TOP  >  洗濯失敗談  >  タオルと一緒に洗った洗濯物。毛玉やホコリは簡単には取れず、我が家は潔くクリーニングを利用

タオルと一緒に洗った洗濯物。毛玉やホコリは簡単には取れず、我が家は潔くクリーニングを利用

タオルと洗濯機

私が洗濯で失敗してしまうのは洗濯物を分けずに洗ってしまうことです。毎回といっていいほど分けることを忘れてしまいます。先日はタオルが一枚入っているのを知らず下着や靴下、シャツと一緒に洗ってしまったので、靴下やパンツなどにたくさんの毛玉やほこりがついてしまい取り切れませんでした。

白い麻のシャツについた赤や黒の毛玉。色鮮やかなタオルと一緒に洗ってしまった

気づくのはいつも洗濯物を干すとき、家族からの指摘でわかります。原因は洗濯かごのなかをよく確認しないこともあるでしょうが、家族が洗濯機に直接タオルなどを入れてしまうこともあるのです。そのため家族内で注意しているのですが、いまだに頻繁に起こります。

毛玉やほこりのついたシャツに関してはどうしても対処できないので、乾かした後にクリーニングに出すことにしています。とくに白や麻のシャツは自宅では対処できません。私だからかもしれませんが、とりきれないです。

先日の失敗でも白い麻のシャツに毛玉がついてしまってクリーニングに出すことになりました。カラーのタオルと洗ってしまったので、毛玉の色が黒や赤のいろで白いシャツなので余計に目立ってしまうんです。

クリーニングには出せない下着や靴下は、仕方なく時間をかけて毛玉取り

毛玉取りをする道具を使っても無駄って感じで、自分で処理するのを私はあきらめてしまいます。また、靴下についてしまった毛玉も厄介です。ただしこれはクリーニングにだすわけにもいかないので、毛玉取りを手で丁寧にしています。

時間がかかりますが、靴下や下着類は仕方がないとおもいます。きちんとしたルールを決めることが大切ですし、よく確認ができるように先日の失敗が起こってからは、洗濯物はぜったいにかごに入れること、そして洗うときは洗濯物をひとつひとつ見るようにしました。

大切な衣類を任せて安心。リネットのレビュー記事はこちら

毎回のクリーニング代が負担に。タオル専用のかごを用意し、洗濯物混在を防止

以前はかごをもって洗濯機に直接全部入れていたんです。そもそも私は洗濯が苦手なので自分が悪いのでしょうが、毛玉の処理で時間が過ぎてしまうのも無駄なので洗濯物を確認する作業は大切だと思いました。

毎回のクリーニング代も負担になるし、家族内で注意すればすむことなので守りたいと思います。特にタオルは別のかごを用意して、そちらに入れるようにしました。こうすることで洗濯物どうしが混ざるのを防ぐことができるし、家族の誰が洗濯機に入れたと言い争いにもならないのでいいと思います。

ちなみに先日の失敗は子供が使用後のタオルを直接洗濯機に入れたようでした。正直に言ってくれたので怒りませんでしたが、本人もかわいそうでした。かごを分けることでこれからは注意していきたいとおもいます。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「洗濯失敗談」の一覧

【スーツがシミで台無しに】クリーニングでも、長時間放置したシミは落ちない

母から入職の時に買ってもらったアンサンブルスーツ。上下で3万くらいだったと思いますが、地元にあるブティックのオ […]

記事の続きを読む

【クローゼットでカビだらけのスーツを発見】日当たりの悪い部屋は、換気が重要

以前、実家で暮らしていた時の話です。実家は築50年ぐらいのまぁまぁ古い二階建て住宅です。都会ではありませんが、 […]

記事の続きを読む

【黄ばみが原因でコートを処分】クリーニングで汗抜きしてから保管

クローゼットに収納していたコートが黄ばんでしまい、その後処分した経験があります。コートのブランド名は不明ですが […]

記事の続きを読む

【カビ対策は除湿がカギ】クローゼットの換気を怠り、大事な洋服に大量のカビ発生

昨年4月に今の賃貸物件に移り住みました。当時は4ヶ月の双子を抱えていましたので、日々の掃除もままならず、洋服も […]

記事の続きを読む

クローゼットの湿気が原因で、大切な洋服がカビだらけに

私は洋服が好きで、クローゼットには夏服冬服をぎっしりと収納しています。またバックや小物類もクローゼットにしまっ […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ