TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【花粉による目のかゆみ対策】春はメガネを使用し、家の中では空気清浄機を2台稼働

【花粉による目のかゆみ対策】春はメガネを使用し、家の中では空気清浄機を2台稼働

メガネ
2年前くらいから花粉症になりました。症状はまだ軽いほうだと思いますが、天気予報で「花粉がたくさん飛んでいます」という日は必ず目がかゆくなり、充血するようになりました。家族の中では、唯一父が花粉症だったのですが、とうとう私も仲間入りしました。

【初回限定お試し価格】宅配クリーニング「リナビス」レビュー記事はこちら

【花粉症対策(1)】花粉の時期は目がかゆいので、コンタクトからメガネへ

我が家の花粉症対策は、冬が終わり、寒さも緩む3月あたりから始まります。その頃から、外出すると片目がかゆくなりだし、顔も赤く荒れてきます。外出時は化粧とコンタクトはやめて、定番のマスクにメガネスタイルで乗り切っています。マスクの下は、病院でもらった保湿剤をたっぷり塗って、顔のヒリヒリをおさえています。

家族の洗濯物はなるべく部屋干し(天気が良くても風の強い日は必ず部屋干し、風のない日は、外干しにしています)、空気清浄機は2台フル稼働させて、玄関近くとリビングに置いています。

【6ヶ月間保管無料】お得なリナビスの「初回限定」お試し5点セットを利用してみた

【花粉症対策(2)】花粉が付きにくい素材を着用し、洗濯物は部屋干しに

部屋干しすると、生乾きで臭くなったり、日に当てて干した時のようなフワフワ感がなくなったりというデメリットもあります。ですが、柔軟剤を2倍に使用したり、除菌スプレーを使用したり、洗濯の回数を減らして花粉対策しています。また、天気予報をチェックして、花粉があまり飛んでいない日を狙って外干しし、花粉に対処しています。

特に、我が家には1歳の赤ちゃんがいますし、私自身も花粉の時期に肌が敏感になって荒れやすくなるので、この時期の洗濯物の取り扱いは気をつけています。タオルや寝具、直接肌に触れる下着類などは部屋干しにし、コットン、毛など花粉がくっつきやすい素材は、風が強い日を避けて着るようにしています。

【花粉症対策(3)】帰宅後すぐにシャワーを浴びて、家の中に花粉を持ち込まない

主人は花粉症ではないので、花粉がたくさん舞っている日も特に衣類の素材などは気にせず着用しています。しかし、主人の帰宅後、少し経つと近くにいる私の目がかゆくなるので、できるだけ玄関近くの空気清浄機の前で花粉をはたいてもらい、洗濯機へ洋服を入れて部屋着に着替えて、すぐお風呂に入ってもらうようにしています。

そうすると、何もしていない時とは違い、目のかゆみはまったくと言っていい程ありません。私自身も花粉の時期は肌荒れ防止のために、帰宅後すぐにシャワーを浴びて化粧を落として保湿します。そうすると、ヒリヒリ感が抑えられるような気がします。洗濯方法や洋服選びも帰宅後のシャワーも、家族で気をつけて、少しでも進行を遅らすことができたらなと考えています。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

【ネクシー、リナビス、カジタク】保管付クリーニング3社を徹底比較

クリーニング後の保管サービスを扱うお店は数多くありますが、できれば安くて仕上りも良いお店に預けたいのが本音。こ […]

記事の続きを読む
高級ダウン

【タトラス・カナダグース・デュベティカ】高級ダウンをクリーニングしてくれるのはどこ?

タトラスやカナダグースなどの高級ブランドダウン、一般のクリーニング店に出しても大丈夫なのでしょうか。高いお金を […]

記事の続きを読む
マッキントッシュ

ゴム引きコート・マッキントッシュの汚れの落とし方

マッキントッシュコートは、素材や縫製が特殊なことからクリーニングが難しいとされています。ではコートが汚れたらど […]

記事の続きを読む
カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む
ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ