TOP  >  洗濯失敗談  >  何でも洗濯機に放り込む大雑把な私。洗濯失敗は日常茶飯事です

何でも洗濯機に放り込む大雑把な私。洗濯失敗は日常茶飯事です

テッシュ
洗濯機での失敗は、ティシュの取り忘れが多いです。テッシュならまだしも、トイレットペーパーなどが、ポケットに潜んでいると悲惨なことになります。

ポケットのテッシュを取り忘れ、洗濯機の排水ホースを詰まらせた

洗濯前に点検はしたつもりなのですが、ポケットの下の方に入っていたりするケースもありました。一度、洗濯機のホースに詰まって、排水ができなくなり、洗濯機を逆さまにしたりして大騒ぎしたことがありました。

原因は、溜まり積もった糸くずやら、テッシュ屑などです。レシートも一度ありました。お金は、幸い余剰金もさしてないので、洗ったことはありません。

ブランド品のTシャツも洗濯機で丸洗い。手抜き洗濯の結果、色落ちして情けなない代物に

あとは、ガリガリいうので何かと思ったら、ヘアピンが一本紛れていたこともあります。それと、ブランド品らしき凝ったデザインの高級Tシャツを、つい面倒なので洗濯機に放り込んで洗いました。ですが、艶やかだった黒は何だかくすんで、何となく情けない代物になりました。失敗に気付いたのは、大抵洗濯後のことで後の祭りです。

他には、夫が洗濯してくれた時に、色物と下着をごちゃ混ぜに入れ、下着の白が染まってしまって後にブリーチをしたことがあります。それから、ビワ湯にした入浴の残り湯を洗濯機に使用した時、洗濯物の下着の白が、染色されて何か薄茶のようになってしまったこともありました。

ブランド品については、洗濯機に突っ込んだ時点で、そうなるかもしれないことを覚悟して、それでも手洗いするのが面倒だったので諦め、普段使いにしました。びわの葉湯で染まってしまった下着は、次の選択のときブリーチで漂白して戻しました。

洗濯機を詰まらせてからは、出来る限りポケットは慎重に点検します。ブランド品は、どうでもいいと思った品に限り、洗濯機に入れます。

洗濯機で洗えない衣類は処分します。手洗いする手間がなくなり、スッキリ

対処方法としては、洗濯機で洗えない製品は購入しないことにしました。まめな洗濯ができないと汗しみになってしまったりで、結局は衣類をダメにしてしまいますし、かといって手洗いしたりする気力も年々失われています。クリーニング店も遠く、持参するのにも一苦労です。

夫には、分別して洗濯するように言いましたが、どこまで了解したか疑問です。したがって、できるだけ夫に洗濯機で洗わせないように、早め早めに洗濯機を回すことを選んでいます。

そうした中で、私が出した結論は、洗濯機で洗える製品を使用するということです。着ないで持っているブランド品は、可能な限り処分して身軽になりたいと思います。あらかじめ洗濯に堅牢な製品のみ着用すれば洗濯の失敗もありません。これで、洗濯にまつわる多くの煩わしさか゜、ずいぶん払拭されます。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「洗濯失敗談」の一覧

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオ […]

記事の続きを読む

【クローゼットでカビだらけのスーツを発見】日当たりの悪い部屋は、換気が重要

以前、実家で暮らしていた時の話です。実家は築50年ぐらいのまぁまぁ古い二階建て住宅です。都会ではありませんが、 […]

記事の続きを読む

【黄ばみが原因でコートを処分】クリーニングで汗抜きしてから保管

クローゼットに収納していたコートが黄ばんでしまい、その後処分した経験があります。コートのブランド名は不明ですが […]

記事の続きを読む

【カビ対策は除湿がカギ】クローゼットの換気を怠り、大事な洋服に大量のカビ発生

昨年4月に今の賃貸物件に移り住みました。当時は4ヶ月の双子を抱えていましたので、日々の掃除もままならず、洋服も […]

記事の続きを読む

クローゼットの湿気が原因で、大切な洋服がカビだらけに

私は洋服が好きで、クローゼットには夏服冬服をぎっしりと収納しています。またバックや小物類もクローゼットにしまっ […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ