TOP  >  みんなの洗濯事情  >  【ジーンズの洗い方】色落ちや縮みを最小限に抑える洗濯のコツを紹介

【ジーンズの洗い方】色落ちや縮みを最小限に抑える洗濯のコツを紹介

洗濯したジーパン

ジーンズ好きの間では「ジーンズは洗わなくていい」という説がありますが、それは間違いです。なぜそんな説が広まったのか、それは「頻繁に洗うと風合いを損ねることがある」という注意事項が、誤って「洗わなくていい」と伝わってしまったからです。

ジーンズは、新品の時点ですでに色落ちしているものも多く、ジーンズ独特の風合いが気に入って購入する人もいます。この風合いを新品そのままに維持できればいいのですが、洗濯することで少なからず色落ちします。ですから、「頻繁には」洗わないほうがいいとされているのです。

そうは言っても、他の衣類はきちんと洗うのに、ジーンズだけ洗わなくていいということはありません。他の衣類と同様にジーンズも汚れますし、衛生面から見ても洗ったほうがいいと言えます。それでは、どう洗えば風合いを損ねず洗濯できるのか、色落ちや縮みを最小限に抑えるコツを調べてみました。

もくじ

1.ジーンズを洗った方がいい理由:汚れの放置が雑菌や臭いの原因に
2.【色落ちを防ぐには】お湯厳禁!ジーンズを裏返しネットに入れて洗濯
3.【縮みを防ぐには】乾燥機はNG、陰干しして自然乾燥
4.【シワを防ぐには】脱水は短めに、洗濯後すぐにジーンズの形を整えて干す
5.ジーンズの正しい洗い方-色落ちや縮みを軽減する洗濯方法を紹介
6.【ジーンズの洗濯頻度】目安は2週間に1度、汚れが気になったタイミングで洗う
7.まとめ

ジーンズを洗った方がいい理由:汚れの放置が雑菌や臭いの原因に

ジーンズは他の衣類と同様に何度も着ていれば汗や皮脂などで汚れていきます。ジーンズを洗っていないと、付着した汚れからカビや雑菌が繁殖してしまい、それが臭いの原因になってしまうことがあります。汗による湿気が雑菌を繁殖させる絶好の環境となり、気づかないうちに雑菌の温床となってしまいます。皮脂の汚れは黄ばみの元にもなります。

また、「ジーンズを洗うと生地が傷むのではないか?」と心配になりますが、実はジーンズは洗った方が長持ちします。ジーンズは通常、厚手で丈夫なコットン製の布から作られています。コットンはワタの種子から取れる繊維で植物が素材となっているため、油に弱いという性質を持ちます。

つまり、ジーンズにとって汗や皮脂などの酸性の油汚れは大敵で、生地を傷める原因の1つなのです。ジーンズを洗わないまま着用していると、だんだんと繊維が伸びて生地が劣化してしまいます。ひどいとジーンズが破れてしまうこともあります。大切なジーンズを長く愛用するためには、小まめに洗うことが必要です。よく汗をかいた日やジーンズが汚れてきたと感じたらジーンズを洗いましょう。

【色落ちを防ぐには】お湯厳禁!ジーンズを裏返しネットに入れて洗濯

色落ちはジーンズの魅力でありながら注意点でもあります。ジーンズを染めるために使われるインディゴ染料には、水にくぐると色落ちや色移りがしやすいという特徴があります。そのためジーンズの色落ちはある程度は仕方がないことです。

なるべくジーンズの色落ちを防ぎたい場合には、ジーンズを裏返してから洗濯するといいです。さらに洗濯用ネットに入れて洗濯することでも色落ちを防ぐことができます。1つ重要なポイントは、ジーンズを洗う際にお湯を使わないことです。水の温度が高ければ高いほど染料が落ちやすくなるため、色落ちをさせないようにするには水を使って洗う必要があります。

色落ちを防ぐには、ジーンズ専用の洗剤を使うという方法もあります。通常の洗剤はどうしても衣類を傷めてしまいますし、汚れとともにインディゴ染料まで落としてしまいます。ジーンズ専用洗剤は色落ちの防止を目的として作られているので、色落ちを最小限にとどめることができます。

これらの方法で洗っても色落ちは多少なりともあります。洗濯の際には他の衣類へと色移りしないよう、ジーンズは単体で洗いましょう

【縮みを防ぐには】乾燥機はNG、陰干しして自然乾燥

ジーンズは洗濯によって縮むことがあります。特に新しいジーンズは洗濯するたびに少しずつ縮んでいきます。縮みを予測して、購入時のジーンズの裾直しでは2.5センチから5センチほど残して仕上げる人もいます。

ずっと縮み続けるわけではなく、ジーンズの個体にもよりますが大体5回ほどの洗濯で縮みきるとされています。洗うことによってジーンズが縮むのは、素材であるコットンの性質によるものなのですが、なるべくジーンズを縮ませたくない場合は洗濯する頻度を減らすといいでしょう。ジーンズを洗う頻度を調整することで、自分に合った好みのフィット感が得られます。

また、洗った後の注意点として乾燥機を使わないことがあります。乾燥機を使ってジーンズを乾かすと、コットンが使用されているため極端な縮みを引き起こす危険性が少なくありません。ジーンズを乾かす際には決して乾燥機を使わず、陰干しして自然乾燥させましょう。

【シワを防ぐには】脱水は短めに、洗濯後すぐにジーンズの形を整えて干す

ジーンズを着用して何度もしゃがんだり長時間座っていたりすると、シワができてしまいます。シワのユーズド感や風合いが好みの場合には問題ありませんが、ついてしまったシワを取りたい、シワをつけたくない場合には洗濯する際と乾燥させる際に気を付けるべきことがあります。

シワを防ぐコツは、まずは柔軟剤で仕上げることが挙げられます。柔軟剤には衣類を柔らかくし香りをつける効果の他に、洗濯の際にできるシワを軽減する効果があります。シワをつけないように洗うためには柔軟剤を使用するといいでしょう。

また、脱水は短時間で済ませるようにすることが大切で、少し水を残した段階で脱水を終わらせてもいいです。ここで残した水の重みによってジーンズのシワが伸びるというメリットがあります。しかしこの場合、完全に乾くまでに時間がかかってしまうというデメリットもあります。

ジーンズの正しい洗い方-色落ちや縮みを軽減する洗濯方法を紹介

ジーンズを洗う際の色落ちや縮み、シワは洗い方や干し方を工夫することで軽減できることが分かりました。ここからは、ジーンズの風合いを残して洗う方法を紹介します。まずは洗剤と柔軟剤選びから見ていきます。

洗剤・柔軟剤の選び方

ジーンズの洗濯に使用する洗剤はおしゃれ着用などの中性洗剤が適しています。中性洗剤には肌や衣類に優しいという特徴があり、汚れを落としながらもジーンズの色落ちを最小限にとどめてくれます。

中性洗剤の中でも、特に蛍光剤や漂白剤が配合されてないものを選ぶといいでしょう。蛍光剤や漂白剤がジーンズの染料であるインディゴ染料を落とし白っぽくさせてしまうのです。通常の洗剤には強い洗浄効果があり汚れを落としやすい反面、ジーンズの色落ちの恐れがあるため、生地にやさしい中性洗剤を利用しましょう。

柔軟剤については、もともとジーンズは鉱夫などの作業用として使用されていたもので、その素材は硬質であることが普通だったという歴史から柔軟剤は必要ないという考えがあります。ですが、ジーンズのゴワつきが気になる場合は、ジーンズ専用の柔軟剤を使用してやわらかく保ちましょう。

ジーンズの洗濯手順

1.はじめに
洗濯する前にファスナーやボタンを閉じて、ジーンズを裏返して洗濯用ネットに入れます。他の衣類への色移りを防ぐために必ず単体で洗いましょう。特にダメージジーンズや飾りが付いているタイプのものは、洗濯用ネットに入れること、裏返しにすることを徹底します。

2.洗濯・脱水
洗濯機に中性洗剤を投入し、普通コースで洗濯をスタートします。お湯ではなく、必ず水で洗います。ジーンズにシワがつかないよう、脱水が完了する少し前に脱水を終わらせます

3.干す
シワ軽減のため、脱水が終わったらすぐにジーンズを洗濯機から取り出します。干す前には必ず手のひらなどでたたき、ジーンズの形を整えておきましょう。太陽の強い光は色落ちの原因となるため、乾かす際には日陰で風通しのいい場所に干します。乾燥機の使用は厳禁。熱によって極端に縮むことがありますので避けましょう。洗ったあとは小物干しなどを利用して筒状に干すと、ジーンズの形を保ちながら短時間で乾かすことができます。

ダメージジーンズや飾り付きは要注意!必ず洗濯ネットを使用

ダメージジーンズはそのまま洗うと、ダメージ加工された部分が引っかかって破れることがあります。ダメージ加工の穴が大きくなったり、ひげが伸びたりからまったりする恐れもあります。飾りがある場合も同様に、飾りが取れてしまうアクシデントも起こりかねません。

洗いたいジーンズにダメージ加工や装飾が施されている場合は、必ず洗濯用ネットに入れてから洗濯しましょう。さらにネットに入れる前にジーンズを裏返しておくと摩擦などを軽減できるのでトラブルを防ぐことができます。

【ジーンズの洗濯頻度】目安は2週間に1度、汚れが気になったタイミングで洗う

ベストな洗濯頻度は「2週間に1度」が目安です。ですが、すでにお話した通り、ジーンズをあまりにも高い頻度で洗濯していると、急激に色落ちして印象が変わってしまったり、縮んで履きづらくなってしまうことがあります。さらに何度も洗剤を使用することで傷み、生地がボロボロになる恐れもあります。

洗うタイミングは2週間に1度を目安にするか、自分が汚れてきたな、臭うな、と感じたタイミングで洗うとよいでしょう。履いたら毎回洗う必要はありませんが、ジーンズを長く愛用するためにも、適度に洗って傷みの原因となる汗や皮脂などの汚れを落としましょう。

また、ジーンズを履いた後、洗うまでにできるお手入れとして何点か以下に挙げました。

  • ちょっとした汚れは水洗いで済ませる(汚れ対策)
  • なるべく伸ばした状態で日陰に干し乾かす(雑菌防止)
  • 裏返しにしてハンガーにかけておく(シワ防止)

 
上記のようにお手入れし保管することで、ジーンズはしばらくは清潔を保つことができるので毎回洗わなくても済みます。洗う頻度が減れば、ジーンズを長持ちさせることもできます。

まとめ

ジーンズは素材上、色落ちしやすく、洗濯が難しい気がします。しかし、色落ちや縮み、シワを防ぐ洗い方をすれば、ジーンズの風合いを保つことができます

【洗濯のコツ】

  • 色落ちを防ぐには…お湯は使わない。裏返してネットに入れる
  • 縮みを防ぐには…乾燥機は使わない。陰干しで自然乾燥させる
  • シワを防ぐには…脱水は短めに。形を整えて干す

 
洗濯せずに汚れや汗を放置しておくと、雑菌が繁殖し臭いの原因にもなります。また、生地を傷める恐れがあるため、せっかくのお気に入りのジーンズも長持ちしません。大切に長持ちさせるためにも、清潔で気持ちのいいジーンズを履くためにも、ジーンズは汚れたら洗うようにしましょう。


同じカテゴリー「みんなの洗濯事情」の一覧

カーテン洗濯

【カーテンを自宅で洗う方法】カンタンな洗濯手順と頻度

なかなか頻繁に洗濯をしないカーテン。しかし、長期間放置していると、部屋の環境や人体に悪影響を及ぼすことになりま […]

記事の続きを読む
ゴアテックスの洗濯i

【ゴアテックス】正しい洗濯の仕方と撥水効果を長持ちさせるお手入れ方法

防水透湿性素材のゴアテックスはアウトドア系の服に多く使用されています。素材が特殊で価格も高価なため、特別な洗濯 […]

記事の続きを読む
ドレスクリーニングi

ドレスのクリーニングはどこに出す?金額と出す頻度を調査してみた

友人の結婚式で着たドレス、一度しか着ていないからといって、そのままクローゼットにしまうのはNGです。一見きれい […]

記事の続きを読む
黄ばみの落とし方i

黄ばみの悩みを解決!自宅でできる衣類の黄ばみの落とし方

ちゃんと洗濯したはずなのに、白いシャツの襟や袖が黄ばんでる…この原因は落としきれていない汚れです。気になる […]

記事の続きを読む
服の保管i

服の保管はどこでする?保管付きクリーニングやトランクルーム等の預かりサービスを徹底調査

服の収納環境など悩みがあると、自宅以外に保管・収納サービスはないのだろうか気になります。最近ではそんな悩みを解 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ