TOP  >  布団の悩みや工夫  >  布団にダニが大発生!全身刺されて、かゆみが止まらない

布団にダニが大発生!全身刺されて、かゆみが止まらない

627

私の家族は主人、私、9か月になる息子の3人家族です。布団はシングルサイズの布団が2組、ベビー布団が1組、毛布とタオルケットがそれぞれ2枚、こたつ布団が1枚です。特に長く使っている布団は、主人が独身時代から使用しているもので、およそ7年になります。

【ダニ退治】干した布団を軽くたたいてみたら、すごい埃が(゚◇゚;)!

布団の悩みといえば、我が家はマンションなのでとにかく収納スペースが狭いこと!廊下に面して収納スペースがあるので、扉を開けると布団がしまいにくい。それに一階に住んでいるので、虫が入りやすいのか、夏場になるとダニに悩まされています。体のあちこちを噛まれて、とても痒いです。

収納スペースを変えることはできないので、通路が狭いのは仕方ないにせよ、布団の枚数は必要最低限に抑えるようにしています。来客がある際は、一軒家に住んでいる友人に布団を借りるようにしています。ダニに関しては、こまめに外に干し、タタキでたたくようにしていますが、すごい埃でいつもビックリしちゃいます。

1回に干せる布団はベランダも狭く、物干し竿も2本しか吊るせないため、敷布団と掛布団が1枚ずつです。夏場は洗濯物も早く乾くため、午前は洗濯物、午後は布団と時間によってベランダで干すものを変えています。なので夏は最低でも一週間に1回は、布団を干せます。あとは気が付いたときに、こまめに干すようにしています。

収納スペースも少ない我が家では、圧縮袋が大活躍

布団で工夫していることといえば、大人用は大きすぎて難しいのですが、息子のベビー布団は圧縮袋に入れて収納しています。小さいと思いがちなベビー布団ですが、夏用と冬用を合わせると結構かさばり、圧縮袋は重宝しています。

布団や枕は、破れやほつれが気になったら買い替えています。つい最近、今年の春ですが、敷き布団カバーと枕カバーを買い替えました。布団カバーのチャックが壊れ、閉まらなくなったためです。汚れやシミはできる限り自分で落としますが、さすがにチャックは直せませんでした。

布団は新品を購入するより、保管もしてくれるクリーニングを検討中

まだ利用したことはないですが、布団をきれいに保てない場合は、クリーニングに出すのも1つの手段だと思っています。保管もしてくれるみたいだし。あと枕は大丈夫ですが、布団はサイズが大きいので車のない我が家では購入しても、持ち帰るのが大変。できる限りカバーだけの購入で抑えています。

布団や枕を清潔に保つために、敷きパッドは欠かせません。息子はまだまだ赤ちゃんなので、体温が高く、かなり汗をかきます。そのため、布団を汚さないように敷きパッドを敷き、洗い替え用もあるのでこまめに交換しています。でも息子の敷きパッドは汗染みが目立ち始めてきたので、そろそろ買い替えかな~。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「布団の悩みや工夫」の一覧

布団のホコリの取り方i

【布団のほこり】正しい取り方とほこりを出さないための対策

布団のほこりの中には、ちぎれた繊維や綿・羽毛などの他に、髪の毛やゴミなどが混ざり、時にはダニなどの虫がいること […]

記事の続きを読む
布団の血の汚れの落とし方

布団についた血液汚れの簡単な落とし方

布団についた汚れで一番落ちにくい血液のシミ。血液をしっかり落としておかないと、シミとして残ってしまうので、すぐ […]

記事の続きを読む
おねしょ布団

今すぐできる!おねしょ布団の応急処置の仕方と、干せない時の対処法

おねしょ布団のシミや臭いは時間が経過すると落ちにくくなります。かといって、丸洗いするには時間と労力が必要です。 […]

記事の続きを読む
丸洗いor打ち直し

丸洗い、打ち直し、どちらを選ぶ?お使いの布団の状態を今すぐチェック

布団は長年使用することで劣化していきます。ぺしゃんこになってしまった布団を購入当初のようにふわふわに甦らせる手 […]

記事の続きを読む
レンタル布団-i

【レンタル付き布団クリーニング】代わりの布団がなくても今すぐ出せる!イチ押しの店はどこ?

布団を丸洗いしている間、どうやって寝るの?そんな悩みを解消するのがレンタル布団付きのクリーニング。今回は代わり […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ