TOP  >  失敗談・トラブル  >  責任逃れするクリーニング店はもう信用できない。今では自宅で洗える洋服しか買いません

責任逃れするクリーニング店はもう信用できない。今では自宅で洗える洋服しか買いません

k273

もう随分昔のことなので、料金も忘れてしまいましたが、シルク紬のパンタロンをクリーニングに出したのですが、水洗いをされてしまいました。このシルクが紬だったため、シルクっぽい光沢がなく、また質感も綿に見えなくはありませんでした。

私も、洗濯タグにシルクと表示してあったため、シルクとは口頭で伝えなかったこともトラブルの原因だったかもしれません。しかし、クリーニング店が、洗濯表示タグを確認しないということは想定していなかったためそれは私に責任はないと思います。

洗濯タグの見落とし?シルクのパンタロンを水洗いされ、縮んでしまった

クリーニング店は、チェーン店でした。当初は、よく出していたと思います。ただ、このトラブルが在って以来、勿論、二度とこの店にクリーニングを依頼することはありませんでした。

このシルク紬の製品の色が生成りですから、ドライでは汚れが取りきれなかったのかもしれません。それで水洗いをされてしまったのだと思います。おかげで、シルクの風合いも消え、かなり縮んでしまいました。

無論、私は、この件に対し、苦情を言いましたが、素人がやっている取次ぎ店ですから、言い訳ばかりではっきりもせず弁済もしてくれませんでした。この頃は、わたしも若かったので、その対処方法も分からないまま、結局、国民生活センターとかに相談もしませんでした。

クリーニング店では弁償してもらえなかったが、洋服店が交換に応じてくれた

ただ、販売した店に相談すると、クリーニングタグが見にくかったとか、小さすぎなかったかとか確認しますと、販売した洋服店が責任を感じるので引き取ってくれると言ってくれました。たしか、東京池袋の地下街の店舗で購入したものです。

私は、その料金分、別の品に交換できたのです。それで、私の損害はなかったのですが、(クリーニング代は実損でしたが)わだかまりみたいなものは、残りました。

2度目のトラブルはラメ入りワンピースの変色。補償してくれないクリーニング店に不信感

このトラブルのようなケースは初めてでしたが、クリーニングトラブルは、過去もう一回あります。ラメいりのワンピースをクリーニングに出した折、液体のようなものが掛かったのか、5,6ミリの筋が背中の所にできていてラメが消えてしまい変色していました。

それは実家にいた頃の話なので、母親が対応して、国民生活センターに現物を送り調べてもらったようです。どうやら、クリーニング店の責任と判明しましたが、そのクリーニング店は断固自分の責任ではないと、クリーニング協会の判定書面まで添付してきました。

そのワンピースはパーティ用ですから、結構値段が張ったものです。もっと、大騒ぎをすれば、損失を取り戻せたかもしれませんが、泣き寝入りしました。クリーニング店とは、弁済などしてくれないものなのだという不信感ばかりが残っています。

今後は、そうしたことを含め、クリーニング店を選ぼうと思っていますが、余り高価なものは、持たないほうが気が楽なので、できるだけ自分で洗える素材の製品を選んでいます。

スポンサーリンク


同じカテゴリー「失敗談・トラブル」の一覧

ブランドコートのボタン破損でクリーニング店とトラブル。一時はクレーマー扱い

自分はコートをクリーニングに出してボタンなどが破損して返ってくるトラブルに遭いました。特殊なコートらしく、ボタ […]

記事の続きを読む

クリーニング染み抜き料金返せ!「どんなシミでも落とします」に騙された

幼稚園の先生をしていたときのことです。先生の制服は薄いピンク色とクリーム色のスモックでした。薄い色なので汚れが […]

記事の続きを読む

【変色トラブルでクレーム】再クリーニングで色移りしたニットが元戻りに

オフホワイトのタートルネックのニットをクリーニングに出しました。出した先はチェーン店のクリーニング屋です。出す […]

記事の続きを読む

格安の宅配クリーニング店で失敗!いつまで待ってもスーツが届かない

これは私がインターネットで見つけた格安クリーニング店を利用したときの話です。産後まもない時期に、外出ができなか […]

記事の続きを読む
汚れが落ちていないワイシャツ

【クリーニングは品質重視】いくら安くても、汚れが落ちない店に用はなし

群馬県にあるクリーニング屋さんでの話。近年できたようで、市内に何軒かあるチェーン店。かわいい黒いうさぎの絵が書 […]

記事の続きを読む

Copyright© 2018 

ページトップ