースは押入れとクローゼットの下段に収納

収納ケースや毛布などの収納場所は、和室の押し入れを使用しています。そこは普段開けないので下に新聞紙を敷いて、傷まないようにする為と掃除をしやすくしています。

この時点で、全ての衣類や布団がしっかり押し入れに収納できれば万々歳ですが、時には押し入れに入りきらないものが出てくる場合があります。その時はクローゼットの下部分を使用しています。

押し入れの上やクローゼットの上にも収納スペースがありますが、出し入れの際に脚立を出さなくてはいけないし、一人であの重い収納ケースなどを持ち上げるとしたら腰を痛めてしまうので使用していません。

【衣替えのポイント】ニオイ移り防止のため防虫剤と湿気取りは衣装ケースの外に

仕分けが終了したら、収納ケースの近くに湿気取りを置いておきます。防虫剤や湿気取りを収納ケースに直接入れてしまうと、衣類にニオイが移る為です。最近では無臭のものもあるようですが、量と価格を考えて、それは使用していません。

クローゼットならば、毎日空気の入れ換えが可能な場所なので、ハンガータイプの湿気取りを使用しています。1~3日がかりのとても大変な作業ですが、年に2回ぐらいなので全く苦にはなりません。むしろ、年末の大掃除が楽になります。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

服の湿気対策i

湿気から服を守ろう!クローゼットやタンスのカビ対策

久しぶりにクローゼットやタンス、押入れの中を整理しようと、服を出してみたら、なんだか湿っぽいような…。日頃から […]

記事の続きを読む
ユニフォーム洗濯i

【野球・サッカー・剣道】ユニフォームの泥汚れ・汗の臭いの取り方

部活で使うユニフォームは汗や泥などで一般の洗濯物よりも念入りな洗濯が必要です。泥汚れの効果的な落とし方から気に […]

記事の続きを読む
ダブル羽毛布団洗濯i

【ダブルの羽毛布団を洗濯するには】自宅で洗うより簡単な方法

羽毛布団は条件が揃っていれば自宅で洗うことも可能です。ではサイズの大きいダブルの羽毛布団はどう洗ったらいいので […]

記事の続きを読む
羽毛布団収納i

羽毛布団の正しい収納方法は?圧縮せずに上手にしまうコツ

ふかふかの羽毛布団をどう収納するか。来シーズンも心地よく使うために収納する前にやっておくこと、上手な羽毛布団の […]

記事の続きを読む
学生服洗濯i

学生服は自宅で洗濯OK!正しい洗い方と応急処置、テカリの取り方を紹介

毎日着ている学生服は汗や皮脂に加え、雨に濡れたりと意外に汚れているもの。学生服はウールの混紡率が50%以下なら […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ