TOP  >  布団の悩みや工夫  >  寝汗をかく夫の寝具は、週1回の布団干しと、毎日の掃除機掛けは欠かせません

寝汗をかく夫の寝具は、週1回の布団干しと、毎日の掃除機掛けは欠かせません

f417

我が家では夫婦でダブルサイズの布団を使っています。ダブルの布団はゆったりとして寝やすいのが良い所なのですが、困るのが布団干しです。何しろサイズが大きいので重く、特に敷布団はベランダまで持って行って、布団干しに掛けるのに一苦労します。しかしこればかりはどうしようも無いので、時に夫に手伝ってもらったりもしながら頑張って干しています。

夫が寝ている間に、大量の汗をかいていた。お腹にダニ刺されの跡を発見Σ(゚ロ、゚;)

また、この時期特に気になるのは、夫の汗です。結婚するまで、男性が寝ている間に大量の汗をかく事を知らず、驚きました。夫が寝ていた所だけジットリと湿っていることがあるのです。

そのため、できればこまめに干したいのですが、サイズが大きいため洗濯物干しの邪魔になったりと、干したくても干せない日が続いたりもします。

そしてついに先日、朝起きた夫のお腹に赤いポツポツが6つ…。ダニに刺されてしまったのです。ダニが好む、湿気があり高温の状態になってしまっていたのですね。

ダニを駆除するために、布団干しとカバーを消毒

慌てて布団を干し、カバーは洗って消毒までしましたがショックでした。これからは干せない日でも、掃除機掛けだけでも毎日やっておこうと思い実践しています。布団干しも最低でも週に一度は干せるように努力しています。

少し荒いやり方ですが、真夏はの高温になった車の中に数時間布団を放置してダニを駆除してしまうという方法も検討しています。

この事があってから、布団クリーニングにも興味を持ちました。時々でも良いのでプロの手できれいにクリーニングしてもらったら気持ち良さも清潔度も全然違うのでしょうね。価格によっては検討しても良いかもしれないと思うようになりました。

冬の羽毛布団や毛布は使用する期間が限られていますので、収納時には気を付けています。布団はしっかり干してカバーは洗濯し、きれいな状態で収納するのは当たり前。加えて湿気が溜まらないように時々ひっぱり出して外気に当てるようにしています。梅雨時や夏の間にカビなど生えてしまわないようにする対策です。

夫の枕がなんだか臭う。買い替えるなら丸洗いができる枕で清潔にしたい

そんな我が家の布団は結婚した時に購入し、まだ3年も経たないので今のところ傷みは見られません。買い替えるとしたら、敷布団の中綿がへたってきた時でしょうか。敷布団が悪くなると腰痛をおこしたりもするので、その点は注意していきたいと思います。

枕はやはり段々と夫のニオイが取れづらくなってきていますので、そろそろ買い替えを検討しても良いかなといった感じです。

これからも布団を清潔に使って長持ちさせたいので、なるべくこまめに湿気をとって、ダニやカビが繁殖しづらい状態をキープしておくことを心がけていきたいです。

また、次回枕を買い替える時には簡単に洗えるものにしようかなと思います。枕はなるべく慣れた物を長く使いたいので、洗って清潔を保てるというのはとても良い事ですよね。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「布団の悩みや工夫」の一覧

布団のホコリの取り方i

【布団のほこり】正しい取り方とほこりを出さないための対策

布団のほこりの中には、ちぎれた繊維や綿・羽毛などの他に、髪の毛やゴミなどが混ざり、時にはダニなどの虫がいること […]

記事の続きを読む
布団の血の汚れの落とし方

布団についた血液汚れの簡単な落とし方

布団についた汚れで一番落ちにくい血液のシミ。血液をしっかり落としておかないと、シミとして残ってしまうので、すぐ […]

記事の続きを読む
おねしょ布団

今すぐできる!おねしょ布団の応急処置の仕方と、干せない時の対処法

おねしょ布団のシミや臭いは時間が経過すると落ちにくくなります。かといって、丸洗いするには時間と労力が必要です。 […]

記事の続きを読む
丸洗いor打ち直し

丸洗い、打ち直し、どちらを選ぶ?お使いの布団の状態を今すぐチェック

布団は長年使用することで劣化していきます。ぺしゃんこになってしまった布団を購入当初のようにふわふわに甦らせる手 […]

記事の続きを読む
レンタル布団-i

【レンタル付き布団クリーニング】代わりの布団がなくても今すぐ出せる!イチ押しの店はどこ?

布団を丸洗いしている間、どうやって寝るの?そんな悩みを解消するのがレンタル布団付きのクリーニング。今回は代わり […]

記事の続きを読む

Copyright© 2019 

ページトップ