TOP  >  【宅配クリーニング】レビュー&口コミ特集  >  【スキーウェア】宅配クリーニングのリナビスに出してみた

【スキーウェア】宅配クリーニングのリナビスに出してみた

スキーウェアクリーニング後スキーやスノボを楽しんだ後にウェアの片づけをしていると、どこで付いたか分からないシミやサビ汚れなど、意外と汚れていることに気付きます。また、スキー中は汗をかくので汗染みや臭いが気になります。

我が家のスキーウェアも今年は汚れが目立ったので、宅配クリーニンング「リナビス」に出してみました。スキーウェアのクリーニング代はどこの店でも高く、家族分ともなると高額になってしまいます。

しかし、私が今回利用したリナビスの衣類5点コースはどんな衣類でも5点で5,900円(税抜)。スキーウェア1点に換算すると1,000円ちょっとと、スキーウェアのクリーニング代としては安いと感じ、初めて申し込みました。

【リナビス最新情報】
2018年5月現在、レビューしているお試し価格の5点5,900円コースは一時休止となっています。予想を上回る注文が入って納期が遅れるとの理由からです。お試しコースが廃止になったわけではないので早めの復活を期待したいです。

もくじ

1.【発送準備】宅配クリーニングリナビスに出す前にスキーウェアをチェック
2.スキーウェアのシミ・汚れをクリーニング前後で比較
3.【スキーズボンの破れに変化なし】リナビスのクリーニング品質が良い証拠
4.【リナビスの撥水加工】効果は?クリーニング前後で比較検証
5.宅配クリーニング「リナビス」の申し込み手順
6.スキーウェアを宅配クリーニング「リナビス」に出した感想
7.まとめ

【発送準備】宅配クリーニングリナビスに出す前にスキーウェアをチェック

スキーウェア出す前リナビスに出したのはメンズのジャケットとズボン、レディースのジャケットとズボン、子どものジャケット(サイズ150)、以上5点です。今回クリーニングに出すにあたり、次の3つに着目します。

(1)シミは取れる?
スキーウェアしみ子どものスキーウェアは高価なものでないので、毎回自宅で洗濯しています。今回は背中に大きな汚れが付いてしまい、自宅では落とせずリナビスに出してみました。直径4cm程ある茶黄色のシミ。サビ汚れに見えますが、果たしてクリーニングで綺麗に落ちるのでしょうか?

(2)破れは広がらない?
スキーウェア破れスキーズボンの裾に約1.5cmの破れを発見しました。知らない間にスキー板のエッジで切ってしまったのでしょうか。同じような破れが数か所見つかったので、破れがあってもクリーニングしてもらえるのか気になり、リナビスに直接電話で問い合わせました。

リナビス申込書「破れていても大丈夫。申込書の要望欄に記入してください」とのこと。子どものスキーウェアの茶色い汚れの件と、レディースズボンの破れの件を要望欄に記入しました。

(3)撥水加工の効果はある?
スキーウェア撥水加工処理撥水の効き目が薄れていたグレーのウェアに有料の撥水加工処理を依頼しました(青タグで指定)。リナビスの撥水加工の効果を検証します。

以上3つ、リナビスにクリーニングしてもらったらどうなるのか、仕上がりを期待しながら発送準備を進めました。

スキーウェアリナビスキットリナビスホームページから申し込むと、数日後に集荷キットが届きました。キットには集荷バッグや申込書、指示カードなどが入っていました。発送手順が細かく書かれたご利用ガイドも入っていたので、迷うことはありませんでした。

スキーウェア発送前発送手順に従って申込書に記入したり指示カードをウェアに付けたりして準備OK。集荷バッグにスキーウェア5点を詰めて発送しました。

スキーウェアのシミ・汚れをクリーニング前後で比較

スキーウェア汚れ落ち子どものウェア(背中側)にあったサビ汚れと思われる茶黄色のシミ。ずいぶん目立っていましたが、クリーニング後は跡形もなくシミが落ちていました

しみ抜き指示タグ他にもたくさん汚れがあったようで、ピンクの「シミ抜き指示タック」にはウェア前後の至るところにシミ抜き指示がなされていました。

袖口汚れ落ち袖口の黒ずみも取れて真っ白になりました

しみ抜きお詫びタグしみ抜きに関しては「これ以上は衣類を傷める可能性があるため」と青いお詫びカードが付いていました。ポケットにあるような小さな汚れが数か所そのまま残っていました。しかし、こんな小さい汚れは、正直気になりません。それでも気遣ってくれたリナビスの丁寧な対応が嬉しいです。

ファンデーション汚れ黄ばみや黒ずみだけでなく、襟元のファンデーション汚れもクリーニング後はすっきり取れていました。ボアの肌触りもふんわり柔らかく臭いもありません。

【スキーズボンの破れは広がらず】リナビスのクリーニング品質が良い証拠

裾破れ指示タグ申込書の要望欄に「ズボンに破れあり」と記載した内容は、ピンクのタグによって現場でクリーニングしてくれるスタッフさんにまで確実に伝わったようです。

破れクリーニング前後クリーニングすることで破れが広がったり毛羽立ったりしないか心配でしたが、破れの状態は全く変化ありません。丁寧にクリーニングされた証拠です。見落とされても仕方がないくらいの小さな傷などは予め伝えておくといいと思いました。

【リナビスの撥水加工】効果は?クリーニング前後で比較検証

スキー時は雪や雨で濡れることが多いので、撥水性十分なウェアを着たいです。そこで、今回、撥水性がやや薄れてしまったウェア(グレー)には撥水加工をお願いしました。

また、スキーウェアは一般的に、もともと撥水機能が施されていますが、クリーニングするとその機能が薄れるとの噂もあります。そこで、最初から撥水効果十分のウェア(赤)にはクリーニングのみを依頼。もともとあった撥水効果が薄れてしまうか検証しました。

リナビスの撥水加工の効果は?

リナビスの有料メニュー(1点税込1,058円)である撥水加工処理、どのくらい効果があるか、クリーニング前後の水はじきの様子を比べてみました。

撥水テスト1クリーニングに出す前に、もともとの撥水状態を確認したところ、時間が経つにつれて(5分程で)水の玉が広がり染み込んでしまいました。写真右の青丸印、濡れて濃いグレーに変わったのが分かります。

撥水テスト2リナビスで撥水加工処理を行ったあとに同じテストをしたところ、水の玉はクリーニング前と比べ細かく分散され、集まって大きくなることなくポロポロと流れ落ちてしまいました。また、濡れると濃いグレーに変化する生地なのですが、5分経過しても染み込んだ形跡はありません。リナビスの撥水加工の効果はあると感心しました。

もともとの撥水機能はクリーニングで薄れるって本当?

ここからはクリーニングによってもともとの撥水機能が低下していないかを調べました。

撥水テスト3クリーニング前から撥水性十分だったウェアはクリーニング後も変わらず水をはじいています。時間が経過しても水玉が布地に染み込むこともありませんでした。クリーニングしても撥水機能が低下することはないと分かりました。

【撥水テストの感想】
撥水加工処理は見た目や手触り、臭いなどは変化ありませんでしたが、水のはじき方と染み込み具合にはクリーニング前後で違いがあり、撥水加工の効果を感じました。また、クリーニングに出しても、もともとあった撥水機能が低下するわけではないと分かりました。

濡れることが多いスキーウェアは、撥水加工してもらうに越したことはありません。しかし、リナビスの撥水加工処理は有料メニューで1点1,058円(税込)かかり正直高いと思います。撥水状態の良いウェアであれば、撥水加工を依頼せずにそのままクリーニングしてもらうだけでもいいと感じました。

【初回お試し5点コース】宅配クリーニングリナビスの公式ホームページはこちら

宅配クリーニング「リナビス」の申し込み手順

宅配クリーニング「リナビス」の申し込み手順はとても簡単でした。

申込手順1リナビスの公式サイトにアクセスし、お試し5点コースを選択します。(2018年5月現在、お試しコースは一時休止となっています。注文が殺到し返却に時間がかかるためとの理由ですが、廃止になったわけではなく混雑が解消されれば復活するそうです。最新情報は公式ホームページで確認してみましょう)

申込手順2スキーウェアに撥水加工処理を希望する場合は、希望数を選んでから「カートに入れる」ボタンをタップします。

申込手順3カートの中身を確認し、利用規約に同意して購入手続きに移ります。注文はリナビスの会員になることが条件ですので、会員登録をして購入します。

リナビスキット内容注文後、すぐにメールで注文確認があり、数日後には集荷キットが届きます。キットの中には、リナビス専用の集荷バッグ、指示カード(撥水加工などを指定します)、申込書、着払伝票、結束バンド、ご利用ガイドの6点が入っています。

その後はクリーニングするウェアを大袋に入れてクロネコヤマトさんに取りに来てもらい、戻ってくるのを待つだけです。やり取りが非常に手軽なので、クリーニング店が近所にあっても出しに行くのが面倒だった私にとっては便利でした。

スキーウェアを宅配クリーニング「リナビス」に出した感想

スキーウェア到着後リナビスの初回お試し5点コースはスキーウェアを5点出しても5,900円(税抜)です。1点の価格に換算すると1,180円。近所の個人クリーニング店では1点1,500円と言われたので、リナビスで安く済ますことができて嬉しかったです。

リナビスでは、子供用は140サイズまでが2点で1点とみなされます。我が家の子供用ウェアは150だったので大人と同じ扱いになってしまいましたが、140以下の子ども用ウェアなら上下で出しても1,180円で済むのでお得だと思いました。

撥水加工処理に関しても満足できました。撥水機能が低下している場合にはオプションを追加することで撥水効果が戻ります。撥水加工にはリナビスの場合1点に付き1,058円かかります。家族分すべてにオプション追加すると高額になるので、撥水効果がなくなってきたと感じたらオプションを追加する、というように、毎年でなくてもいいのではないでしょうか。今後はウェアの撥水効果に合わせて追加しようと思います。

その他の仕上がりも納得の品質でした。サビ汚れやシミも細かくチェックしてしみ抜きしてくれました。スキーズボンの破れも広がることなく、丁寧に扱ってくれたのが分かります。

宅配クリーニングはお店の人の顔が見えずネット上でのやり取りになるので、うまくできるか不安もあります。しかし、リナビスでは、ウェアが到着したりクリーニングが完了した時にはメールで知らせてくれるなど、対応が丁寧で気持ちよく利用することができました。また、宅配なのでお店に行く手間も省けたので、宅配クリーニングの便利さを実感しました。

まとめ

一般的にクリーニング料金が高いスキーウェアを出すならパック制が断然安いです。リナビスの料金については、現在お試し価格のコースが一時休止中なので以下の3コースとなっています。

  • 5点コース 7,800円(1点あたり1,560円)
  • 10点コース 10,800円(1点あたり1,080円)
  • 20点コース 18,800円(1点あたり940円)

 
出せば出すほど1点当たりのクリーニング料金は安くなります。1点あたりの値段で見た場合、10点および20点コースは、実はお試しコースよりも安いんです。(お試しコースは1点当たり1,180円でした)

リナビスの一番人気だといわれているのは10点コース。クリーニングしたい冬物衣類は意外と多いですよね。ダウンやコートなどは1点1,080円でクリーニングできるのは安いと思いますし、家族分のスキーウェア上下と、その他シーズンを終えたコートやダウンなどをまとめて10点にして利用すれば、冬物も一気に片付きます。

そのほか、リナビスを利用するメリットデメリットをまとめました。

【メリット】
・シミや汚れをきれいに落としてくれて仕上がりに満足できる
・撥水加工処理(1点1,058円)の効果は十分にある
・メールや電話対応も丁寧で好印象

【デメリット】
・仕上がりに最低5日の日数が必要

 
デメリットは1点だけ、仕上がりにやや時間がかかります。ウェアが戻ってくるまでに最低5日は必要なので、ウェアを使う予定がない時やスキーシーズンが終わって保管する前にクリーニングに出すと良いと思いました。

スキーを楽しんだ後の汗や染みは意外と付いています。我が家では去年クリーニングに出さずに保管したので、次に出した時にカビが生えていないか、黄ばんでいないかヒヤヒヤしました。今回はすでにクリーニング済み。このまま安心して保管できます。保管する前にクリーニングに出しておくと、次のシーズンも綺麗なスキーウェアを着ることができます。リナビスの詳細は公式ホームページをご覧ください。


リナビスの公式ホームページはこちら



同じカテゴリー「【宅配クリーニング】レビュー&口コミ特集」の一覧

モンクレールi

【モンクレールダウン】宅配クリーニングリナビスに出してみた

モンクレールのダウンは高級品だけに長く大切に着たいです。汚れた場合やシーズンオフにはクリーニングに出したいので […]

記事の続きを読む
スキーウェアアイキャッチ

【スキーウェア】宅配クリーニングのリナビスに出してみた

スキーやスノボを楽しんだ後にウェアの片づけをしていると、どこで付いたか分からないシミやサビ汚れなど、意外と汚れ […]

記事の続きを読む
カジタクからの手紙

イオンの衣類宅配クリーニング、カジタク(保管付き)を利用してみた

イオンに行くと、レジ裏に置いてあるクリーニングやハウスクリーニングの箱がいつも気になっていました。「KAJIT […]

記事の続きを読む

【ハロウィンのコスプレ衣装】せんたく便コスプレパックでクリーニングしてみた

以前はコスプレと言えば、一部のアニメ好き・ゲーム好きの人々が好きなキャラクターに扮して楽しむもの、という認識で […]

記事の続きを読む

【宅配クリーニングリネットをレビュー】夜間便・シワなしハンガー便を利用してみた

宅配クリーニング「リネット」で「夜間便」「シワなしハンガー便」を利用してみました。夜間便は、都内23区限定、深 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ