保管付きクリーニング

【クリーニング預かりサービス】保管前と出荷前の2回洗浄はネクシーだけ

クローゼット
クリーニングに出した衣類を次のシーズンまで預けられたら、収納場所も取らずとても便利ですね。私が選んだのは、ネクシーのウォッシュクローゼットです。

数ある預かりサービスの中から私がネクシーを選んだ理由

ネクシーカタログ
私が預けるのは厚手のコートやダウンなどの冬物のアウター類。保管サービスを行っているクリーニング店はたくさんありますが、私は下記の2つの理由からネクシーを選びました。

1.保管前と出荷前の2回洗浄
2.料金は1着あたり1,200円

1.保管前と出荷前の2回洗浄

クリーニングに預けるにあたり、気になるのが「いつ洗うか」。冬のアウターとはいえ、暖房で汗をかくこともあるし、シミや汚れも付着しています。時間が経ったシミは落ちにくいこともあり、預けた衣類は時間を置かずに洗って欲しい。

ネクシーの洗浄回数は到着後と返却前の2回です。通常、保管サービスを行っている多くのクリーニング会社では、繁忙期である春を避け、工場の閑散期である夏~秋に預かった衣類をクリーニングする手順を踏みます。なぜなら、その方がコスト(人件費)をかけずにすむという合理的な理由があるから。

そんな中、ネクシーは他社にはない、2回洗浄という画期的なサービスを行っています。汚れをそのまま放置している時間が長いほど、洋服は傷みます。それを避けるためにネクシーは保管前にクリーニングを行うのです。しかも、2回洗うからといって、料金が2倍かかるわけではありません。これはかなり大きなポイントです。

2.料金は1着あたり1,200円

預かりサービスを展開している大手4社の料金を比較してみました。中でもネクシーの1着あたりの料金、1,200円は群を抜く安さです。

【預かり保管サービス料金表】

  コース 1着あたり 保管期間
ネクシー 7点 8,400円 1,200円 7カ月
リネット 7点 9,800円 1,400円 8カ月
リナビス 5点 7,800円 1,560円 9カ月
カジタク 6点 9,000円 1,500円 11カ月
※税抜き

ネクシーでは、上記の金額よりさらに割引になるキャンペーンを行っています。7点8,400円のスタンダードコースは、1,000円割引クーポンを使用すれば1着あたり1,057円と非常にお得。この金額で7ヶ月預かってもらえる上に、自宅まで配送してくれるなんて驚きです。

預かり期間に関しては、ネクシーは7ヶ月と他社に比べ短め。ただし、3月後半に出して10月後半に受取ることができれば十分ですね。

 

ネクシー公式ページはこちら

【ネクシーのウォッシュクローゼット】うれしいサービス盛りだくさん

ネクシーの無料オプション
2度のクリーニングと料金面でネクシーを選びましたが、ネクシーには他にもうれしいサービスがたくさんありました。順番に紹介していきます。

【その1】保管環境が万全
大切な洋服を長期間預けるのだから、保管しておく場所も重要なポイント。ネクシーでは衣類専用の清潔な倉庫できっちり管理してくれます。温度・湿度はもちろん、空気中に含まれる酸素や窒素ガスまでもコントロールしています。

また、ネクシーは遮光した上に更にUVカットの黒い布を被せるという徹底ぶりで、わずかな光の刺激もシャットアウト。デリケートな衣類の変色を防いでくれます。

【その2】無料オプションが豊富
しみ抜きはもちろん、検品時に見つかったほつれや破れを補修してくれます。また、ボタンが無くなっているものは似たものを探して取り付けてくれる親切対応。クリーニング前に補修してもらえれば、洗浄や乾燥の段階でほつれや破れが広がる心配がありませんね。

【その3】職人による手仕上げ
ネクシーのクリーニングは全て手仕上げです。最新の機械を導入しているものの、最終的な仕上げは全て職人の手によって行われます。洋服の種類によってアイロンを変えるなどの細かい気配りが、袖を通した時の風合いに差が出る理由です。

※預ける際に注意すること

  • 返却時期を変更することも可能、ただし2週間は余裕をみて
  • 単品での取り出しはできない

 

ネクシー公式ページはこちら

まとめ

◆ネクシーウォッシュクローゼットの特長

  • 保管前と出荷前の2回洗浄
  • 1点1点ていねいな手仕上げ
  • 衣類にとって最適な保管環境
  • 1着あたり1,200円とコスパ優秀

冬物のコートは丈や素材にもよりますが、通常クリーニングに出すと何千円もかかるアイテム。持ち運びも大変な上、戻ってきてからも時折風を通したり、防虫剤や除湿剤も必要になります。

ネクシーに預けてしまえば、そんな煩わしさから解放されます。しかも料金は店舗型よりも安いのだから、冬物をクリーニングに出すなら絶対使わないと損。ネクシーのサイトは見やすくて申込みも数分で終わります。まずは公式サイトをチェックしてみて下さい。

ネクシー公式ページはこちら