TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【花粉症の症状緩和に】薬だけに頼らず、ヨーグルトを食べて体質改善

【花粉症の症状緩和に】薬だけに頼らず、ヨーグルトを食べて体質改善

5425
花粉症になった時期は2年前です。5人家族で、私たち夫婦と娘一人が花粉症の症状が出ています。息子2人は全くありません。花粉の時期、洗濯は必ず乾燥機を使って部屋干しにしています。外でカラッと干したいけれど、ものすごく症状が悪化するので絶対に干せません。

大切な衣類はクリーニングへ⇒無料保管付き宅配クリーニング「リナビス」のお試し5点セットを利用してみた

【症状緩和に効果あり】帰宅後すぐに手と顔を洗って花粉を除去

布団もレイコップを買いました。レイコップを使えば布団を外に干さなくても清潔なので、花粉症対策に役立っています。なので、布団に関して困っていることは特にありません。

花粉症対策としては、外出時はマスクとメガネを必ず着用し、服の素材もウール、モヘア、フリースなど、ふわふわもこもこ系は着ません。この素材を着るか着ないかで全く違ってきます。家に帰った時も、服に付いた花粉を払い落としたり、コロコロで綺麗に花粉除去します。

花粉症で苦しんでいない息子たちは面倒臭がってやってくれないので、帰ったらすぐに服を着替えさせています。そして、手洗いと同時に顔を洗う。これはかなり効果ありです。けれど、完全に花粉をシャットアウトすることが出来ないのが悲しいです。

【初回限定お試し価格】宅配クリーニング「リナビス」レビュー記事はこちら

衣類の花粉付着防止には、クリーニングとスプレーを併用

ヨーグルトは症状緩和にとても効果があると聞きました。だいたい2月の頭から食べ始めています。何も対策をしないと、2月入るとぐずぐず鼻がつらくなってくるのですが、ヨーグルトのおかげか症状が出る時期が遅れていると思います。薬漬けにはなりたくないので、症状緩和に効果的と言われている食べ物や飲み物を取り入れて、身体の中から改善できればと心がけています。

今とても気なっているものがクリーニングです。花粉を寄せ付けにくくする方法。どの程度効果があるのか気になります。金銭的にも、すべての衣類をクリーニングにお世話になるわけにはいきませんが、アウター類はクリーニングの花粉対策をしてみたいです。そのほか、衣服にかけて花粉が付くのを防止できるスプレーも合わせて使えば少しは期待できるかと思います。

花粉症で眠れない時は、鼻うがいとツボ押しで症状を緩和

花粉症で一番辛いのは、寝られないことです。風邪症状になるので喉も耳も器官系全てがダメになるので辛いです。次に困るのは、鼻が詰まって味覚が分からなくなることです。料理の時に味見をしても分からず、辛いのか甘いのかも分かりません。

鼻が通る頭のツボがあり、そこを押していると鼻は通りますが一瞬で戻ります。色々なツボを試していますが、持続させないと意味がないのかなぁと思っています。本当にひどい時はぬるま湯に塩を入れて鼻うがいもしています。

鼻うがいは、始めはすごく抵抗があって痛いのとむせるので大変でした。でも、コツを掴めば、逆に楽になります。鼻うがいで鼻の中に溜まったドロッとしたものが一気に出てきます。

花粉症特有のサラサラの鼻水は、感覚がない状態でポタッと落ちるので、出先ではティッシュを鼻に詰めてからマスクをがっちりしています。呼吸しにくいですが、これが一番いい方法です。たくさん花粉症対策の商品があるので、良さそうなものを試していきたいと思っています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

セーター-i

衣替え時のクリーニングは「しまう前」が正解!面倒を解決する保管サービスも紹介

年に2回の衣替えは、着なくなった洋服を処分したり、クリーニングに出すものを仕分けたりと、なかなか面倒な作業でも […]

記事の続きを読む

【ネクシー、リナビス、カジタク】保管付クリーニング3社を徹底比較

クリーニング後の保管サービスを扱うお店は数多くありますが、できれば安くて仕上りも良いお店に預けたいのが本音。こ […]

記事の続きを読む
高級ダウン

【タトラス・カナダグース・デュベティカ】高級ダウンをクリーニングしてくれるのはどこ?

タトラスやカナダグースなどの高級ブランドダウン、一般のクリーニング店に出しても大丈夫なのでしょうか。高いお金を […]

記事の続きを読む
マッキントッシュ

ゴム引きコート・マッキントッシュの汚れの落とし方

マッキントッシュコートは、素材や縫製が特殊なことからクリーニングが難しいとされています。ではコートが汚れたらど […]

記事の続きを読む
カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ