TOP  >  布団の悩みや工夫  >  【犬が粗相した布団】苦労して洗ったのにシミが残ってペシャンコに

【犬が粗相した布団】苦労して洗ったのにシミが残ってペシャンコに

犬が布団におしっこ自宅で布団を洗濯した時の苦労話をお話します。まず自宅で洗濯した種類の布団は掛布団です。素材は綿です。私が行った洗濯方法は、漂白剤につけ置きしてから洗濯機で洗い、脱水を行い、ベランダに干しました。

しつこいおしっこの臭いに漂白剤を使用。布団をお風呂でつけ置き

この時苦労したのは、非常に面倒くさい汚れ方をしたからなのです。普通にドリンクなどをこぼした程度であれば漂白剤までしません。この時、私の飼い犬が掛布団におしっこをしてしまったのです。

きちんとしつけをしている犬で、普段は絶対に決められた場所以外でおしっこをすることなどないのですが、その時に限ってなぜか掛布団におしっこをしてしまったのです。犬のおしっこの臭いは普通に洗うだけではなかなか取れにくいので、まず漂白をしました。漂白剤を入れたスプレーを用意し、おしっこがかかった箇所に吹きかけました。

しかし、それだけではしみ込んでしまった内側は汚れが落ちないと考え、思い切って掛布団全体を漂白することにしました。自宅に布団が入るような大きなバケツや入れ物がなかったため、お風呂場の浴槽に水を溜め、その中に漂白剤をたっぷり入れました。

お風呂から洗濯機へ布団を移動するとき、床がびちょびちょに

掛布団をその中に入れる前に、お風呂場でおしっこのかかった箇所を石鹸で軽く洗い、浴槽につけ置きしました。3、4時間つけ置き後、浴槽の水を捨て、手で水分を絞りました。当然、掛布団に大量の水分が入り込んでため、絞るのに苦労しました。

また、漂白剤入りの水だったため、洗濯が終わる頃には手も荒れてしまっていました。次に布団を洗濯機まで運び、毛布洗濯モードで洗浄しました。洗剤は抗菌タイプのものを使用し、柔軟剤は多めに入れました。

洗濯機に布団を運ぶ時、床がびちょびちょになり、二次災害でした。手で絞るのにも限界があったです。そして洗濯が終わった後、脱水モードで水気を切り、ベランダで干しました。

洗濯機で洗える布団を購入。こんな苦労はもう懲り懲り

洗剤や柔軟剤、漂白剤などの消耗品は大量に消費してしまうし、床はびちゃびちゃになるし、体力も消耗するしで散々な目に遭いました。

布団の仕上がりについてですが、漂白剤につけ置きしたので臭いは落ちました。しかしおしっこのかかった箇所にシミが残ってしまいました。布団はなんだか洗う前よりもフカフカ感がなく、ぺしゃんこになってしまいました。

その後何日間かその布団を使用しましたが、結局処分し、新しいフカフカな布団を買いました。もう二度と同じことがないように、自宅の洗濯機で洗えるタイプの掛布団を購入し、我が家の愛犬を布団に入れないように柵を買って、侵入を制御しました。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「布団の悩みや工夫」の一覧

布団のホコリの取り方i

【布団のほこり】正しい取り方とほこりを出さないための対策

布団のほこりの中には、ちぎれた繊維や綿・羽毛などの他に、髪の毛やゴミなどが混ざり、時にはダニなどの虫がいること […]

記事の続きを読む
布団の血の汚れの落とし方

布団についた血液汚れの簡単な落とし方

布団についた汚れで一番落ちにくい血液のシミ。血液をしっかり落としておかないと、シミとして残ってしまうので、すぐ […]

記事の続きを読む
おねしょ布団

今すぐできる!おねしょ布団の応急処置の仕方と、干せない時の対処法

おねしょ布団のシミや臭いは時間が経過すると落ちにくくなります。かといって、丸洗いするには時間と労力が必要です。 […]

記事の続きを読む
丸洗いor打ち直し

丸洗い、打ち直し、どちらを選ぶ?お使いの布団の状態を今すぐチェック

布団は長年使用することで劣化していきます。ぺしゃんこになってしまった布団を購入当初のようにふわふわに甦らせる手 […]

記事の続きを読む
レンタル布団-i

【レンタル付き布団クリーニング】代わりの布団がなくても今すぐ出せる!イチ押しの店はどこ?

布団を丸洗いしている間、どうやって寝るの?そんな悩みを解消するのがレンタル布団付きのクリーニング。今回は代わり […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ