TOP  >  洗濯失敗談  >  ポケットに入った携帯電話を取り忘れ、そのまま洗濯。水を含んだ携帯は真っ黒で反応なし

ポケットに入った携帯電話を取り忘れ、そのまま洗濯。水を含んだ携帯は真っ黒で反応なし

s53

自宅洗濯史上最大の失敗は携帯電話を洗濯してしまったことです。丁度、嘔吐下痢症やインフルエンザが立て続けに我が家を襲い、一家半壊状態の時でした。連日昼夜を問わずの看病、そして大量の洗濯物に追われる日々が1か月近く続いていたと思います。

洗濯機から聞こえるゴロゴロという音。割烹着のポケットに携帯を入れたまま洗濯

流石に疲れ果て、私自身も体調不良でヘロヘロでした。その日、何回目の洗濯だったかは覚えておりません。汚れ物と自分の割烹着を洗濯機に放り込み、スタートさせました。その時、洗濯機が何かゴロゴロと変な音を立てているのに気が付きましたが、使いすぎのせいと思っておりました。

そして、30分ほど経ち、洗濯終了の音に重い腰をあげた頃です。ズボンのポケットに携帯電話が無いことに気が付きました。「まさか…。遂にアレを洗ってしまう日が来てしまったのか。」一瞬で蘇るあのゴロゴロ音に真っ青になりながら、湿った割烹着のポケットをあさりました。

半年の間に携帯電話を洗濯してしまった失敗は2回目

そして、悪夢を見ました。液晶は水が入って真っ黒、どのボタンを押してもウンともスンともいいません。以前トイレに落としてしまった時のように、乾燥して復活するようなレベルの濡れ方ではありませんでした。30分も洗われれば当然の結果ではありますが…。

子供たちの貴重な写真が、ここ最近のアドレスが…。目の前が真っ暗になりながらも、急いで、マイクロSDを取り出しました。最後にバックアップをとったのは半年近く前でしたでしょうか。それでも、その記録に望みをかけて、即ドコモショップに駆け込みました。

幸い、マイクロSDのデータは無事でしたが、携帯電話の復活は不可能でした。私は、携帯の保険に入っていたので、五千円ほどで交換してもらえるはずですが、少し不安がよぎります。実は、この事件の半年ほど前です。私の留守中に、同居する義父が珍しく自分で洗濯した際、自身の携帯電話を洗濯していました。

同じ洗濯失敗は繰り返さない!携帯電話を確認してから洗濯機を回します

1度目だから、という理由で保険を使わせてもらえた記憶があります。半年で2度目は悪質と思われはしまいか、と恐る恐る保険の話をきりだしました。この時、私の携帯ファミリーが義父とは別で、私の実家のままでありました。

そして、私の携帯電話は支払口座が別であったので、私も1度目扱いになったようです。(支払の出所はどちらも我が家ですが、義父は主人の携帯のファミリーで支払口座は私の物とは別口座です。)また来たと言わんばかりの表情の店員さんに、ドキドキしながらも保険を使わせてもらえました。

それでも、5千円は我が家には痛い出費でした。あれから、携帯電話の所在を確認してから洗濯機に衣類を入れることを徹底しております。そして、データのバックアップは必ずやるように心がけるようになりました。もう二度と携帯電話は洗いたくありません。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「洗濯失敗談」の一覧

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオ […]

記事の続きを読む

【クローゼットでカビだらけのスーツを発見】日当たりの悪い部屋は、換気が重要

以前、実家で暮らしていた時の話です。実家は築50年ぐらいのまぁまぁ古い二階建て住宅です。都会ではありませんが、 […]

記事の続きを読む

【黄ばみが原因でコートを処分】クリーニングで汗抜きしてから保管

クローゼットに収納していたコートが黄ばんでしまい、その後処分した経験があります。コートのブランド名は不明ですが […]

記事の続きを読む

【カビ対策は除湿がカギ】クローゼットの換気を怠り、大事な洋服に大量のカビ発生

昨年4月に今の賃貸物件に移り住みました。当時は4ヶ月の双子を抱えていましたので、日々の掃除もままならず、洋服も […]

記事の続きを読む

クローゼットの湿気が原因で、大切な洋服がカビだらけに

私は洋服が好きで、クローゼットには夏服冬服をぎっしりと収納しています。またバックや小物類もクローゼットにしまっ […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ